ビットコインが8万円の壁なんてなかったかのように激走しています。
じっくりジワジワ上昇するわけではなく、どんどん高騰中です。

過去2013年に1000ドルを突破したこともあるビットコイン。
過去を振り返り事例もご紹介いたします。
下落してもまたなお返り咲く粘り強さ要素もご一緒に。

・中国人民元の資本避難の詳細
・過去2013年12月1000ドルを突破した歴史要因
・ビットコインの価格変動サイクル

上記を順番にご紹介します。

ビットコインの価格上昇が止まらない。本日未明、8万円を突破した。5,000人民元も突破し、次の目標は800ドルである。
気がつけば、価格は2013年のキプロスショック時に付けた高値に迫ってきており、ビットコインの参加者の多くは利が乗っている状況と思われ、この状態に加え、中国マネーの流入、半減期の到来、segwitのと好材料が重なっている状況。

先日7万円台突破したときの記事に記載している内容になりますが、
・英国のEU(欧州連合)からの離脱懸念 ※国民投票
・中国経済への不安 ※中国人民元の資本避難
・ビットコインの採掘(マイニング)半減期観測
全てが好条件として市場に影響しているのは確かです。

中国人民元の資本避難の詳細

(huobi.com)では、日本時間の午後1時54分現在、前日比5.05%高の4835.41人民元(約7万7460円、733米ドル)で推移。5月27日寄値の3016人民元から60.33%も急伸し、2014年6月以来、約2年ぶりの高値を更新している。取引参加者も急増しているようだ。

上記は昨日16日の記事ですが、中国の人民元レートの弱含みが原因だとみられています。
  簡単にお伝えすると ▼ ▼ ▼

人民元資産の減価を回避する狙いという。2015年8月の為替政策変更以後、人民元は下落トレンドに入った。

中国では【海外送金が規制】されています。そのため、ビットコインは
「管理を受けずに送金できるメリット」になります。
また、中国では活発だった不動産市場も停滞期を迎えていることから、
ホットマネーも一部流入していると説明されています。

※ホットマネーとは、逃避資本や投機的短期資本という意味になります。
国際市場において早く流動する短期的な投機資金とも言います。

関連するまとめ

仮想通貨など分散化投資「3S」の価値|次の金融主流はミレニアル世代の流儀

日経ヴェリタスセレクトでは、次の時代に迎えている金融情報が取り上げられていました。これからの金融の主流を知る…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5139 view

“起こるかもしれない”ジョブズの著者でもあるアイザックソン氏が発言

またもや大物が登場しました。アップル共同創業者であるスティーブ・ジョブズ唯一の公認伝記作家のウォルター・アイ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1424 view

金融庁が仮想通貨監視を強化|10月には専門チーム結成

ここ半年~1年で急に人気が沸騰してきた仮想通貨。その一方、安全管理や法整備といった側面は後手に回っています。…

鈴木まゆ子 / 4428 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽