ビットコインなどの仮想通貨の技術を生かして、資金力が限られる店でも、スマートフォンを使った割り引きサービスなどを低コストで提供できるようにしたシステムが開発され、1日、静岡県の商店街で実証実験が始まりました。
この実験は、静岡県富士市の「吉原商店街」が地元の静岡銀行などと共同で始めました。

新たな開発システム「スマホアプリ」で割引サービス等

新たに開発されたシステムは、利用者がスマートフォンに専用のアプリを取り込むと、商店街の各店舗で割り引きサービスなどが受けられる電子クーポンを利用できる仕組みです。
取り引きのデータをインターネット上に保管できる仮想通貨に使われている「ブロックチェーン」という技術を活用していて、店側は、大規模なサーバーや専用の端末がなくても、こうしたサービスを提供できるのが特徴です。

もし、仮想通貨で取り上げられる
ブロックチェーンがなかったら?
顧客数や売り上げ増を目指すためには、
クーポンや割引などのサービスの提供を試みます。
しかし、資金繰りが厳しい企業や店舗では、
導入したくてもできない壁にぶつかります。
それは、取り入れるための様々な経費や
維持費などかかってくるからです。
今はネット関係があれば導入は
無料というところもありますが、
サービスや使い勝手で選択できず、
経費資金で選ばなくてはなりません。
 ▼ ▼ ▼

現在、電子クーポンで主流となっている「消込を行わないクーポン」や、「簡単に消し込めてしまうクーポン」では、利用回数を制限できない、利用状況が掴めない、といった課題を持っており、効果的なマーケティング活動が実現できません。

実証実験結果の感想「好評」

電子クーポンを利用して調理器具を購入した50代の女性は、「スマートフォンは多くの人が持っているのでカードより便利だと思う。今後も使っていきたい」と話していました。

今はどこでも会員カードや割引カード、チケット等、発行していないところが見つからないほどあふれています。個人で所持する会員カード数も多く、あふれています。紛失や普段から所持しない、そのため有効期限がすぎるなど結局利用できないこともあります。スマホでの管理が簡単にできれば、顧客にとっても積極的に利用できる場が増えるといえます。

商店街の振興組合の内藤勝則理事長は、「スマホを使い慣れた若い人たちにも来てもらうことでにぎわいを取り戻したい」と話しています。

実験を行っている「静岡銀行」経営企画部の狙い

「今回の仕組みはコストが安く抑えられ、専用の端末を導入する必要もないため商店街でも導入しやすい。地域に根ざした店に導入してもらうことで地域の活性化につなげたい」と話しています。

現在、クーポンや割引などのシステムをIT化するには、
専用の端末以外に、導入するための資金や維持費もかかり、
相当数の会員登録がない商店では実用が難しいところです。

衰退しているといわれる商店街にまた人が集まれば、
街が活性化しそこに住む人々にも利益をもたらします。

関連するまとめ

約200社以上!?ベンチャーキャピタルがビットコイン企業に投資

まだ公に発表されていない内密な案件の数を差し引いた数字が200社というのを聞いて、驚きますか? うなずけます…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 716 view

三菱東京UFJ「銀行API」開放へ|手をあげる企業続出“フィンテック”一歩前進

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が、銀行法案改正を受けて、三菱東京UFJ銀行のAPIを公開する…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 9340 view

仮想通貨ビットコイン「見えない通貨」注文相次ぐ|日経 ひき付ける力

日本経済新聞(日経ヴェリタスセレクト)では、見えない通貨がお金を変えたとし仮想通貨ビットコインとポイントにつ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3317 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽