日本とアメリカの違い「融資のプロセス・スピードも格段に異なる」

フィンテックに関してはペイン(負担)を減らすという意義があると思います。僕自身が大学からアメリカで、この会社も12年やって、3年前から日本法人も作って経営を行っているんですよ。会社の口座も日本とアメリカにあるんですけど、あまりにも日本のペインが大きすて驚きの連続です(笑)
アメリカで融資枠を獲得するためには、普段行っている支店に行って担当者と30分くらい話して、じゃあ10万ドルだったらとりあえず出せるよと財務資料も出さずに言われます。

銀行に提出したのは「タックスリターン」のみだといいます。
タックスリターンとは、日本でいうと所得税の確定申告にあたるものです。
日本と異なり、給与所得者の年末調整などもないため、
給与でもらっているひとには年末調整のような意味にもなります。

日本では融資に必要な資料がいくつかありますが、
国内であれば絶対必要なバランスシートも出さずに
融資を受けたたそうです。
バランスシートとは、貸借対照表ともいいますが、
ある一定時点におけるの財政状態を示す一覧表のことです。
会社の経営状況を知るための資料もなく、融資を受けることができ、しかも必要な時にだけ使う「短期の融資枠」も獲得出来きたといいます。

この銀行を10年以上使っているとはいえ、正式なものを出さずに
ここまでの手続きをできるのは日本の銀行とは真逆といってもいいかもしれません。
日本ではありえない融資制度ですね。

最終承認の電話でOK と言われてからオンラインフォームを提出して、それで次の瞬間にオンラインで融資枠とかが出ている。その後銀行の支店に行って海外送金したいんだけどって言ったら、オンラインで出来るからわざわざ来なくて大丈夫って言われました。銀行の支店に直接行く必要性がなくなってきていて、銀行の役割がかなりオンラインベースになってきている。
これらは多くのユーザーに対していちいち面談で対応しているとコストがかさむので合理化を進めているのだと思います。また、各種フィンテックサービスが台頭する中で、銀行もユーザー体験の改善を急激に進めている印象です。

資料の提出もなく面談の時間もなく融資を受けられる規定は、
コスト削減とはいえ、どんなに効率化しても日本ではありえないことではないでしょうか?
これは、フィンテックに対応する銀行の姿があるようですが、
いま対応していかなければ崩れてしまう恐れを感じ取っているからだとも言います▼

ハーバードビジネスレビューでは、今後新たなサービス構築やイノベーションを起こせない場合、既存の銀行の約92%は10年以内に世の中から消滅すると予想している。

もし、海外にいる彼らが日本で融資を受けようとした場合…▼

一方で、日本側でメインバンクに融資の相談に行ったら、まず海外在中だから審査対象にならないということと、できたとしても最終的には本人が日本に帰って支店に行って契約しないとダメ。契約書類にハンコとサインだけして契約書だけ送ってもダメって言われるんですよね。金融庁から降りてくる規制に基づいて決まっているので、どうしても難しいところがあるんですという感じなんですよ。

そしてここまでたどりついてから、日本ではバランスシートが必要になりますので、更に審査が待っています。

日本の金融が世界中から置いてかれていて、日本と世界の金融業界のギャップが広がりすぎているように感じます。御社のようなサービスがどんどん増えていかないと日本の人は苦しいと思います。

スタートアップなど資金が必要な人がすぐに借りれる世界観

日本では融資に関して、銀行が融資を実行しているケースであっても、信用保証協会の基準に依存していることも多いんです。ただ、その延長だと、個別の銀行ごとの融資モデルは作りにくくなります。
リスクを取りながらも金利が高いので、もしリスクを取ったとしてもリカバーできる感じだと思います。そういうことを考えると、日本の銀行は身動き取れなくなっているように見えます。
それは文化の違いでもありますね。フィンテックは業務コストを下げるところが大きな特徴としてあるんですけど、既に人がいて、店舗があって、という状況ではすぐにコストカットには行きづらいんですよね。

日本とアメリカの個人マーケットの違い

日本からのクライアントで、とある主婦向けにこじんまりとした家計簿アプリを提供している会社がありました。それをアメリカで展開しようかと検討するためにマーケットの調査をされたんですけど、ニーズがすごい薄いことが分かったんですよ。

なぜニーズがなかったのか?▼

既にアメリカにはビックプレイヤーがいる上に、家計簿という認識がアメリカ人にはなかったので。
クレジットカードで支払って、自動的にフィードインして、それで運用するっていう、もっとダイナミックなやり方がこっちでは主流ですからね。だからレシートをスキャンして$1とか$2とかを細く計算する人いないですね。それでその会社は断念してました。
日本は家計簿そのものを趣味というか、習慣にしている人がもともと結構いるんですよね。ただ、それが不安を減らすといった、本当の問題解決になっているかというと、多分そこまで実効性があるものにはなっていなくて、ちゃんとそこから何が問題で、何を解決するのかまで考えないと。

お金のコンサルやお金の講義をすることもありますが、
難しく考えすぎるところと、安心感だけをもとめるために、
必要か必要ではないという判断をわからなくしてしまうのもこの部分が多いと感じます。
安心を買うというのは社会の流れや教育に関係しているために、
欧米人のスタイルだけが正しいとは思いませんが、
個々の性格やライフ設計を見るうえでは重要なところだと感じます。

アメリカは逆にそこだけ見ている人が多くて、クレジットスコアを良くするとか目的が明確なんですよね。日本はまだまだツールが目的となっている人が多いなと感じます。

ツールは上手に使えば味方にも効率化できる役割をはたしてくれます。
しかし、目的がやって満足してしまうところでゴールしてしまうのが、
もったいないと感じます。

変わり始めた銀行の役割

銀行の店舗についても、こっちだと店舗に行ってもタブレットへと誘導されることが増えてきています。あとはカフェ型の店舗でお茶を飲みに遊びに来てください、ついでにお金の相談もしてくださいみたいなのをよく見ます。ユーザーを楽しませることを考えて、どうペインを減らすかにフォーカスしてますね。
店舗としての意味合いがもうないですから。個人の資産運用に関しても、インフレがあるので現預金で資産保有したら目減りするからダメみたいなノリが結構あって、銀行に眠らせていたら損という感じ。金利はそこまで低くなくて普通預金でも1%とか取れるんですけど、それでもインフレには追いつかないから。
株式市場がこれだけすごかったら、みんな運用の仕方も変わります。日本だと全然物価も変わらないから、そこのランドスケープの違いはありますね。

フィンテックとセキュリティについて

海外ではタクシーのかわりに、
配車サービスのアプリが便利だといいます。
しかし、考えてしまうのは、なにかあったらどうしよう、ですね。
リスクはどうやって管理しているのでしょうか?
変な人が運転するリスクなど、特に女性は少し怖いですよね。

このアプリひとつ例にとって違いがわかるようです▼

バックグラウンドチェックを最近少しするようになったようですね。でも保険と性善説で成り立っているサービスではありますね。
それは結構面白いなと思います。日本の方がアメリカより安全じゃないですか、でもアメリカの方が性善説のこのようなサービスが広がるっていうのが。

1/1000のミスも許されない日本

アメリカって本当に資本合理主義で、1000人くらいユーザーいて1人くらい嫌な思いしても、99.9%は大丈夫だからOKとみなすみたいな。日本は1件出たらそのサービスはもうダメみたいな風潮があって、減点方式が半端ないから100%じゃないと怒られますよね。アメリカだとミスを起こした時はいろいろと言われはしますけど、すぐみんな忘れますし。ユーザーのデータ漏洩なんてGoogleもFacebookも何度もやってますし。

外国と日本の人種の違いというものは大きな差があります。
そこだけは取り入れることができないという点もあるかもしれません。
しかし、安全性だけを求めるあまりに、大事なことを見過ごすことがありますね。
銀行の融資でいえば、高い金利ならバランスシートなしでも可能。
そんな別の商品があっても今すぐ目の前にチャンスがきている融資を受ける側には、
メリットがどこかということになります。
金利が高いデメリットよりも、すぐに融資をうけることができるメリットが高いわけですね、
カタチにはめてしまうことをしてきた日本が
フィンテックに対応していくことは本当の意味でこれからかもしれません。

仮想通貨ニュース、勉強会、ビットコイン飲み会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめLINE@

仮想通貨まとめLINE@

仮想通貨まとめLINE@登録方法は、


スマホのLINEアプリを開き
←LINEアプリでQRコードを読み込むか

スマホのLINEでID検索は▼ 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!

スマホ直接リンクの方は↓

http://line.me/ti/p/%40coinnews

もしくは↓クリックしていただければ直接ORコードにとびますよ。  (←の出典でもコードにとびます)

↓仮想通貨まとめLINE@(スマホからリンクQRコード)

関連するまとめ

三菱東京UFJ銀行「MUFGコイン」発行目的はこれ?|“仮想通貨は必要”

独自仮想通貨MUFGコインで今後何がおきるのでしょうか?本当の目的とは?三菱東京UFJ銀行が「MUFGコイン…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 9882 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽