フィンテック(金融とテクノロジーの融合)は仕事や生活を一変させ、世界に広がる困難な問題も解決できる――。

先日9月20日から21日にかけて金融庁と日本経済新聞社が主催する
FinSumカンファレンス~フィンサミが行われました。
21日は、国内外のベンチャー企業が事業内容を競うコンテスト
「ピッチ・ラン」が開催され▼▼▼

前日の予選を勝ち抜いた12社が、投資や仮想通貨だけでなく、新興国への支援にフィンテックを活用するなど多彩なアイデアを披露。
単に金融システムを効率化するだけにとどまらない、フィンテックで実現できる未来像を示した。

もう、未来の話ではありません。
現実の今、始まる世界は新たな社会が誕生し、
これから育成されていきます。
新ビジネスが世の中に広がる問題を解決していきます。

拒否しても社会はかわります。
ついていけないと拒んでも、世の中が変わります。
ビジネスと生活のありようも改革される内容をご紹介します。

よそ見をしている間に、知らない職業がたくさん存在するようになりますね。


予選通過したスタートアップ12社から「有望サービスを披露」審査

事業内容を競うコンテスト「ピッチ・ラン」

「ピッチ」とは、ベンチャー企業が投資家に自らの製品やサービスを紹介する短時間のプレゼンテーションのこと。
今回のピッチ・ランでは、各社3分間のプレゼンテーションに加え、2分間の製品デモの時間が与えられた。

審査は計8社の協賛企業がそれぞれ1社ずつ有望なベンチャー企業を表彰。
協賛企業は、大和証券グループ本社・野村ホールディングス・PwCコンサルティング、他

分野でダブル受賞したサービスをいくつかご紹介します。
私たちの生活に密接な関係が築かれそうです▼▼▼

ダブル受賞~整備されていない新興国を不正からも透明化する

金融サービスが整備されていない新興国こそ、フィンテックが求められている。そんな考え方を示して、2社からのダブル受賞となったのはタイのアグリレッジャーだ。
ブロックチェーンを使い、個人の農家が育てた作物の流通に関する記録を透明化する。
アフリカなどの新興国では仲介業者の不正やサプライチェーンの効率が悪いことなどで、「作物の価値の50%程度しか農家に支払われていない」(デビッド・デイビス共同創業者)。

サプライチェーンとは、個人や企業を問わず、原材料・部品の調達からはじまり、製造から配送まで一連のプロセスが最終消費者へ届くまでの全体的な流れのことです。
この流れが悪い新興国でブロックチェーンを使えば、
効率もよく透明化されるため、農家の収入分も不正されることを抑制できる期待がもてます。

取引の透明性が高く、データが改変できないブロックチェーンを利用したシステムを農業の仲介組織や小売店にまで広げれば、不正や非効率を防げるという考え方だ。

金融サービスが流通していなくても大丈夫▼▼▼

取引する際には、スマートフォン(スマホ)用アプリでQRコードを互いに読み取る。特別なハードウエアは必要ない。

関連するまとめ

欠点だらけの法定通貨には“仮想通貨”が必要|ビットコイン技術は金融の本丸

仮想通貨ビットコインは消滅するといわれた1年半前。しかし今はどうでしょうか?信用を取り戻したとも、通貨の未来…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4766 view

逆転$を測る時代に|仮想通貨ビットコインが自由と景気を取り戻す|時計の針を戻すpar…

「仮想通貨は怪しい」そう言われていた時、すでに目をつけた強者達。「時計の針を戻すpart3」仮想通貨ビットコ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1261 view

ベネズエラ高額紙幣延期で混乱|“インフレ500%”仮想通貨ビットコインを信用

深刻なインフレが続くベネズエラで、廃止になった高額紙幣の替わりが延期になりました。大混乱が起きている状況です…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5639 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽