債券王として知られるビル・グロース氏が予想した。
資本主義を脅かす中央銀行の低金利・マイナス金利政策に対する自衛策として仮想通貨ビットコインなどの新たな金融テクノロジーが、投資家にとってますます魅力的になる公算が大きい。

仮想通貨ビットコインは「資産の安定化」

同氏は4日公表された10月の投資見通しで、米連邦準備制度と日本銀行、欧州中央銀行(ECB)による政策が
貯蓄や投資、経済の成長を育んできた歴史的なビジネスモデルを脅かしつつあると指摘。

現在約1500億円規模の
「ジャナス・グローバル・アンコンストレインド・ボンド・ファンド」を
運用担当するグロース氏は▼▼▼

「ビットコインと数少ない世界的な銀行の間で使われているブロックチェーンの技術は、将来的な購買力という点で現在保有する資産の価値を安定化する試みの2、3の例だ」と記した。
歴史的に見て金もその一例だとし、「いずれにせよ、現行システムに対する挑戦が始まりつつある」と論じた。

仮想通貨ビットコインは他にない最大の特徴として
特に「譲渡が可能」である点だと説明もあります。
その意味としては、
“使用しても消えることがない”
他の商品であれば、できないことですが、

利用しながら相手から相手へ、世界中を流通して使われていきます。

ビットコインは、電子マネーというよりも円やドルといった通貨に近い性質があるため、自由に譲渡でき、世界中で利用できるという点においては、自国通貨の流動性が低い途上国などの事業者には魅力的だ。

景気拡大の促進に失敗するほど、仮想通貨は投資家の味方になる

グロース氏によれば、無限の紙幣増刷が可能な限りは機能する戦略で、中銀は負けるたびに倍賭けするカジノギャンブラーに一段と似た行動を取るようになっている。
借り入れと景気拡大の促進を狙ったこうしたアプローチは、持続可能な成長を生み出すことに失敗しており、

関連するまとめ

仮想通貨Bitcoinは現金同等物!|英国賭博委員会10月ライセンス変更

仮想通貨は「通貨」かどうかは解釈の問題であり様々な見方もあります。今回、英国賭博委員会(国の省庁の一部を構成…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2009 view

水没?「国債利回りマイナス」世界史に学ぶ前例なし大恐慌|不況再来3/3

国債の利回りが世界主要国ほぼ7割も「水没」しているといいます。世界で前例のない状況に、第三の不安もあるといい…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1963 view

7割以上期待「ネオバンク」Fintech(フィンテック)調査結果|銀行を脅かす

Fintech(フィンテック)意識調査結果がでました。その中で7割以上が「ネオバンク」に期待すると回答です。…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1763 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽