「アーリーアダプター」という用語がでてきますが、
マーケティングでいわれるイノベーター理論です。
簡単に言うと、モノやサービスを購入する時(拡散力も)に、
人は5タイプに分けられるものなのです。
仮想通貨は完全にこの5タイプだと感じます。
インターネットが流通したころも、
まさに仮想通貨と同じだったと実感します。

良い点悪い点はそれぞれありますが、
ひとつの時代の切り替えに立ち会えるかもしれません。

あなたは、世の中で、どのくらいの場所にいますか?

米マサチューセッツ工科大学で行われたビットコイン実験から、最新テクノロジーに目ざとい「アーリーアダプター(early adopter)」ほど、
そのテクノロジー自体に拒絶反応を示す傾向が強いという、興味深い事実が判明した。

出遅れることが許されないということですね。まさにアーリーアダプターです!

ご存知の方は読み飛ばしてくださいね。    (アーリーアダプターとは) イノベーター理論

ご存知の方は読み飛ばしてくださいね。    (アーリーアダプターとは) イノベーター理論

できるだけ簡易版で
「イノベーター理論」世の中にモノやサービスが購入(普及)する行動を5分類(人)市場は①から⑤の流れで拡散されていきます。

①イノベーター「革新者」市場全体の2.5%
冒険心豊富、新しいものを最も早い段階で受け入れる人
②アーリーアダプター「初期採用者」市場全体の13.5%。
流行に敏感、自ら情報収集をし判断する人。他の消費層への影響力が高い。別名オピニオンリーダー。
③アーリーマジョリティ「前期追随者」市場全体の34.0%
わりと慎重派。ですが、平均よりも早く新しいものを取り入れる。
④レイトマジョリティ「後期追随者」市場全体の34.0%
比較的懐疑的な人であり、周りの大勢が購入実行する面を見てから同じものを導入。
⑤ラガード「遅滞者」市場全体の16.0%
保守的。流行、世の中に関心が薄い。伝統的日常になるまで採用しない。

①イノベーター②アーリーアダプターは合わせても
市場全体の16%です。アーリーアダプターは市場に広がるかの分岐点といわれています。

ビットコインの将来性は期待されているが、やはり……

この実験は2014年10月からマサチューセッツ工科大学の在籍学生4494人(うち36%はコンピューター科学部に在籍)を対象に、
「採用の初期段階にあるテクノロジーが、どのようにして普及していくいくか」という点に重点を置き、革命的な技術や商品に対する拒絶反応なども含めて、各学生の行動を分析したものだ。

2014年という少し古い実験結果ですが、
日本では現在が今同じような時期か、
もう少し浸透しているのか
狭間にいる感じですね。

多くの在学生がビットコインの将来的に期待しており、

逆に、マイナスの未来図をもつ回答をした学生が、わずかしかしなかった▼▼▼

「半年以内に価格が下がる」と回答したのはわずか17%。
しかし在学生全員が興味を示し実験参加を申しでたにも関わらず、半分が受領手続きを放置し、実際の実験参加に遅れたという時点で、
「ビットコインを通貨扱いしていない」という潜在的な意識がチラついている。
全体の70%がデジタルウォレットでの受けとりを選択したが、そのうち89%はデジタル通貨初心者だった。

アメリカの2014年というと、
利用できる場所が少し増えてきたころかもしれません。
今ではあらゆる方面で必要な時に必要な場所で普及しています。

日本でも同じように利用開始が増えています。
一般市民に利用価値が届き、現金のように使えるという意識が、
しっかり届くのはこれからかもしれません。
①②は終わり③に移っているのでしょうか。
それとも②の段階にいると思われるでしょうか?
②③でも、さらなる価値拡散は全世界でおきていますね!

参加学生の目的意識による「仮想通貨ビットコインそのもの」

参加学生はビットコインを「投資対象(35%)」、「現金の代用(21%)」「オンライン取引ツール(20%)」と見なしていた反面、11%が実験開始後2週間以内に換金する(指定以外のウォレットに転送した可能性も考えられる)。
総合的な実験結果から、受領が遅れた生徒(後期採用者)ほど、換金する速度も速かったそうだ。

「一番」だからこそ、そのものに愛着がわく?

実験の本来の目的は、アーリーアダプターと最新テクノロジーの関係を探ることであり、初期採用者の特徴や市場への影響力を割りだす試みだ。
革命はアーリーアダプターから広がるという観点から、受領期限はあえて設けず、最初に実験参加手続きをすませた777人(全体の25%)が主要な被験者として絞られた。
これらの学生は、後期採用者よりも、ビットコイン、特に価格上昇についての予備知識が豊富だったとの可能性も否定できないものの、配布されたビットコインを実験終了まで大切に取り扱っていたそうだ。

そして、ここで冒頭の結果も報告されたということです。
周囲よりも最新に出遅れた生徒が、それ自体に興味を失う結果。

関連するまとめ

仮想通貨ビットコイン 初の100万円超|更なる4つの分裂と世界通貨上位30に上場

仮想通貨ビットコインがとうとう100万円を超え年度初の上昇率が850%強になったと報じられています。初年度は…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 9186 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽