独自“地域通貨”東大、会津大が実証実験|仮想通貨の技術を使い地域再生を | 仮想通貨まとめ

仮想通貨の技術を使い、地元に活気をもたそうと
“独自の地域通貨”の実証実験が、福島県で行われました。
HNKからの記事をご紹介いたします。

仮想通貨の技術~地域通貨「モエ」

この実証実験は、東京のベンチャー企業や東京大学、それに地元の会津大学などで作る研究グループが行ったもので、
3日は、開発中の地域通貨を福島県会津若松市で開かれたアニメのイベント会場に限って使えるようにしました。
この地域通貨は、世界的に普及が進む仮想通貨の技術を使い、取り引きをスマートフォンで行うのが特徴です。今回の実験では、通貨の単位をアニメキャラクターへの感情を表す言葉にちなんで「モエ」と名付けました。

地域通貨「モエ」地域活性化への願い

来場者がスマホを近づけあったり、会場のゴミ拾いや実験の宣伝をしたりすると通貨をもらえ、飲食物や福引きのチケットと交換できるようにして、取り引きがスムーズにできるかを確認していました。
研究グループでは会津若松市などと協力し、ゴミ拾いや雪下ろしといった地域に役立つ活動をすると地域通貨がもらえ、地元の店で使える仕組みを作り、地域の活性化につなげたい考えです。
研究グループの会津大学の藤井靖史准教授は「地域通貨は人々のコミュニケーションを深める役割も期待できる。企業や自治体と連携して、市場を拡大したい」と話しています。

日本に限らず世界の不況は、どこが何をしても出口が見えないとも言われる経済。
そんな中、地方が元気だったころを目指し、
特定地域だけで流通する地域通貨が注目されています。
もう10年以上前から注目の話題はゆっくり語られてきましたが、
クローズアップされず今日まできました。
仮想通貨登場で、現代社会に適合する地域通貨が
再度クローズアップされはじめているように感じます。

従来の地域通貨とどこが違う?

特定の地域だけで使える通貨は「地域通貨」とも呼ばれ、地方自治体や商工団体などが地域経済の活性化を目指して、独自の紙幣などを発行しています。
たとえば、秋田県横手市では、草刈りなどの活動に参加すると地元の店で使える紙幣の形をした地域通貨を発行する取り組みを去年から行っています。
今回、福島県会津若松市で実証実験を行った地域通貨も、地域の活性化につなげようという点は、これまでの地域通貨と同じです。
一方で、最大の違いは、世界的に利用が急増しているビットコインに代表される「仮想通貨」の技術を使い、インターネットを通じてやり取りする点で、「地域限定の仮想通貨」ともいえます。

昔から存在する紙ベースの地域通貨は、現代にあわせたかたちで流通させていこうとする動き。ひとつひとつの地域という小さい範囲での通貨の浸透は、一度ベースができ利用価値を知ることで拡散力も早いでしょう。そして、根強く地域に生きる通貨に変化することも考えられます。

ビットコインなどに使われる技術を活用しているため、大規模なシステム投資が必要なく、導入にかかるコストが抑えられ、取り引きの内容を改ざんするなどの外部からの攻撃に強い利点もあるとしています。

地域の財政は小さく、もしくは苦しい状況が多く聞かれます。発行・維持費用が安価になることが可能であれば導入しない選択は消えていきます。未来のある地域がまた新生として活躍する力を見ることができるかもしれません。

地元の地域通貨の役割と狙い

高齢化や人口減少が進み、商店街の衰退や住民のつながりの希薄化が問題となる中、ボランティア活動などへの対価として支払い地元での買い物などに使ってもらうことで、地域のコミュニティーや経済の活性化につなげるのが狙いです。

とっくに進んでいる少子高齢化は、大きな苦悩がついてまわります。
すでに機能することがままならない介護保険。
カバーしきれない高齢者のケアのために、
地方の自治体は町をあげて
「地域通貨」を取り入れたことがあります。
すでに15年も前の話。

また、賑やかな活気があった商店街も、
時代の波である大型店の進出で、
生き残りをかけていました。
耐えきれなく撤退したところがおおいでしょう。
今も商店街が残っているところはどのくらいあるでしょう。
ここでも、地域通貨を使った願いがありました。

特定の地域内でと紹介することがおおいのですが、
なにも市町村などの地域とは限りません。

もう少し枠をきゅっと小さくした
コミュニティ内と言われる
商店街や町内会などの
グループ内で流通する通貨であってもいいのです。

まとめに…

地域通貨の役割は、
人々の気持ちや参加する
意思や行動に対して付与されるものです。
この考え方は
付与=足し算の考え方だと述べられています。

地域通貨は
未来のあるカタチを築くことができる手段として、
仮想通貨が導いている世界かもしれません。

この爆発しようとしている
仮想通貨の技術は
無限大の活用方法が眠っています。

私たちの生活の中で大きなことが起こっていく気がしませんか?

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

パソコンでご覧の方は、
スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!

関連するまとめ

仮想通貨で投資「20%から70%まで増やした」投資家|理想のポートフォリオ

ここ数日のチャートの動きを眺めながら、仮想通貨市場の動きが半再編されていくような動きを感じますね。ここで、仮…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 13116 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。