タイはビットコインが成功するための適切な条件を揃えているようだ
数多くの海外観光客、様々な外貨の流入と、そして、テック・フレンドリーな銀行

これだけの条件で明らかな内容はこちら▼▼▼

タイへの外国人観光客、過去最大の3200万人

2016年に同国を訪れる外国人観光客は過去最多になるとの見通しを示した。昨年は、約3000万人の訪問があった。
観光は同国国内総生産(GDP)の約10%を占め、数少ない明るい部分となっている。
収入としては、2兆3000億バーツ(61億2000万ドル)を目指すとしている。昨年は、2兆2100億バーツだった。

国内の収益のほとんどは旅行客からだとも伝えられており、タイは、観光客で国を保っているといわれる報道もあります。
経済成長率が3.5%になるのではないかという予測がでています。
外貨が豊富というのは他国の旅行客が入国することにより流入も活発なるからですね。

SNSで買い物51%「世界で一番」

タイ、SNS通じたネット通販利用率が世界一

PwC調査によると、タイでソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じた、「ネット通販」の利用が活発▼▼▼SNSの活用方法も

農家や個人が手作り品をフェイスブック(FB)で気軽に販売する手法が流行している。
ネット通販利用者のうちSNSを通じ買い物する人の比率はタイが51%で首位だった。世界平均は16%。PwCは「新興市場の消費者はSNSの影響を受けやすいため」と分析する。

仮想通貨がタイで成功するため

決済方法

一方でネット通販の支払いで現金を好む人はタイが世界平均を8ポイント上回る83%と東南アジア最多だった。
反対にクレジットカードと答えた人はシンガポールが世界平均を20ポイント上回る78%、タイは48%とクレジット決済を好まない傾向が浮き彫りになった。

決済について、まだまだラインの拡大が期待できます。
東南アジアでのスマートフォン(スマホ)の普及率と、在力が高いため、
今後の注目マーケットにもなるでしょう。未だ開発余地のあり、
好条件のそろった国のひとつです。
今市場は空いているのか、
どこかすでに動いているのかは確認がとれません。

観光業への高い依存

2500万人の観光客が毎年タイを訪れ、4,000億ドル以上の経済効果がある。
タイは観光客に優しい国であり、観光業だけで国内総生産の19%以上 (直接的なものとそそうでないものも含む) に達する。
観光業とトラベル関係の雇用は、国の直接雇用の6%を占めており、国内のインフォーマルセクタ―の大部分を外国人観光客からの収益に依存している。

インフラについては緩やかであり、まだ調整がとれるとも報道されています。
観光産業でバランスをとっていると思われますが、これから先永遠に観光が維持できるとは限りません。

両替機関の増加

タイバーツに加えて、一部の施設は米国ドルのような外貨の受付も行っている。しかし、外国人観光客は普段利用するためにはタイバーツに両替が必要だ。
外貨両替所は多く存在する上、ATMやクレジットカードを利用することも可能だが、追加料金が発生するだろう。 (外国為替サーチャージに加えて、引き出し手数料もかかるはずだ)

特にアジア圏内の国では海外で働く人が国内に送金するカタチが多くみらえます。タイも同様に、実際に海外送金で手数料等含め20,000円ほどかかったという事例を聞きました。仮想通貨ビットコインなら送金手数料も格安で済ますし、何日も時間がかかりませんね。

関連するまとめ

フィスコ「仮想通貨ヘッジファンド」運用規模10億円以上|早くて今月1月開始に注目

フィスコが、仮想通貨ヘッジファンド「FISCO Crypto Currency Fund」クリプトファンドを…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7146 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


2018年3月3日 場所:札幌でセミナーで登壇したします。
ご都合があいましたら、ぜひご参加ください。初心者さんの中の初心者さんむきです。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/03/03_3/index.html