仮想通貨のビットコインをスマートフォン(スマホ)の画面で米ドルやユーロへと即座に両替し、デビットカードとして利用できる――。英スタートアップのワイレックスは、そんなサービス「Wirex」を展開している。
最大の目玉は、従来は1日以上の時間がかかることもあったビットコインを現金化する手間を削減し、最大10分と処理を短くしたこと。
まもなく日本語対応アプリを配信開始するほか、2017年には日本円への両替に対応する。なぜ日本での取り組みを強化するのか。創業者のパーベル・マットビーブ氏に聞いた。

仮想通貨ビットコインは投資する人へのニュース。
ほとんどの人が、そう思っていたのではないのでしょうか?
身近に買い物で使えるようになる予定だといいます。

日本でも着々と取引量が増えています。
なぜ国内でのサービスが強化されていくのでしょうか?
日本経済新聞会員用から一部要約してご紹介します。

2017年、いよいよ日本でも開始となりますが、
知識の用意はできていますでしょうか?

仮想通貨の伸び率最大国「日本」

金融×ITの融合をした“フィンテック”
この中でも仮想通貨を中心としたサービスが注目を集めているといいます。

仮想通貨を利用すると様々なデメリットが解決できます。

例えば、
インターネット上で気軽に第三者へ送金が可能。
手軽に買い物もできます。
複数のコンピューターで帳簿を記録する
ブロックチェーンの仕組みは偽造を防げる。
銀行のような「中央集権」は不要ですので、
将来は金融大手が“中抜き”される可能性があると見られています。

魅力的なメリットは仮想通貨に主眼がおかれていきます。

参考資料:日本経済新聞(会員は全文参照可能)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO09492430U6A111C1000000/

仮想通貨ビットコイン×デビットカードを組み合わせる理由

仮想通貨ビットコインは
・銀行を通さず面倒な手続きりと身分証明をしなくてもいい。
※日本では取引所を通す場合は証明などが必要です。
・気軽に利用できます。
・安いコストで利用可能
・少額決済や海外への送金にも適しています。
・従来にない高速処理が可能
・いつでも24時間利用可能 

ざっとあげただけでも、これらの長所があります。
次世代の金融サービスを生み出す重要な技術を利用しない手はありません。
しかし、今までなぜ広がらなかったのか?

それは……
実際に利用できる場所が少なかったからだと見ています。
解決する手段は、デビットカードとの組み合わせだといいます。

Wirexでは、15年にサービスを開始して以来、
現在「130カ国」「世界25万人のユーザー」がいます。

参考資料:日本経済新聞(会員は全文参照可能)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO09492430U6A111C1000000/

利用が急成長している「日本」その理由は?

日本は、ここ数カ月間で利用が最も高い伸びを見せているといいます。
現在の利用者数は7000人ですが、
仮想通貨ビットコインから米ドルなどへ両替する取引量は
なんとサービス全体の20%に到達しつつあるようです。

仮想通貨といえば、銀行サービスが普及していない新興国などの
新しいサービスが取り上げられてきました。
しかし、実際に取引量が最も多いのは、米国や中国などの先進国です。

仮想通貨ビットコインに興味を持っているユーザー、
デジタル世代の若者にも注目しています。
日本では銀行へ不満を持っている人たちが多く、
金融商品として仮想通貨に注目が集まっているといいます。

また、日本では政府の法整備が進んでいます。
拡がる背中を押している理由のひとつでもあります。
こうした背景もあり、先進的なサービスに
触れたいという意識が高まっていると伝えられています。

参考資料:日本経済新聞(会員は全文参照可能)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO09492430U6A111C1000000/

スマホで対応

アフリカや南米など途上国では
銀行サービスが普及していないことは、ご紹介してきました。

世界中の銀行口座の数は合計20億。
しかし驚くことに、
そのうちの7割がネット上で利用できない口座だといわれているといいます。

対するスマホは世界中に40億台普及しており、
100億台のネット接続されたデバイスが存在しています。
ということは仮想通貨はスマホでまだまだ普及することができるわけです。

参考資料:日本経済新聞(会員は全文参照可能)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO09492430U6A111C1000000/?df=2

給与の支払いにも

関連するまとめ

投資額が返却可能か「リバーシブルICO」RICO|仮想通貨ETH開発者が提案

仮想通貨でも多くの人が参加したと聞くICO(イニシャル・コイン・オファリング)ですが、多くが詐欺、または購入…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1921 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。