彼は様々な暗号通貨に投資を行いブログ上で資産を公開している。さらに彼は今年6月に『一生食うに困らない資産を築いてないのに正社員として働くのをやめた理由』というタイトルで正社員を辞め、投資に専念することを公表している。
彼のようなセミニートに憧れる人は多いだろう。
今回はびっとぶりっと氏が暗号通貨投資に関してどのような考えを持っているのかを聞くためにインタビューを行った。

仮想通貨の世界に入門した「きっかけ」

Mt.Goxのニュースを聞いてビットコインミートアップというものがあるのを知りそのミートアップに参加すればテレビの取材陣が来ているはずでテレビに映れる!!と考えミートアップに参加したのがきっかけです。

ミートアップとは、3種類の意味に分かれるとも言われていますが、
ここでは、簡単に言えば共通の地域や興味に関するコミュニティです。
仮想通貨のコミュニティは、実際に会って交流を深めることもありますが、
プラットフォームサービスで行っているところもあるようですね。

目論見通りミートアップに取材陣が来ていてニュースに映ることができ、それを見た親から電話が来ました。そのミートアップでビットコインがどういうものなのか知りこれはすごいと思い投資を考えるようになりました。

英語は読めますか?(英語での情報収集が最も効率的なため)

はい、それなりに読めます。アメリカの大学に5年間程留学していました。

今でこそ日本でも記事数が増えましたが、仮想通貨の世界は英語の記事が多く存在します。
そして最新記事や新しい発見も含めて、サイトも英語が読めると利点になると実感しています。

最初に投資したクリプト銘柄は?

Monacoinです。

モナコインはオープンソースを用い、モナーコインプロジェクト により公開されている。
日本の2ちゃんねるのソフトウェア板と言われていますが、唯一の日本仮想通貨です。

ICOでは大体どのくらいの額を投資されますか?

ガチで投資するとなると100万円以上ですね。
最も投資額が高いICOはAugurで50BTC(当時のレートで250万円くらい)

ICOとは、新しく暗号通貨を発行し、それを一般向けに販売することで資金を調達する。
と説明されていますが、「資金調達」と思っていただければ意味が繋がります。

戻りが大きかったICOは?

確定しているのはEthereumですね。100万円が8倍くらいになりました。

イーサリアムは購入した時の価格によりますが、ン十倍にまで高騰した時がありました。
その後下落もしていますので、一番いい時に交換している人は、
もっと戻り金額幅が大きく話題になりました。
当サイトでも何度かご紹介しています。

初心者へのアドバイス

ICO参加はリスクも大きいですが当たった時のリターンもとても大きいです。
ICO参加するのであれば極力リスクを排除するためにもそのプロジェクトのコンセプト、ホワイトペーパー、コミュニティの様子はチェックするのがよいと思います。

仮想通貨だけで一生食べていけるだけのお金を稼ぐのは可能だと思いますか?

インタビューサイトよりコメント

今回のインタビューで判明したのはびっとぶりっと氏はゲーム通貨やICOにかなり注目しているということだ。ICOは数十倍になる案件も登場したりとハイリスクハイリターンであるが、暗号通貨に投資している人にとってはやはり魅力的なイベントである。

投資(資産運用)に向いている人(一般論)

・当面使う予定のない貯金があり、かつ継続的な収入がある
・長期間かけて最終的にお金を増やせれば良いと心の底から思える
・自分で責任を持って物事を判断できる
・感情ではなくロジカルに物事を処理できる
・疑問点や問題点を自分で調べて解決できる

投資には、「短期戦」「中期戦」「長期戦」があります。
また、同じ商品で分けるのではなく、
商品の中でもさらに短期から長期まで分かれています。
性格的なことや、日ごろの生活にも関係するために、
一般論だけでは分類できないところがあります。

例えば、株の投資であっても株にも短期に向く株があります。
こまめに変動する者に対してはチェックする時間も必要です。

投資(資産運用)に向いていない人(一般論)

・短期間で結果を出したいと思ってしまう
・自分のお金は少しも減らしたくない
・忙しくて時間がない

関連するまとめ

1年で平均52万円貯蓄増!キャッシュレス派男性|JCB調査結果で見える現金離れ

昨年、貯蓄0円だった44.6%がいる中、現金離れ男性は1年で平均52万円貯蓄増!JCBのアンケート調査結果で…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3004 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽