銀行も攻める

FinTechによる革命は、決して「攻めのFinTech企業」と「守りの金融機関」と言う対立構図では進行していません。最前線の米国では、金融機関も攻める姿勢を見せています。象徴的なのは2014年ごろ話題を呼んだ暗号通貨「ビットコイン」を支える技術「ブロックチェーン」を積極的に取り込もうとしていることです。ブロックチェーンはビットコインで取引内容の記録に使われている技術で、中央の1台ではなく、P2P(ピア・ツー・ピア)型のネット上に散らばった膨大な数のコンピュータで処理を分担させるものです。処理を分担させることでシステムダウンも少なくすることが出来、他の金融機関でも活用しようという試みている動きが広がっています。
代表例が米ナスダックで、同社は2015年10月、ブロックチェーンを使った未公開株取引システム「NasdaqLinq」を発表しました。
株式取引の「台帳」を実現する部分で、ブロックチェーンを採用しています。
従来金融機関は、システム開発は、システム開発はITベンダーに頼ってきました。FinTech革命の最前線に立ち続けるためには自らにも技術が必要です。ナスダックはブロックチェーン技術に強いFinTech企業である米チェインと提携し、ノウハウの吸収を行っています。

関連するキーワード

暗号通貨マイナー相羽

↑↑↑上のリンクをご覧下さい↑↑↑

世界的にも珍しい、日本では超希少な暗号通貨マイニング(発掘)
をしている マイナーIVY 相羽洋平です。

仮想なのか、暗号なのか、空想?妄想?

ここでしっかり学べば必ずあなたの強力な武器になりますよ。

I ♡ マイニング 相羽洋平(あいばようへい)

【視聴無料】↓↓あなたの資産を10倍にする!仮想通貨オンラインセミナーのご案内↓↓