インドの現在は仮想通貨ビットコインが、
ひとつのターニングポイントにいるようです。
高額紙幣の廃止により、
錯綜する情報もいくつか明らかになっています。
仮想通貨ビットコインへ投資する人は
特別な投資家ではありません。

インドでは、金融機関までもが
ビットコインに投資したいと考えていると伝えられています。

インドでの爆発している状況、高額紙幣廃止と仮想通貨需要の関係、
未来図と流れる層と世代、などをご紹介します。

インドでビットコインを所有する人々は同国政府の不正所得に反対する取り組みが、紙の書類も銀行も国も必要としない通貨の普及に追い風となるだろうと感じている。

……そう言われるのは、インドの高額紙幣廃止がなされてから、各方面で予測されています。
そして、早くも「その通り」のストーリーが描かれようとしています▼▼▼

インドのビットコイン交換所ゼブペイ(Zebpay)とウノコイン(Unocoin)におけるBTC・INR(インドルピー)の交換レートが一時68,350INRを超え、ドル換算で1000ドル(11.4万円)を付けた。
BTCUSD市場では730ドル、BTCJPY市場では84,500円ほどで取引されていることから、インドでは他国に比べ35%を超えるプレミアムがついていることになる。

インド国内で爆発している「仮想通貨ビットコイン」の状況

毎月25,000人の新規顧客を獲得しているインド最大の仮想通貨取引所ZebPayによると、ビットコインに関する問い合わせは過去数日間20~30%上昇しているとのことだ。

インドでは仮想通貨ビットコインの所有者が400,000人。
このうち、ビットコイン交換所ゼブペイ(Zebpay)は、半分の200,000人を獲得しているようです。
※所有者はインド国内の取引所内だけで確認できる数字かもしれません。

「ビットコインについて話したことのない人々が私たちに電話をくれる。金融機関もビットコインに投資したいと考えており、まだビットコインの人気がないインドでは大きな変化が起きている。」と同社のCEOであるSaurabh Agrawal氏は述べている。
インドでビットコインを受け入れるビジネスは多くないが、ウォレットを持っていればAmazonやMakeMyTripの商品券を購入したり、料金の支払いを行ったりすることができる。インドのビットコイン企業Unocoinでは2,000の商店とベンダーがビットコインを受け入れている。
「人々はPayPalの代わりにビットコインによる送金を利用するようになってきている。たった1%のトランザクション料金を支払うことで決済を行うことができる。」

関心興味の高さが表にでる「アプリダウンロード」増大

「高額紙幣廃止宣言がなされてから、我々のアプリのダウンロード数は増大している」ゼブペイの創業者兼CEOであるサンディープ・ゴエンカ氏は今週月曜に行われたAMAでそう答えている。
インドではVISAなどのメジャーな決済手段に慣れ親しんでいない人々もまだまだ多いことから、現金からモバイルバンキングやビットコインのような最新の決済手段に移行する可能性があると語った。

現在、インドからの問い合わせが増えるに従い、
仮想通貨の価格も上昇しているようです。

関連するまとめ

仮想通貨次は何が起きる?|高騰か低値か?Bitcoinイベント4つの論理出現

今年の夏、仮想通貨ビットコインの半減期が節目になるとされていました。その後、ハッキング事件もありましたが、現…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3528 view

Counterwallet(カウンターウォレット)でトークンをトレード|仮想通貨の売…

モバイルウォレットのIndieSquare(インディスクエア)からWebウォレットのCounterwalle…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2056 view

インド高額紙幣の無効廃止から|“殺到”する仮想通貨ビットコインへの問い合わせ

インドのモディ首相が8日夜、高額紙幣の千ルピー(約1,600円)札と2番目に高額の五百ルピー(約800円)札…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8324 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽