みずほフィナンシャルグループは日本IBMと組み、仮想通貨「みずほマネー」を開発した。

今年6月に発表された実証実験をすすめてきた結果です。

みずほの独自仮想通貨「みずほマネー」の実証実験内容
今後どのような利用方法かの予測
利用しているブロックチェーン

ほか、日本経済新聞(会員用)、各情報発信サイトより抜粋し紹介いたします。

昨日の株式市場ニュースでは、報道を受けて、
個人投資家などの「買い意欲」を誘っていると報じています。

期待が高まるのでしょうか?

みずほ仮想通貨「みずほマネー」実証実験内容

みずほフィナンシャルグループが、日本IBMと共同で行っていた決済業務の領域における仮想通貨「みずほマネー」の検証作業を一段落させたことが判明した。
ブロックチェーンを利用した仮想通貨の決済領域の活用例について、具体的には「1円=1みずほマネー」と固定して、
飲食代の支払いを行えたり、割り勘の管理などに利用できる「代金精算アプリ」の実証実験などが行われたようだ。

もう少し具体的な、利用状況設定として▼▼▼

幹事がみずほマネーで飲食代金を支払ったり、料金の配分を参加者に通知できるサービスができるかなどを確かめた。

実証実験は7~9月行われていた様子です。

みずほマネーは、1みずほマネー=1円、
そして、これからオープンになる可能性がある?代金精算アプリ
にも今後注目ですね。

「みずほマネー」の今後の利用方法は?

仮想通貨は管理コストが低く、わずかな手数料で送金できる利点がある。

分散型のため、システムに大型コンピューターなどが必要なくなります。大型コンピューターは導入費にかかる機器代や場所、運用維持費も膨大な金額がかかっています。仮想通貨の中枢であるブロックチェーンを利用できれば、運用コストを抑えられるメリットがあります。

今回の実証実験では仮想通貨の利用に大きな不具合はなかったが、利用者の情報保護に課題を残したという。
今後、今回の実証実験に関しては次の新たな実験へとつながるのか、もしくは具体的な新サービスへと移行していくのかなどはまだ未定とのことだが、みずほフィナンシャルグループは引き続き顧客サービスの向上について新技術がどのように役立つか検証を続けていくようだ。

しかし、日経では「この部分」に関して検証を続けていくと紹介しています。▼▼▼

みずほは今後、利用者同士がスマートフォン(スマホ)を通じて通貨をやりとりしたり、新たな決済サービスなどに活用できないかを検討する。

スマホを通じてやりとりを行えば、送金にかかる手数料を激減できる可能性があります。銀行間の費用が減るということは、私たち利用者にも安くなるというカタチで跳ね返ってくるメリットが考えられます。

関連するまとめ

ビットコインは使える?金融商品に近い? 日経記者が使って分かったBitcoin 実力

最新の日本経済新聞で仮想通貨ビットコインの利用レポートが取り上げられています。記者がビットコインを実際に購入…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1684 view

仮想通貨の保険サービスで盗難補償|三井住友海上とbitFlyerが共同開発で安全整備

取引が伸び続ける“仮想通貨”を安心して利用できるように整備され始めました。仮想通貨取引所などの事業者を対象に…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2419 view

仮想通貨の持ち主は誰か|不測の事態、所持者が不在になったら相続は?

仮想通貨の世界で難しい点は、いくつかあります。情報を理解するための難しさと、そして個人資産として安全確保の対…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2796 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽