お待たせしました、ここでスマホ決済の主格になりうる顔が揃います。
経済産業省がグーグルとアップルに対してアプリで競争相手排除につながると
異例報告書を出したほど、「決済業界を乗っ取る」勢いです。

Googleと三菱東京UFJ銀行がタッグを組み、
グーグル電子決済のアンドロイドペイが、まもなく開始します。
海外では2015年頃、運用されていましたが、日本上陸にドキドキしますね。
予定は今年の秋頃ということで、すぐそこ!

様々な事情があり日本上陸できなかったとう噂ですが、
今回は、三菱東京UFJ銀行という相手ができたことにより参入が実現したようです。

どんな内容で、どのように利用でき、今後の予定は?
日本経済新聞(会員用)から海外メディアや各誌から調べたことを、まとめてご紹介します。
天下のグーグルらしい収益方法と今後の予定は必見です。

米googleと三菱東京UFJ~「アンドロペイ」上陸

米グーグルは三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と組み、今秋にも日本でスマートフォン(スマホ)を使った電子決済サービス「アンドロイドペイ」を始める。
日本はIC交通乗車券「スイカ」や「楽天Edy(エディ)」などが普及するが、利用は国内に限られる。「世界仕様」のサービス上陸で、消費者は海外でも自分のスマホで買い物ができるようになる。
グーグル広報のデーヴィッド・マークス氏とMUFG広報の北浦太樹氏は、ともにコメントを控えた。

グーグル電子決済「Android Pay」アンドロペイとは、どんなもの?

アンドロイドペイとは、Googleによる
スマホ電子決済サービスです。
これひとつで、いろいろできてしまう
便利な優れものというイメージでしょうか。

アンドロイドペイは2015年秋にアメリカでスタートし、
現在は英国・オーストラリア・シンガポールでも提供されているようです。

スマホで決済しなくても、
他のSuicaなどのプリペイド型電子マネーで対応できるからね!
と思われている方
    ↓↓↓

現在の日本で普及しているSuicaもそうですが、
プリペイド型電子マネーの走りとしても利用の多い楽天Edyだって
利用できるのは「日本国内」のみです。

今回上陸するGoogleのアンドロイドペイは世界仕様のサービスです。

NFC搭載端末の増加、登録可能カードの登場などインフラが整ったことで、期待されていたサービスがようやく日本に普及することになる。

「NFCとは?」詳しくは次で▼

アンドロイドペイを利用するには?スマホはどんなものが必要?

NFCというのは、「近距離無線通信技術」のことで日本では「おさいふケータイ」や「モバイルSuica」などそれらの仕組みを使い運用されています。

日本のおサイフケータイと同じように、読み取り機に
スマホをピッとするだけで支払いが完了してしまうものですね。

アンドロイドペイの利用には「アンドロイド4.4」以降のOSを搭載。
近距離無線通信規格「NFC」に対応したスマホが必要です。

対象端末はキャリアごとにも確認が必要ですが、
国内で年間1000万台以上が販売されているとされています。

利用するには、専用アプリをダウンロードし、
提携金融機関が発行するクレジットカードやデビットカードを登録しておきます。
事前登録しておくことで、利用するお店でその都度カード情報を教えなくても、
読み取り機にスマホをかざすだけで支払いができるようになります。
また、スマホのアプリで商品を購入する時の決済にも使えます。


参考:日本経済新聞(会員は全文参照可能)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM30H5N_Q6A830C1MM8000/

アンドロイドペイを利用~提携金融機関はどこ?

アンドロイド・ペイは今秋にも日本に導入される見通しで、まずMUFG傘下の三菱東京UFJ銀行のデビットカードに対応する予定。同グループの三菱UFJニコスが発行するクレジットカードへの対応も検討しているという。

日本ではまず一番最初は、三菱東京UFJ銀行が発行しているデビットカードに対応。
年内にも三菱UFJニコスが発行するクレジットカードでも使える予定です。

三菱東京UFJ銀行は金融とITを融合したフィンテックへの取り組みを強化しています。
グーグルとの関係を「他のサービス」にも広げたい考えだと伝えられています。

参考:日本経済新聞(会員は全文参照可能)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM30H5N_Q6A830C1MM8000/

三菱東京UFJだけ?

三菱東京UFJだけ?

三菱東京UFJだけ?と思われている方、

グーグルと三菱東京UFJの提携は“独占的”なものではありません。
当然ですがGoogleは、これを機に他の金融機関にも
アンドロイドペイの採用を呼びかける予定です。

広がりの期待値はとても高いと予想されています。
何故なら、アンドロイドペイは……▼▼▼

アンドロイドペイはカード会社から決済手数料は取らず、グーグルでは利用者の消費行動に関するデータを収集・分析していき、情報や広告の精度を高めることにつなげるもよう。

提供する情報や広告の精度をさらに高めることができるわけですが、
築いてきたグーグルの今までの功績があります。
収益の柱である広告事業の拡大を狙います。

まさに天下のグーグルと言われるところだと報じられています。
だれもが認める地位に君臨できる理由ですね。
消費者がどのような時間帯に、どんな商品を購入しているかなど
分析することも可能です。
大きな情報を蓄え続けられることで、
次への展開にも迅速敏感に反応できるわけですね。

グーグル今後の「狙い」~すでに協議中

GoogleはJR東日本やNTTドコモ、楽天、ジェーシービー(JCB)など
他の電子マネー大手と、
読み取り機などシステムへの相乗りを求めて協議を進めているようです。
利用場面の拡大と普及に弾みをつけていく考えです。

日本銀行のIC型電子マネー決済件数調べがでていました。
国内15年決済件数は46億7800万件、決済金額4兆6443億円。

スマホ以外のプラスチックカード型を含む数値ですが
10年比で2倍以上に急増しています。
この数字…驚愕ですが、スマホ決済の普及はさらに増加が見込まれるといえますね。


参考:日本経済新聞(会員は全文参照可能)http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM30H5N_Q6A830C1MM8000/

ビッグデータの重要性があらためて認識される形となる。また、こうしたビッグデータを生かすために、AIに対する期待感の高まりなども想定されることになりそうだ。

関連するまとめ

仮想通貨“2020年”までに急騰の可能性|世界中で政府が「禁止から容認」リレーが始ま…

2020年までに、仮想通貨ビットコインに何かが起こるとしたら?世界の基軸通貨となりうるのか、そして「価格は急…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 20780 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
5月末~6月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。