今回は、まだ知られていない仮想通貨Bitcoinに対する
「マイナス印象」に対する書き込みをまとめました。

あなたは、仮想通貨(ビットコイン)を持ちたいですか?

今年の3月4日、政府はビットコインをはじめとする「仮想通貨」について、消費者保護の体制確立、および反社活動の抑制を目指す規制案を閣議決定し、国会に提出した。これにより、ビットコインなどの仮想通貨には、財産的価値があると認められた。
しかし、仮想通貨の約95パーセントを占めるビットコインであっても、まだまだ一般的に広く知られ、流通しているものではないような印象がある。ネットユーザーはビットコインにどういった印象を持っているのか。ブロガーの書き込みを調べてみた。

「仮想通貨」一番気になる不安=セキュリティー

不安書き込みーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・ネットワーク上でお金のやりとりをするの、やっぱり抵抗ありますね~
・仕組みが全くわからないので持っていても不安になりそう…と言いつつ、そのうち持つことになるのでしょうかね?
・ハッカーみたいな人が不正をするようなことがないでしょうか?あると思います!
・取引所がそうなってしまうんですもんね。なにがあってもおかしくない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どこの、どのようなセキュリティーに対して
不安なのかにより対応方法がかわりますね。

ビットコインにまつわる不祥事としては2014年に起きたマウントゴックス事件が有名だ。世界最大級の取り引きを誇っていたビットコイン交換所のマウントゴックスだったが、ハッキングに遭い、45億ドルを超える85万ビットコイン以上を消失することになった事件だ。

マウントゴックス事件のようなことが心配であれば、今後は取引所の厳しい法案改正行われます▼

この破綻についてはついては、仮想通貨のしくみの欠陥というより、取引所がどのような経営をしていたのか、だれもチェックしていなかったためではないかと指摘されています。このため、取引所に対する規制を盛り込んだ法改正が行われたんです。
改正の主な内容としては、(1)取引所は国に対する登録が必要。登録するためには一定の規模の資本金があることなどの条件があります。(2)そして国の金融検査を受ける。検査では、顧客から預かった財産を取引所の財産と分別管理をすることなどが確認されます。(3)顧客の本人確認。仮想通貨は匿名性が高く、マネーロンダリングやテロ資金として悪用されることを防ぐものです。

また、香港の取引所に対する
ハッカー事件のような問題であれば、
自分の仮想通貨を保管する場所を検討するということにもなりますね。

取引所に預けっぱなしにせずに、
自らのウオレット(お財布)に
保管するということも選択方法のひとつにあげられます。
※ウオレットには種類があります

ビットコインを取引所で買って「預けっぱなし」にしている人は大勢いる。だが、これは推奨できないやり方だ。日本のビットコイン取引所はMt. Gox破綻のネガティブイメージを払拭しようとがんばっていて、あの事件いらい盗難事件や不祥事は報告されていない。だが海外の取引所では盗難事件や破綻の知らせを時々目にする。取引所はあくまで取引所であって、銀行ではない。
個人でビットコインを保管するやり方はいくつかある。主な選択肢はパソコン上のウォレット、スマートフォン上のウォレット(これはビットコインを日常的に使うのにはとても便利だ)、それにハードウェアウォレットだ。

パソコンやスマートフォンのウォレット(財布)は、アプリケーションなので、
秘密鍵を盗まれて仮想通貨ビットコインが盗難される可能性はゼロではありません。
専用ハードウェアウォレットは、ネットにつながるパソコン上でウォレットを使う場合に比べて
仮想通貨の盗難のリスクをきわめて低く抑えていると言われています。

どの方法も完璧ではありませんが、
ネットワーク上での心配というのは、
クレジットカード決済をオンラインで行うようになった時も同じことが言われていました。
また、ネット銀行も同じことがいえます。

現在でも、カード決済・ネット銀行取引情報であるパスワードなどを、盗み取ろうとする行為は消えることがありません。

そのたびに強化対応をしていますが、どの方法であっても
利用者の理解や知識度をあげることは必要となりますね。

「仮想通貨」気になる不安=企業の顧客情報流出・持っているメリットない

不安書き込みーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・企業の顧客情報流出などもなくなることがない。お金の場合、なくなりました~じゃすまされない
・持たないことが一番、というのが今の考え。持っていて何か得するような気がしない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

企業の顧客情報流出は
仮想通貨業界の問題ではありませんが、
商品が直接「お金」にかかわることでの不安は残ります。

ビットコインはその大きな特徴として、国や企業が管理・運営をしている通貨ではないということが挙げられる。
しかし、電子マネーと違って、仮想通貨は発行者がいないことが多いので、JR東日本のような特定の会社が取引を保証してくれません。このため仮想通貨として最も使われているビットコインの場合、送金したことを利用者みんなで承認するように作られています。
送金の記録はインターネットを通じて利用者全員に送信されます。そこで複数の人の承認が行われます。この仕組みを破って改ざんなどが行われたことは報告されていません。

これが「透明性」が高いといわれています。「固有名詞」で記録されるものではありません。あくまでもアドレスになります(メールアドレスではありません)▼

不安に対する「回答」書き込み

持っていて得?ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・銀行での手数料、なんであんなに高いのか意味不明。ビットコインがもっと普及すればメリットは大きいですよ
・ブロガーも投げ銭をしてもらうなど、新たな収入の道が探せそうですよね

関連するまとめ

今だから知る「預金封鎖」日本が報道したくなかったキプロス預金封鎖

2013年キプロスの預金封鎖を、なぜ日本があまり報道しなかったのか?今の日本を比較して、新たな目で見る必要が…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7687 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。