日米欧の金融大手とシンガポールの中央銀行が、年内にも仮想通貨技術を使った資金取引システムの実証実験を始める。
マネーロンダリング(資金洗浄)の防止など中銀が持つノウハウを生かし、国境を越えた国際送金サービスの拡充につなげる。
中銀と外資の連携は珍しいが、仮想通貨技術の活用法を練る取り組みは各国に広がっており、金融機能強化を巡る都市間競争は激しさを増している。

国内を見ていても
仮想通貨技術活用、フィンテック紛争をしています。
世界でも激化している様子に、
現在の金融とITが変わろうとしていることを実感できます。

環境が変化する衝撃、
無関心でいると後でどれだけのマイナスになるのか
人によって天と地に匹敵するような認識の格差が生まれる予感がします。

仮想通貨技術「世界が先手必勝」競争激化

現在ほんの少しだけ取り上げても、仮想通貨技術の重要性がわかります。

「英国」政府と国内大手銀行が、
福祉サービスに仮想通貨技術活用を検討

「日本」日銀がフィンテックセンター設置、
東京都が金融都市構想を推進

「カナダ」政府+中央銀行、大手銀行が
仮想通貨技術を使った電子マネー実験

オランダやシンガポールなど他、世界中で取り組まれています。

参考資料:日本経済新聞(会員は全文参照可能)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC16H0C_W6A111C1MM0000/

関連するまとめ

仮想通貨の環境が大きく変わる“大改造”3つ|法整備・非課税・取引事業所が整う2017…

今年は大きな法的整備がなされます。昨年末に金融庁が公表していた「仮想通貨に関する内閣府令案」そして、仮想通貨…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 10568 view

仮想通貨の取引所「登録」休止や撤退が相次ぐ|登録しないのではなく、できない本当の理由

仮想通貨の取引所は、利用者保護の一環として10月から登録制になりますが、8月末時点で1件も登録が完了されてい…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 19768 view

中国でビットコイン需要が10倍急騰! GDP最低水準が期待に?

中国の経済成長率が25年の中で最低水準の見込みと報じられました。しかしビットコインは4ケ月で10倍以上成長し…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1672 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽