日本経済新聞(会員は全文参照可能)から、要約しご紹介いたします。

アジアで金融とIT(情報技術)を融合したフィンテックが急成長している。
スマートフォン(スマホ)普及を追い風に、インターネット融資やモバイル送金を活用する利用者が増加。銀行の少なさなど未発達な金融インフラを逆手に、新技術の導入が進む。
今年1~7月累計のフィンテック投資額は1兆円に達した。投資の伸び率では欧米を上回り、一躍、世界の主戦場となりつつある。

生活を助けられた「金融から人離れ」

インドネシアのジャカルタ西部
製造工場のある男性の話

「銀行には融資を断られたが、助かった」

銀行に融資を相談したところ、
担保不足を理由に断られ彼は途方にくれていたといいます。
日本でもありうる一般的に言われる理由のひとつ。

そんな彼に手を差しのべ助けたのが、地場ベンチャー企業でした。

地場ベンチャー企業は「金融機関」ではありません。
業務そのものは中小企業向け融資ですが、
企業から個人に融資するのではなく、
融資をつなぐ役目をしているといいます。

融資を求める個人=融資したい個人

ふたりを繋ぐ“ピア・ツー・ピア”(P2P)スタイル。

借りる側はいいけど、貸す側は返済についても心配ではないの?
そう思いますが、さらにスゴイのは、
業績以外に人工知能(AI)による心理分析を行い判断するのです。
これは、心理分析により「返済意志も把握する」といいます。

融資を繋ぐながれは、
融資を受けたい人から心理分析「返済意志も把握する」結果を得、
結果をインターネット上に公開します。

公開された結果を見た第三者から資金を募り、
一定額が集まれば融資を実行するというもの。

それだけではなく、融資は返済の金利がとられます。
銀行金利より高い年率だといいますが、
金融業者が拾いきれない融資を受けたい人は、
4月以降50社超に達したといいます。

参考記事:日本経済新聞(会員は全文参照可能)
http://www.nikkei.com/article/DGXKASDX14H02_X11C16A0FFE000/

日本では、まさにクラウドファンディングですね。

フィンティックは、 こうして末端まで平等に提供されていきます。

フィンティックは、 こうして末端まで平等に提供されていきます。

米国企業の調べでは、
アジア太平洋におけるフィンテック企業への投資額が
莫大に上向きになっています。

2016年1月から7月は「約96億ドル」
日本円で約1兆円に達しました。

また、投資額は5年前と比較すると
約65倍に拡大しているといいます。

この数字は、地に足のついた成長率が欧米を上回っています。

参考記事:日本経済新聞(会員は全文参照可能)
http://www.nikkei.com/article/DGXKASDX14H02_X11C16A0FFE000/

このたった一度の融資で危機である倒産や命までもが
助かることがたくさんあります。
貸し渋りと言われた頃、
日本でもたくさんの中小企業が涙をのみました。

携帯電話での急成長する決済

後押しするのが「携帯電話」の普及だといいます。

関連するまとめ

「預金封鎖」ギリシャが破綻した本当の理由|日本も赤く警告

マイナス金利・預金封鎖不安が募りますが、どう対策すべきでしょうか。ギリシャの崩壊理由は、他にあるという事実を…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2507 view

異なるブロックチェーン間を繋げる「Cosmos」って何?メリットデメリットとは

ブロックチェーンの素晴らしさはこのサイトの方で何度もお伝えしている通りですが、そのブロックチェーン同士がつな…

ねもとあい / 946 view

仮想通貨は乱気流から脱出したのか|EU離脱後大荒れポンド歴と比較

イギリスのEU離脱のニュースが世界中を迷走させています。とくに英国のポンドは下落しています。サッチャー政権下…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1189 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽