大きな決済ニュースは今後のシステムが
かわる可能性を秘めていますね。

・気になるアプリCircleが採用した「仮想通貨」
・Appleの出した指示分サポート済「仮想通貨」
などを順次ご紹介いたします。

発表は、iPhone 7が発表されたAppleのKeynote September 2016の講演のタイミングに合わせて行われた。
iPhone 7で利用できる新バージョンのiMessageの仕様に対応したサード・パーティ製アプリの1つに、ビットコインや既存のフィアット通貨を採用したピア・ツー・ピア決済技術を提供している企業、Circleのアプリが含まれている。

iMessageの仕様

ピア・ツー・ピア

P2Pとも書きますが、ネットワーク上に存在する端末
(コンピューターと思っていただいたほうがわかりやすいですね)が、
一対一の対等の関係で直接接続し分散的に通信を行うことです。
一般的なネット上のサービスは、サービスを提供する側(サーバー)と、
利用する側の役割が分かれています。

P2Pでは、サーバーを利用せず、対等の役割を持った端末同士がデータをやり取りします。サーバーを必要としないため、柔軟なネットワークを構築することができます。

話を戻しますが、実はAppleは今回のiosアプリから、
Dashの扱いをやめるよう指示しています。▼

AppleがJaxx CEO、Anthony Di Iorio氏に対して同社のiOSアプリからDashの取り扱いを取りやめるよう指示してからわずか数日後、Jaxxは、7種の異なるプラットフォームに対応した同社のソフトウェア・ウォレット上でイーサリアム・クラシック (ETC)を採用する旨を発表している。

ここでは、内部的なことは避けます。取りやめた理由としては
記憶に新しいイーサリアムの盗難事件が大きな判断基準になったと思われます▼

先日アップルがJaxxに対してDASH取り扱いの中止を要求したことに対して過去のTHE DAOのレビューや偽物のウォレットを許可しそれをダウンロードしたユーザーのビットコインが無くなっていることなどを指摘している。

ただし、報道では、まともな理由を伝えずに繰り返し拒絶しているアップル。
それに対して少々険悪なムードもうかがえる様子です。

気になるアプリCircleが採用した「仮想通貨」

Circleは決済方法の1つとしてビットコインを採用している。
これは、キャリアとしてAppleのメッセージ・システムを利用している最近の中国市場を含むいくつかの世界の国々に対する決済サービスを強化したいためと考えられる。
「友達に支払いをするためにスマートフォンのアプリをインストールして、必要事項の入力やセットアップを行わなければならないというのにはハードルがあります。iMessageのアプリ内で全てが出来てしまえばそれはとても簡単になります」

メッセンジャーでに決済機能を追加してしまう斬新さ。
心配されると考えられること…お客様が利用する上での”摩擦”
これを避けるためにCircleが「心がけていること」について語ってた内容です。

Appleは、ETCを採用するのかどうかについてはまだ明かしていないが、Jaxxによれば同社のiOS用アプリの新バージョンをApple Storeでリリースする予定で、数日中には承認されるだろうとのことだ。
仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽