現在、ビットコインはデジタルゴールドと言われ投資家たちの間では多くの意見が出ている。過去5年間でビットコインの価格は25,000%上昇している。初期に投資を行っていた場合250倍程度にもなっていた可能性があるのだ。
たった100万円の投資があなたをミリオネアにしてしまう可能性があった。
そんな過去があっても多くの人はまだビットコインを半信半疑に感じているだろう。ビットコインへの投資はリスキーだと感じている。
暗号通貨の誕生から10年が経とうとしている現在、以前その存在は消えるどころか身近になりつつある。資産としてポートフォリオに入れる人は増加している。

ちょうどいい例えがありませんが、未だに眉間にシワをよせるのを抑えても、嫌な顔をする層もいます。しかし、仮想通貨に好意的なユーザー数も増えています。ポートフォリオと言われる投資家が保有している金融資産を一体で見る 運用に含めている人が増えているのです。株式、債券などと並んで、仮想通貨がいるのです。

ビットコインは、最初はインターネットで遊ぶのが好きな「オタクのおもちゃ」のように見られていたのですが、
国を中心として利用が広まり、今や既存の国際通貨体制の議論にも大きな影響を与えるようにまでなってきています。

「オタクのおもちゃ」から→どうして国を中心として広まっているのでしょうか?
今の大きな影響はどうしてなのか…
この間に含まれている数々の理由は次から▼▼▼ご紹介します。

仮想通貨ビットコインユーザー数の増加

初期のビットコインユーザーは基本的に投資やデイトレーダーなど投機目的での利用が多かったがが、近年様々なサービスの導入などにより認知度は増しユーザー数も増加している。
2010年1月には、ビットコインの平均トランザクションは200件ほどであったが現在その数は300,000件を超えている。
価値のない存在から始まったビットコインは現在92,000円の値が付き、今後通貨としてビットコインの採用が増え続ける限りその値段は上がり続けるだろう。

仮想通貨ビットコインで支払い可能とする受け入れ先増加

ついに今年に入り、日本でもcoincheckによりビットコインでの公共料金の支払いが可能にり、多くの企業や店でビットコイン支払いの受付が発表されている。
世界でもスイス、ドイツ、フランスなど多くの地域で公共料金支払いにビットコインの受付が開始されている。

当サイトでも日々、受け入れる世界の状況もお伝えしておりました。日本での公共料金ニュースは長く話題になりました。生活の一部となるライフラインを支払うことができるという点は、どのような意味をなすか想像することができますね。

予想変動率変動幅の低下

多くの支払いにビットコインの受け付けが開始されている要員として大幅な価格変動が減少傾向にあるということがあげられる。

2011年の1ヶ月間のボラティリティーは16%であったが今日は2%に近い。日々の価格変動が減少しより安定してきている。これは通貨としてまた、信頼性を示す意味として非常に重要になってくるのではないだろうか。

昨年であれば世界情勢で大きな幅をつけていたのが思い出されます。
一度上がって急落という幅が小さくなり、
小刻みな金融商品に似た動きをすることが多くなりました。
株価も同じですが、全ての株が安定している・ふり幅が少ない・上昇するとは限りません。
同じ株の中であっても銘柄で差があります。
仮想通貨も同じことがいえるようになってきました。

もちろん現時点ではまだ完全な安定性を得ているとは言えないが、メキシコペソやアフリカランドと同等の安定性である。出現から10年も経たない通貨にこの程度の安定性があることは評価できることなのかもしれない。

仮想通貨ビットコインは、まだ若いということを忘れてはなりませんね。他の商品と同じように比較されてしまいますが、そもそもまだ10年選手です。他の資産の歴史を追いかけている最中です。しかし若者であっても、その成長率が高いことから、つい若輩者であることを忘れてしまわれがちです。

仮想通貨ビットコインが一番求められる時「不安定な経済の回避先」

長年ゴールドが経済が不安定になった際のヘッジとして用いられてきた。
株式の下落、経済の崩壊などが起きれば人々はゴールドを購入していた。しかし、近年投資家たちは経済の混乱に直面した際他のヘッジを導入している。
2013年キプロスの経済が暴落するとビットコインが急騰。
2015年中国元が崩壊すると再びビットコインが急騰。
イギリスのEU離脱の際も同様の減少が起きている。

なぜ、このような世界が乱れているときに価格変動が始まるのかは、
人が求める本当の理由なのかもしれません。▼▼▼

2013年に起こったキプロスの通貨危機で国境のない通貨としての自由さが評価されたことや、世界的な金融緩和で円建てあるいはドル建てなどの金融資産の魅力が大きく低下したことなど

上記だけではありませんね。
当サイトでもご紹介していますが、一例で取り上げると、
最近ではインドの高額紙幣廃止も同様です。

ビットコインは伝統的な金融システムから切り離されていることが、ヘッジとして機能するのである。政府による劣悪な金融政策から回避する最も簡単な手段はビットコインである。

仮想通貨ビットコインの売買は決して「難しくない」

ビットコインへの投資はコンピューターへの特別な知識など必要ない。売買の方法はいたってシンプルであり、銀行口座、クレジットカード、PayPalなどがあれば誰でも簡単に行える。

おそらく「仮想通貨」「暗号通貨」と聞くと、
言葉だけで難しいイメージがついてまわります。
聞きなれない用語も多く、入りにくいカタカナ用語やIT用語など言葉が混在しています。
意味を知ると難しくないことでも、入り口そのものが遠ざけてしまわれがちです。
確かに仕組みである構造は難しいコンピューターの世界も入っています。
しかし購入に関しては、とてもシンプルでスマートだと感じます。

日本でも多くの取引所が誕生し、日本語での取引も行える。近年では日本の取引所でもアルトコインの取引も盛んである。ShapeShiftを利用すればワンクリックでビットコインによるアルトコインの購入が行える。
ビットコインや暗号通貨への投資は自分自身が動き嗅ぎ回ればいくらでも成功させることが可能なのである。

政府や中央銀行の恣意や思惑から「自由でありたいと思う期待」

もっとも、ビットコインに注目が集まる理由はこれだけではありません。ビットコインは、それを使ってみようと思う人と、それを作り出してやろうとする人たちがインターネット上で出会いさえすれば機能できる通貨システムです。
ビットコインには政府や中央銀行に相当するシステムは存在しないのです。
それは、ビットコインに政府や中央銀行の恣意や思惑から自由でありたいと思う人たちの期待を集める理由になる一方で、政府や中央銀行の役割を重視する人たちの警戒を引き寄せる原因ともなっているようです。

今回は仮想通貨の代表とも言えるビットコインをご紹介でしたが、
仮想通貨そのものから始まった社会への影響は、
皆さんがよくご存じの今に至っています。
ネットバブルとは言えないと感じるのは、
“バブル”ではいずれは消えてしまうものです。
この先も消えることのないものであることは間違いないですね。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

パソコンでご覧の方は、
スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

会津大学が国内初!学内仮想通貨「白虎」5月導入目標へ|萌貨(モエ)に続く地域通貨へ第…

会津大学は進化を続けています。昨年11月マジカル福島にて仮想通貨「萌貨」モエの実証実験を終えた会津大学。今度…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5545 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽