現在、ビットコインはデジタルゴールドと言われ投資家たちの間では多くの意見が出ている。過去5年間でビットコインの価格は25,000%上昇している。初期に投資を行っていた場合250倍程度にもなっていた可能性があるのだ。
たった100万円の投資があなたをミリオネアにしてしまう可能性があった。
そんな過去があっても多くの人はまだビットコインを半信半疑に感じているだろう。ビットコインへの投資はリスキーだと感じている。
暗号通貨の誕生から10年が経とうとしている現在、以前その存在は消えるどころか身近になりつつある。資産としてポートフォリオに入れる人は増加している。

ちょうどいい例えがありませんが、未だに眉間にシワをよせるのを抑えても、嫌な顔をする層もいます。しかし、仮想通貨に好意的なユーザー数も増えています。ポートフォリオと言われる投資家が保有している金融資産を一体で見る 運用に含めている人が増えているのです。株式、債券などと並んで、仮想通貨がいるのです。

ビットコインは、最初はインターネットで遊ぶのが好きな「オタクのおもちゃ」のように見られていたのですが、
国を中心として利用が広まり、今や既存の国際通貨体制の議論にも大きな影響を与えるようにまでなってきています。

「オタクのおもちゃ」から→どうして国を中心として広まっているのでしょうか?
今の大きな影響はどうしてなのか…
この間に含まれている数々の理由は次から▼▼▼ご紹介します。

仮想通貨ビットコインユーザー数の増加

初期のビットコインユーザーは基本的に投資やデイトレーダーなど投機目的での利用が多かったがが、近年様々なサービスの導入などにより認知度は増しユーザー数も増加している。
2010年1月には、ビットコインの平均トランザクションは200件ほどであったが現在その数は300,000件を超えている。
価値のない存在から始まったビットコインは現在92,000円の値が付き、今後通貨としてビットコインの採用が増え続ける限りその値段は上がり続けるだろう。

仮想通貨ビットコインで支払い可能とする受け入れ先増加

ついに今年に入り、日本でもcoincheckによりビットコインでの公共料金の支払いが可能にり、多くの企業や店でビットコイン支払いの受付が発表されている。
世界でもスイス、ドイツ、フランスなど多くの地域で公共料金支払いにビットコインの受付が開始されている。

当サイトでも日々、受け入れる世界の状況もお伝えしておりました。日本での公共料金ニュースは長く話題になりました。生活の一部となるライフラインを支払うことができるという点は、どのような意味をなすか想像することができますね。

関連するまとめ

仮想通貨Bitcoinは通貨扱い|イタリア政府はデジタル通貨に課税する意向発表

イタリアの国税庁にあたる主要税務当局(Agenzia delle Entrate)が、9月2日にあるタイトル…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2463 view

ビットコインだけで世界一周が可能?14カ国を旅したプログラマーの話

ビットコインだけで世界一周が可能なのか?14カ国を旅したプログラマーの話です。

仮想通貨まとめ編集部 / 1134 view

英国が仮想通貨技術で年金システムへ|EU脱退明暗を分けた陰ドイツと陽イギリス

英国は仮想通貨に対し柔軟であり、ブロックチェーンを活用した年金システムに着手しました!EU離脱後の英国は衰退…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1530 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽