FinTechをリードする者が、未来をリードする。

9月28日、東京で開催された楽天フィンテック カンファレンス2016
FinTechの波は社会を確実に変えてきています。

こうした変化にいかに対応していくのか、そして、いかにビジネスにおいて取り入れていくのか。
FinTechが切り開く未来と日本の姿、そしてそのあり方について探求します。

今、金融関係も含め、
どこでもフィンティックが騒がれています。
しかし、フィンティックの中でも登場する
ブロックチェーン技術は、
すべて同じものではありません。
ブロックチェーンなら、
「どれでもいい」わけではないのです。
それは基盤となる土台に「仮想通貨ビットコイン」が必要だと訴えています。
一度原点にもどり、仮想通貨ビットコインに注目します。

MIT伊藤穣一氏「Fintechの根っこはビットコイン」

MITメディアラボの伊藤氏は早くからビットコインのテクノロジーに注目し、MITメディアラボとして研究を進め、積極的に発信も行ってきた人物だ。
そんな伊藤氏は、「今騒がれているFintechの技術にはふたつの種類があると思っている。

  ▼ ▼ ▼ 

①今ある既存のコストを下げるもの

②抜本的に変革するもの

どちらにしても「(フィンテックの)インフラの根源となる技術はビットコインの基盤技術から来るだろう」と話す。

フィンティック(金融を意味するファイナンス+技術を意味するテクノロジー)の
基盤となる土台の技術は、仮想通貨ビットコインの技術が必要だといいます。

なぜなら「暗号、分散処理、セキュリティ」といった根幹技術をすべて持つのが現在ビットコインだからだと説明する。

ビットコインを支える中核の技術ブロックチェーンのことですが、
ブロックチェーンには様々なタイプがあります。
中でも、仮想通貨ビットコインのブロッチェーンが根幹技術をすべて持っているといいます。
※100%の完璧なものはありません。弱い部分をあわせもつこともありますが、
ここではフィンティックの土台になるものとして、ビットコインのブロックチェーンが基本だと伝えています。

「暗号、分散処理、セキュリティ」
分類してお伝えすると長くなってしまいますが、
改めて詳しく取り上げてご紹介させていただきます。
ブロックチェーンは仮想通貨ビットコインから始まりました。
しかし、その後は新しく開発されたものや、
似たようなものが出てきています。

そのため、「暗号、分散処理、セキュリティ」が
どの仮想通貨でも「いいよ」ということではないのです。

今後重心となる技術は「仮想通貨ビットコイン」から生まれる

伊藤氏は、今の技術開発の取り組みのいくつかの中には、基礎部分をおろそかにし、まるで「土台のないところに城を建てようとしているようで心配」とし、
フィンテック技術の今後の展望について、「今はたくさんの試みがあるが、
最終的には基盤技術がしっかりと存在するビットコインかもしくはそれと似た技術がインターネットのように進化していくのでは」と話した。

お手本になる海外~一番の勉強「仮想通貨ビットコインの開発関連」

伊藤氏は、アメリカの技術開発の様子について「MITの人員を研究のためにあちこちに送ってみても、現状ではビットコインの開発関連が一番勉強になり、才能を持った人材がもっともあふれている」と話す。
また、商業銀行はビットコインをあまり重視していないようだが中央銀行は注目していること、

日本の金融関係もフィンティック・ブロックチェーン活用と話題になっています。
しかし、日本ではどういうブロックチェーンなのかわからないとの指摘もあります。
中にはこの技術を使ってと報道されているのを見ると、
仮想通貨ビットコインのブロッチェーンではないようです。

またブロックチェーン関連の大手プロジェクトはリスクヘッジとしてインフラがすべてビットコインのブロックチェーンに統括されたとしても問題ないようにしているところが多いことを語った。

ビットコインの技術開発「日本人が“不在”」海外に頼る人材

現在ビットコインの技術開発コミュニティに日本人がいないことを指摘。
楽天では、いま新規採用の80%は外国人だ。

  ▼ ▼ ▼

アジアで働きたいという海外の人材に「楽天」は人気があると感じているようです。
東京という場所も含め、安全・清潔だという印象からも人気なのでしょう。
優秀な人材を日本人からではなく、海外から集められると三木谷氏は述べています。

最後に伊藤氏は、日本のブロックチェーンやビットコインのスタートアップに期待する役割として「ブロックチェーンの技術のことがよくわかる人が1人でも海外のコミュニティに入って、そこで得た技術を日本に持ち帰ることができるとやはり心強い。
ビットコインのコアのコードを作るコミュニティに入って、ビットコインの規格を変えるといったようなことが今ならばまだ可能だし、そのような人材がいることは重要。
その昔、漢字変換が可能となるように村井 純氏が国際的な学会などの場でロビー活動をがんばったように、意見を届けられる人材が生まれてほしい」と話した。

様々な仮想通貨が登場しています。
「仮想通貨ならどれでもいい」というものではありません。
何を目的に仮想通貨を入手しているのかにもよりますが、
ビットコインがトップに君臨する強さというのを
改めて考えるきっかけになるカンファレンス内容だと感じます。

日本の金融フィンティックに視点が集中していますが、
基本となるものは、何だったのかを考えることができるはずですね。

最近多い「このコインはどう?」の質問にも繋がります。

安全な仮想通貨なのか、そうでないものなのか。
それを決めることは難しいところですが、
その仮想通貨(コイン)の価値があるかどうか、
価値がつく材料を見極めていくことが大事ですね。

知ることからはじめませんか?お金の概念がかわるかもしれません。

仮想通貨ニュース、勉強会、ビットコイン飲み会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめLINE@

仮想通貨まとめLINE@

仮想通貨まとめLINE@登録方法は、


スマホのLINEアプリを開き
←LINEアプリでQRコードを読み込むか

スマホのLINEでID検索は▼ 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!

スマホ直接リンクの方は↓

http://line.me/ti/p/%40coinnews

もしくは↓クリックしていただければ直接ORコードにとびますよ。  (←の出典でもコードにとびます)

今さら聞けない仮想通貨の初歩の初歩を【無料】で学べるチャンスです!▼「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

仮想通貨ビットコインの人気が加速! 国に依存しない資産の魅力

最近また人気が加速しそうな仮想通貨ビットコイン。認知度も々、高まっている様子で「人気の上がる」圧倒的な理由は…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3452 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽