SolidX社が承認された場合のメリットや、
SolidX社の投資信託「SolidX Bitcoin Trust」と
先に申請中である双子のウィンクルボス兄弟の
投資信託「Winklevoss Bitcoin Trust」との違いなどもまとめました。

ビットコイン(Bitcoin)の上場投資信託(ETF)への誘いに対して、米国証券取引委員会(SEC)にSolidX社が上場申請を行った。これは2社目の上場申請となる。
ブロックチェーン技術の企業であるSolidX社は同社の投資信託であるSolidX Bitcoin Trustを立ち上げるためにSECに登録申請を行ったことを明らかにした。

投資信託はファンドとも言いますが、
普段利用されない方に簡単にお伝えすると次のようなことになります。
投資する人から集めたお金を「ひとつの資金」としてまとめて、
専門家(運用の専門家)が、一般に運用商品として扱われる株式や債券などに
運用や投資する商品です。そして、その運用した成果(利益)は、
投資した人・投資金額に応じて、それぞれに分配される仕組みの金融商品。

※SolidX社は、投資信託を立ち上げるために、
SEC(米国証券取引委員会)に申請をしたという報道です。

S-1申請を参照すると、この投資信託はこの信託の所有権を表す株式を発行し、SolidX Management LLCがこの信託が保有するビットコインの管財人の役割を果たすとのことだ。一方、Bank of New York Mellonはこの信託と管財人の現金残高を管理する管理者としての役割を果たす。

この管財人の管理する管理者はBank of New York Mellonだといいます。
Bank of New York Mellonとは、アメリカ合衆国の大手銀行である
ニューヨークメロン銀行のことでしょう。

この信託の株式は申請書の中で登録されたブローカーおよびディーラーに対して10,000株単位のブロックとして発行され、そのような資格を持った参加者は現金あるいはビットコインの受け渡しのためにバスケットの作成および兌換を行う。
この信託におけるビットコインはビットコイン交換サービスあるいは窓口取引によって供給されるとのことだ。SolidX社によると、この信託はXBTCという識別名称でNYSEにおいて管理される。価格はTradeBlock XBX Indexを用いて見積もられる。

価格についてですが、日々の純資産価値を決定するために、
ビットコインの価格は正確で信頼性のXBXインデックスの価格を利用するとのことです。

また、承認されると、SolidX社の株式はNYSE Arca
(米国に本拠を置くインターコンチネンタル取引所が所有する、株式の電子取引所)の
ETF、SPDRゴールド・トラスト(GLD)(現物の金の裏付けがある投資信託)
を連動対象としている代表的な銘柄リストに入るのでしょうか?

参考文献▽▽▽

The SolidX Bitcoin Trust will utilize the XBX Index price to determine the daily net asset value, providing stakeholders with an accurate and reliable benchmark for the price of bitcoin.
Once approved, shares of the SolidX Bitcoin Trust will list and trade on NYSE Arca, the exchange for the largest gold ETF, the SPDR Gold Trust (GLD)

双子のウィンクルボス兄弟のWinklevoss Bitcoin Trustとの違い「保険」

業界擁護団体であるCoin Centerが述べているように、SolidX Bitcoin Trustと競合であるWinklevoss Bitcoin Trustの違いは、前者が信託におけるビットコインの喪失や盗難を補償する保険を備えていることだ。

紛失や事故の保証として盗難保険に加入し、ビットコインの保険を確保しているといいます。
書類には下記の通り記されているようです▽

「この信託は3段階の補償を備え、この信託によるビットコインの損失をカバーする。3つとは、犯罪保険、超過犯罪保険、超過保管庫保険である。」と提出書類には記されている。

国民性でも保険は選択する大きなポイントになるかもしれませんね。

日本人は、何かあった時の保険という補償がとても気になります。
決定する選択する条件枠に強いキーワードになりうるともとれますね。

先に証券取引委員会(SEC)に提出している
双子のウィンクルボス兄弟の
Winklevoss Bitcoin Trustは、
投資手段の一つとして保有するビットコインに対して
保険をかけることはないとしていると伝えられています。

仮想通貨ビットコインをより戦略的な投資対象へ

このように、今回の申請書においてSolidXは、同社の最新のサービスが直接ビットコインを購入するよりも機関投資家にとってより良いものであると考えていると述べている。
「スポンサーは関係者がビットコインを直接購入・保持・取引するのではなく株式に投資することによって、より効率よくビットコインを用いた戦略的かつ戦術的な資産配分戦略を立案できると考えている。」

以前簡単にご紹介していますが
投資信託は税制面でのメリットがいくつかあります。
最後にリンクをご紹介していますので、
よろしければご覧くださいね。

またビットコイン単体での価格も上昇しており
個人が気軽に大量にもつことも難しい状況になってきてもいます。
状況をみると、ビットコインを持つ意味は個々にあわせて
オリジナルの選択ができるようになるのは、ますます身近になりますね。

銀行にお金を預けることは安全ですか?                 【太っ腹企画】チャンス!視聴者全員に5000円分仮想通貨をプレゼント

関連するまとめ

3メガバンク決算に不安|経費増加〝仮想通貨本質ブロックチェーン技術へ本腰

大手銀行の上期決算報告が出ています。3メガバンクの、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行。そして5グ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2696 view

ビットコイン(Bitcoin)は「ノアの箱舟?」誰でも乗れる資産防衛の舟を考える

Business Journalの連載記事がビットコインを取り上げています。日本の債務がGDPの4倍で財政破…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1563 view

会津大学が国内初!学内仮想通貨「白虎」5月導入目標へ|萌貨(モエ)に続く地域通貨へ第…

会津大学は進化を続けています。昨年11月マジカル福島にて仮想通貨「萌貨」モエの実証実験を終えた会津大学。今度…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2190 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽