先日からお伝えしてきた仮想通貨がお金にかわるpart2

今朝のビジネスニュースではEU離脱報道後、
「ビットコインの信頼性は英ポンドよりも高くなった」と記事が紹介されていました。

日本でも仮想通貨が必要な存在になる理由は
国をあげて目指すオリンピックまでの整備とも関係しています。

仮想通貨が日常的になるかもしれない理由をご紹介させていただきます。
・キャッシュレス化2020年オリンピック
・代表格クレジットカードの現状
・仮想通貨ビットコインがなぜキャッシュレス向きなのか
・キャッシュレスの終わりはない訪日外客数と未来の日本

Brexit後 ビットコインの信頼性は英ポンドよりも高くなった
インディペンデント紙によると、英ポンドは特に英国のEU離脱決定後に不安定となった。

インディペンデント紙は、近年の変動幅が2ドルから1137ドルのビットコインの方がはるかに信頼性が高いとの見方を示している。

世界の金融が乱れていますが、ビットコインは静かに時を刻んでいます。
ゆっくり必要な栄養を補充しながら成長をしています。
世界共通無国籍の仮想通貨ビットコインが日本でも大事な役割に
世代交代するかもしれない情報をご紹介していきます。

日本国が目指すキャッシュレス2020年オリンピック

2015 年6 月に日本政府の成長戦略として閣議決定された「『日本再興戦略』改訂2015」においては昨年に引き続きキャッシュレス化の推進が盛り込まれました。
国の成長戦略の中で、クレジットカード等のキャッシュレス決済の普及などが盛り込まれているとのことですが、これはどのようなものでしょうか。
2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催され、大勢の海外からの外国人の訪日が予想されます。キャッシュレス決済を普及することは、この訪日外国人も含めて、消費を喚起することにつながると思います。

上記の点も併せて、キャッシュレスの推進は国をあげて必要な状況なのです。
では、なぜ外国人訪問に対してキャッシュレス(クレジットカード)が必要なのでしょうか。

世界のクレジットカード先進国である「アメリカ」「イギリス」「韓国」の3つの国と「日本」のカード払い(※デビット・チェックを含む)利用率を比較すると、以下の表のようなデータになります。

この違いは一目瞭然です。しかもこのデーターは統計機関からみると
少し前のもの(2014年くらいではないかと推測)
外国人を日本に呼ぶためには、
現金主義の場所をキャッシュレス化しなくてはいけないのです。

外国人から見た日本の現金主義

アメリカで現金払いしてると、「あなたはまだ現金を持ち歩いてるの?」ってよく馬鹿にされるからな。
正直日本がまだ現金払いが主流だってことに驚いたよ!
だって日本は何もかもが進んでるって思ってたからね。
しかし日本はハイテク化が進んでるから、てっきりキャッシュレス社会が実現してるのかと思ってたのに、違ったの意外だったね。
欧米じゃ現金払いする人はどんどん居なくなってるからね。

関連するまとめ

メルカリも仮想通貨、ブロックチェーンの導入?|シェアリングサービス日本代表格も追う

日本のシェアリングエコノミーの代表格であるメルカリ。少し前に仮想通貨ビットコイン・ブロックチェーン情報を追っ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5851 view

仮想通貨ビットコイン「20万円台突入」驚愕|LitecoinのSegWit実行が背景…

仮想通貨ビットコインが、なんの「引っかかり」もなく、上昇し続けています。過去から見守ってきたユーザーは、その…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8754 view

地域仮想通貨となる地域通貨「金融業界」もこぞって参入|飛騨信用組合や山陰合同銀行ほか

仮想通貨は、特定の地域で使える「地域通貨」へも応用されています。今までは、会津の白虎コイン、 沖縄の琉球コイ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3535 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽