まとめ・・・

現時点で投資手段としてみていることは将来的に全く問題ではなくなるだろう。
「現状、インドはようやく2013年の中国やアメリカに並びました。2年以内に爆発的な普及が起こるでしょう。そして、ビットコインはデジタル資産革命の始まりに過ぎず、我々はインドにおいて、デジタル資産のリーディングカンパニーを目指しています。」
ここまでの【ポイント】

ここまでの【ポイント】

・人口約13億1000万人から増加→2022年約14億人→2030年15億人→2050年17億人
・富裕層資産100万ドル以上は25万人→2018年43万7000人→2023年は倍の87万4000人
・ビットコイン送金金額ほぼ200ドル位
・スマホ保有率10%未満
・銀行口座普及率40%程度
・Peypalなどの銀行サービス手数料15%
・海外送金が多い
・銀行の信用がない
・国も協力体制に変わった  なによりも「国民が価値を評価している」

今回はインドで考察になりましたが、
人口増加や経済成長にともない、
仮想通貨はどんどん利用され熱い支持を得ています。
正反対に不況に落ちたときにも、
今度は信用というカタチで必要とされていきます。

どのような状況でも、
そっぽを向かれずに利用されている仮想通貨。
消えることがないといわれている言葉の意味が
「なんとなく」でも分かるような気がしますね。

仮想通貨ニュース、勉強会、ビットコイン飲み会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめLINE@

仮想通貨まとめLINE@

仮想通貨まとめLINE@登録方法は、


スマホのLINEアプリを開き
←LINEアプリでQRコードを読み込むか

スマホのLINEでID検索は▼ 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!

スマホ直接リンクの方は↓

http://line.me/ti/p/%40coinnews

もしくは↓クリックしていただければ直接ORコードにとびますよ。  (←の出典でもコードにとびます)

関連するまとめ

オーストラリアで仮想通貨が非課税7月1日施行|400万ドル相当家計費支払いの人気

オーストラリアの企業では、税金から水道光熱費、家賃や保険ほか、様々な家計費を仮想通貨で支払えるサービスを提供…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6102 view

Fintechが熱いベトナム|モバイルバンキングサービスに仮想通貨スタートアップも参…

新興国ベトナムは、今、世界の内でFintechがもっとも熱い国のひとつとして注目を浴びています。中でも期待が…

すずきまゆこ / 2034 view

“フィンテック”FinTechは銀行危機? 三菱東京UFJ銀行「MUFGコイン」から…

“フィンテック”(FinTech)って、いったい何? 三菱東京UFJ銀行の「MUFGコイン」実験開始報道記事…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3233 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽