国内取引高50倍の背景を知りたくないですか?

国内取引高50倍の背景を知りたくないですか?

日本経済新聞で紹介された
50倍取引の背景を知りたいですね。
しかも、50倍は国内取引のみでの話ですよ。

先日他の記事でご紹介した、FX口座数の減少は、
もしかして仮想通貨への流入かと予測していましたが、
明らかな統計数字がでておりませんでしたのでご紹介できませんでした。

今度は、間違いなくFXからの流入という記事内容もお届けいたします。

日本経済新聞(会員は全文参照可能)から要約し、他の情報も織り交ぜてご紹介いたします。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC15H1G_V10C16A8EN2000/

仮想通貨活況、FXから流入 為替相場膠着で投資妙味
仮想通貨の売買が活況を呈している。ビットコインの国内取引高は2016年1~6月期に4300億円、7月は単月で2000億円を突破し、それぞれ前年同期に比べて約50倍に増えた。

2016年上半期のビットコイン取引高が日本円で約4300億円とすると約780万BTCの取引になります。

【例】日本国内の仮想通貨取引所であるビットフライヤーから
8月15日に発表された数字も驚く数字です。
8月に入って利用者数が20万人を超え、
昨年同月で比較すると10倍に増えていると明かされました。

取引高の増加の背景

ここ数カ月でビットコインの取引は急拡大しており、その要因として法律の整備、仮想通貨の認知度の向上などが挙げられる。

1.信頼性の改善

仮想通貨そのものの「信頼性」が改善されていることです。
日本では5月に政府が仮想通貨の法規制を制定しました。
この中には、マウントゴックス事件の不安を払拭できる法案として、
「利用者保護」を柱とする内容がもりこまれています。
取引所は財務基盤の強化・取引記録の整備・金融庁立ち入り・
怪しい売買取引を金融庁に報告、などあります。

参考記事:日本経済新聞(会員は全文参照可能)から要約http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC15H1G_V10C16A8EN2000/

※細かい詳細は関連記事もよろしければご覧ください。

2.メガバンクの参入

日本の大手金融機関であるメガバンクも参入を発表しました。
特に、三菱東京UFJ銀行はオリジナル自社仮想通貨MUFJの開発+既に試験運用と、
7月に仮想通貨取引所米コインベースとの提携も公表。
仮想通貨はありとあらゆる場所での用途や技術が広がっています。
業種や分野を選ばないマルチだともいえますね。

なかでも日本は「デジタル通貨の重要市場になる」と期待を示した。

3.為替相場の警戒

米利上げの行方が定まらないなど値動きが狭い範囲にとどまる円・ドル相場を横目に、取引が膨らんでいる。一部の個人投資家が仮想通貨の価格変動を狙って参入しているためだ。

為替相場の状態が思わしくない位置で
そして動きが鈍いこともあげられます。
2016年スタート期の円相場は1ドル=120円台でしたが、
ご存知のとおり英国のEU離脱から6月下旬には一瞬100円を切りました。
その後もいつ100円を割るのだろうと心配されながら、
1ドル100円台前半で取引が続いています。
米国の経済指標不安定さも入り、市場は米利上げペースを読み切れません。
日本はドルに大きく影響されている国です、当然ですが警戒感も高まります。

※日本経済新聞(会員は全文参照可能)から要約
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC15H1G_V10C16A8EN2000/

参考資料:米利上げとは…           ご存知の方は読み飛ばしてください。

参考資料:米利上げとは…           ご存知の方は読み飛ばしてください。

「米利上げの行方とは」リーマンショック後、
打撃をうけた景気を回復させることを目的とし、
アメリカは金融緩和を行いました。
米国の不動産も雇用も、景気が回復したと伝えられており、ようやく利上げをするという観測が流れていました。
FRBは4月のFOMCで政策金利を据え置きし、
追加利上げを急がない姿勢を示していますが、
利上げの可能性があるのではないかという見解が広がっています。
急がないという姿勢があるといっても、
FRBでの要注意人物がいるために心配が落ち着かないところです。
景気が回復しているといますが、いくつかの指標が予想より弱く、
利上げによる世界への影響も懸念されているためドルが下落しています。

※FRBは米国の中央銀行で、日本で言えば日本銀行にあたります。

米国利上げ「他国に影響がある」と、考えられているのはなぜ?

関連するまとめ

日銀〝中央銀行発行デジタル通貨について”レビュー公開|独自仮想通貨の発行は?その危険…

日本銀行が「中央銀行発行デジタル通貨について」レポートを公開しました。6ページの中に書かれていることが興味深…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5606 view

韓国「仮想通貨」関連の規制法案が可決か|所得及び法人税法、脱税にも取り組む

韓国ではビットコインやイーサリアムなど仮想通貨規制に取り組むことが可決される見通しと報じています。投資家やユ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5814 view

仮想通貨ビットコイン沸騰! 時価総額140億ドル(1.6兆円)超|中国内取引増の裏側

仮想通貨ビットコインが現在も10万円台で爆発しています。時価総額は22日時点で“140億ドル”を超え過去最高…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7012 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽