チームで何を目指しているのか、参加メンバーは誰か。

そして参加メンバーのある銀行責任者が話す
「時代に遅れないためにどうすべきか?」

より詳しくご紹介いたします。

オランダの物流業界団体のTKI DINALOGのプロジェクトの中で、ヨーロッパ最大の貿易港であるロッテルダム港、ABNアムロ銀行、デルフト工科大学などが提携して物流におけるブロックチェーンの実験を行うことがデルフト大学から発表された。
ブロックチェーンの物流への応用について語られることはあるが、このように大きな企業や機関を巻き込んだプロジェクトについて耳にすることは少ない。

コンソーシアム参加メンバーと目指すブロックチェーン活用

ヨーロッパ最大の港、ロッテルダム港がブロックチェーンを用いたロジスティクスの最適化を目指したコンソーシアムを組成したことがわかった。
ロジスティクスについて

ロジスティクスについて

ロジスティクスと言うと、
原材料調達から生産や販売に至るまでの流れを
合理化するための手段で「物流」と
訳されることが多いですね。
本来は若干意味が異なるようですが、
必要とする物をタイミングよく
補充する仕組みともとれます。

経済・経営では、市場が求める要望やタイミングを合わせて、
無駄のない取引と物が流れる仕組みを意味します。

▲▲▲一般的に「物流」と言われるロジスティクスの無駄がない動きと
仕組みをブロックチェーンで行えるようにするということです。

コンソーシアム(力を合わせて目的を達成しようとする人・組織の集団集団)には、
ロッテルダム港湾公社、ABNアムロ銀行、デルフト工科大学、
Windesheim大学、他が参加します。
(他の参加メンバー等はこの後でさらにご紹介します) 

このプロジェクトでは2年間かけて、ブロックチェーンを使った情報インフラをかたちづくり、オペレーションや資金の流れ、契約などを統合させようとしている。
貿易取引は、取引上の関係者が多く、輸送に時間がかかるため商品の引き渡しと代金決済のタイムラグが発生し、取引が複雑化するという特徴があります。

貿易に関する資金や契約は複数を経由することが多いため、
全てに時間がかかっていました。
契約情報の共有がブロックチェーンで管理できれば?
確認や作成、時間、経費と様々なことへの短縮・削減・透明化と、
沢山のメリットが考えられます。

プロジェクトマネージャーであり、
デルフト工科大学の准教授である
Johan Pouwelse氏▼▼▼

これはオランダの経済・農業・イノベーション省がブロックチェーンの研究機関「Blockchain Core Competence Center」を立ち上げるための取り組みを補完するものだ。
「このプロジェクトはただ可能性について語るだけでなく、実際に行動に移すものだ」と述実際に物流の業界の中できちんと計画を立て現場でのテストまで行うものであることを語っている。

参加メンバー

関連するまとめ

国際制裁に対抗「北朝鮮が仮想通貨」で資金集め|経済制裁はハッカー集団で金策

北朝鮮からミサイル発射と強烈な発言でドル・円が下落し、一時109円56銭となり市場の不安が高まっていると報じ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5208 view

仮想通貨の次は?AppleとGoogleが自社ウォレットにブロックチェーン導入検討|…

AppleとGoogleが自社のウォレットにブロックチェーン導入を検討する可能性が浮上しています。現在抱える…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4344 view

ビットコイン「仮想通貨」の登場は、資産・預金・プライバシーを守る!

仮想通貨ビットコイン(暗号通貨)が登場し資産のプライバシーを守ることができるのではないか?と期待されています…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1512 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽