仮想通貨による決済利用の拡大へ向けて、飲食店事業のきちりと仮想通貨システム開発のSJI、仮想通貨取引所のフィスコが業務提携することを発表した。

情報の事前察知だったのか、発表前フィスコの株価が3日続伸していました。
また、提携発表後はSJIの株価も急伸していると伝えられています。

金融情報サービスのフィスコなどが出資する仮想通貨取引所や、システム開発のSJIと組んで今秋にも試験導入する。主に外国人観光客の利用を見込んでおり、将来は全店舗での展開を目指す。

きちりのビジョンは「外食産業の新たなスタンダードの創造」だといいます。

きちりは、居酒屋KICHIRIブランドをもつ、
東京都内をはじめ全国に40店舗以上展開しています。

あまり知られていないかもしれませんが、
飲食業のみならず
飲食企業のプラットフォーム事業と、
他業界のプラットフォーム事業も手掛けています。
この事業は数年で急成長を遂げています。

用語:プラットフォーム とは

あるハードウェアやソフトウェア、サービスが動作する基盤となる環境のことです。
かつてはアプリケーションソフトウェアが動作するためのコンピューターそのものやオペレーションシステムなどのことを指すことが一般的でしたが、クラウドコンピューティングが一般化してきた今日では、ネットワーク上の様々なサービスもプラットフォームとして考えられます。

プラットフォームシェアリング事業が急成長している「きちり」とは?

きちりの手掛ける居酒屋ブランドのひとつであるKICHIRIは東京都内をはじめ全国に40店舗以上展開する。きちりでは他にも駅構内のカフェや食堂など多種の飲食店を手掛ける。
きちりは、「外食産業の新たなスタンダードの創造」をビジョンとして、飲食店舗展開の他、飲食企業向けプラットフォームの構築並びに他社へのプラットフォーム提供をプラットフォームシェアリング事業として行っている。
当事業はここ数年で急成長を遂げており、更なるプラットフォーム強化を目的として、飲食店舗における決済周りの強化の一環として取り組む。

「更なるプラットフォーム強化」を中心に考えると、
飲食店舗における決済周りの強化という点を検討してきたといいます。
今回の提携は、この流れの一環となり、
まずは一店舗で実際に仮想通貨決済を導入することから開始です。

仮想通貨を決済できる店舗数、そして飲食業界の中での存在感がある企業。
すべてが全業界への大きな影響を与えるともいえるのではないのでしょうか。

フィスコグループ「フィスコ仮想通貨取引所」と「SJI」とは?

今回の提携によりフィスコ仮想通貨取引所とSJIが仮想通貨による決済手段を開発し、フィスコ仮想通貨取引所による、きちりが顧客の支払いにおいて仮想通貨を受け付けるための市場機能を提供。

仮想通貨による決済手段の開発をフィスコグループの2社↓が共同して行います。
「システム開発のSJI」と「仮想通貨取引所のフィスコ」

プラス、仮想通貨の決済導入サービスのための市場機能はフィスコが提供するということですね。

株式会社フィスコ仮想通貨取引所は、金融情報サービス事業において確固とした実績を有する株式会社フィスコが運営をてがけており、システム機能の提供・保守を行うSJIと連携したワンストップサービスの提供はビットコイン等の仮想通貨取引市場を急に拡大すると期待されている。

業務提携内容と目的から拡大へ「まとめ」

次の5項目が最前線に立つ業務提携内容

① フィスコ仮想通貨取引所、SJIによる仮想通貨による決済手段の開発
② フィスコ仮想通貨取引所による、きちりが顧客の支払いにおいて仮想通貨を受け付けるための市場機能の提供
③ SJIによる仮想通貨決済におけるシステム機能の提供・保守
④ 仮想通貨決済におけるフィスコ仮想通貨取引所の提供する仮想通貨決済の使用
⑤ きちり、フィスコ仮想通貨取引所、SJIによる仮想通貨決済の改良
今回の提携は、各社が相互に協力し合いながら理解を深め、法令の範囲内で各社が保有する経営資源を活用することで、先進的・高品質なサービスを開発し、各社の顧客のニーズに応え得る体制を整え、 新規需要を創出しビットコイン等による決済システム導入による仮想通貨流通の拡大及び各社の企業価値向上を目的とするものである。
ビットコインなどによる決済システムを導入することで仮想通貨流通の拡大を図っていく。
インバウンド需要が高まる中、商流に変化が見られれば、早期の全店導入も考えられよう。

現在、毎年外国人旅行客が多い日本。
インバンド、すなわち外国人が訪れてくれる訪日外国人旅行の需要は高いですね。
さらに日本でのオリンピックも控えています。
ここで全店が導入することになれば、
どのような未来になるか、誰もが同じ想像にたどりつきますね。

仮想通貨での「日常」が見えてくるようです。

【太っ腹企画】チャンス!視聴者全員に5000円分仮想通貨をプレゼント

【視聴無料】あなたの資産を10倍にする!               仮想通貨オンラインセミナーのご案内↓↓↓↓↓

関連するまとめ

韓国政府、ビットコイン取引基盤の整備に着手|日本より先行く韓国の金融

韓国政府が来年3月までに、ビットコインを含む仮想通貨の取引環境を来年3月までに整備する旨を発表しました。基盤…

鈴木まゆ子 / 3262 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽