いわずと知れた話だが、人が生きていくためには、お金が必要である。
では、そのお金が何なのかといえば、実は単なる媒介に過ぎない。お金とは、「価値」を表したものであり、その価値を、別の価値を持つ商品やサービスと交換する際に必要とされる、ただのツールにすぎない。

サラリーマンが給与を得るために引き換えにしているもの

お金を手に入れる方法の中で、もっとも一般的なのは、どこかの企業に就職して働くことである。総務省統計局が発表した、2016年8月に行った調査によると、日本全国の雇用者数は5722万人である。
同年4月の人口統計によると、15歳?64歳の人口は7660万人とあるから、労働人口のうちの約4分3は、サラリーマンという計算になる。
世間の常識によれば、サラリーマンとは、自分の労働と引き換えにお金を得る職業であり、普通は「元手がいらない」とされているが、果たしてそうなのだろうか?

では、サラリーマンは何を「引き換えに、何を失って」
対価を得ているのでしょうか?
 ▼ ▼ ▼

実際のところ、サラリーマンは会社にいる間、絶えず価値を生み出し続けているわけではないから、どちらかというと「労働」というよりは、「時間」をお金に換えているといった方が、より事実に近いように思う。

もし勤務時間が実働8時間だとすると、8時間をフル稼働している人は、あまりいないと思われます。そう考えると働いていないお昼時間も、時間を差し出しており、会社に拘束されていると取る人もいます。人によっては、さらに「時間も労働」も全部差し出している可能性もあります。

「 ポイント 」

読者の中には、「労働ではなく、能力や技術を売っている」といいたい人もいるかもしれないが、それらを発揮するにも、必ず時間を必要とする。
サラリーマンは、確かに「自分」という資本は減らないが、代わりに自分の時間を投入して、お金を得ているのである。

本当の原理とは「交換」

以前、銀行の預貯金は「元本保証」ではないという記事をご紹介したことがあります。
銀行に何かがあった場合は元金1.000万円まで保証するといわれている点についてですが、
“元本保証”は不確実的なものだといいます。

※詳しい記事は、本文最後に関連記事でご紹介いたしておりますので、
よろしければご覧くださいね。

日本人の多くが、元本保証を信じているわけは、「サラリーマン稼業は元手がいらない」と誤解されていることが、一因なのではないかと筆者は考えている。
お金の本質が「価値と価値との交換」である以上、何かを得るためには、必ず何かを差し出さねばならない(trade-off)という事実を、忘れないでいただきたい。

先日、似たような内容をご紹介しましたが、
お金の価値というものは、
物々交換が原則です。
狩りをしていたころから、
私の持ち物と、あなたのその布を交換しよう。
交換したいものがすぐなかったり、様々な理由から
硬貨などが生まれてきた歴史があります。

交換であれば誰もが
損をすることはありませんが、
差し出さなければならないということは
失う可能性もあるということです。

「銀行預金の元本保証」に、あなたは何を差し出しているの?

「価値の交換」という観点から見た場合、銀行預金の元本保証とは、安心と引き換えに、利息がほぼゼロという状態を「甘んじて受け入れている」ということである。

もしかして、別の考え方を言われる方もいるかと思います。預かってもらっているので、利息はしかたない。そういうこともありますね。しかし、誰もが忘れがちな点はこれかもしれません▼▼▼

銀行自体は、我々が預けているお金を、他に貸し出すことによって利益を得ているが、それらは口座維持手数料や元本保証費用などに使われてしまっているため、利息としては、ほとんど受けとることができない。「安心」とは、一種のコストなのである。

なんのことか困惑するかもしれませんが、私たちの預けているお金は必ずしも、銀行内にないということです。通帳に記載されている数字というのは、現物のお金ではありません。あくまでも紙に預けた記録をのせているということになります。

例えばですが、預けたお金を利用して
銀行は資金運用をしています。
高額な資金を引き出しする場合は、
銀行へ事前に申し出しなければ、
すぐに用意できないことがあります。

例として、1億のお金を今すぐ引き出したいといっても、
いますぐ目の前にでてこないということです。※金額は例
用意するまで1,2日お待ちくださいといった対応になります。

その安心にも見方によっては疑問符がつく。ペイオフ制度により1000万円までの預金は保護されることになっているが、同じ預金でも外貨預金は対象外であることをご存知ない方は多い。
また、一定の保護は額面の数字だけで、一番大切な価値は保護されない。政府目標である物価上昇率2%に対して、平均賃金はここ20年近く低迷している。

関連するまとめ

FinTech活用! 三井住友銀行アプリ決済で開拓|NECとスマホコンビニ収納2兆円…

フィンテック(FinTech)活用で仮想通貨の時代を邁進していきます。三井住友銀行はアジアでモバイル決済アプ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8060 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


2018年3月3日 場所:札幌でセミナーで登壇したします。
ご都合があいましたら、ぜひご参加ください。初心者さんの中の初心者さんむきです。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/03/03_3/index.html