ブロックチェーンスタートアップのRSK Lab
今までにない新たなシステム!
Rootstock(ルートストック)
ビットコイン(Bitcoin)通貨の決済システムと
イーサリアム(Ethereum)に互換性を持たせる。
まさに、いいとこどりですね。

こんなにすごいのにまだ
日本ではあまり取り上げられていないため、
ところどころ参考サイト英文を訳してお届けします。
敵なし仮想通貨ビットコインをどうぞ!

ビットコインをベースとしたスマートコントラクトプラットフォームの「Rootstock」が最近、プライベートなtestnet環境で稼働を開始しました。イーサリアムと互換性のあるスマートコントラクトの実行環境をビットコインのネットワーク上で実現するコンセプトは非常に先進的であり、サイドチェーンを独自に実装するなどコミュニティの注目も高まっているプロジェクトです。
Rootstock is a very promising smart contracts platform.It promises Ethereum-like features with Bitcoin-like security.It will be tied to Bitcoin via a sidechain.The platform will be backwards compatible with Ethereum.

Rootstockは、有望なスマートコイントラクトプラットフォームです。
これは、ビットコインの透明性のあるセキュリティを備え、
かつイーサリアムのような機能をもたすことができる。
しかも、イーサリアムと完全に互換性があります。

これは、ビットコインとイーサリアムのブロックチェーンから話すべき話になりますが、
簡単に言うと、ふたつのブロックチェーンは似ているようで異なっています。ところが、
Rootstockというシステムは

〇イーサリアムの特性をもちながらも、
〇ビットコインブロックチェーンの透明性も目指す。
〇また、基礎となるプラットフォームは2WPとなり、
〇採掘(マイニング)で新たなる報酬を与えるといいます!

この意味の凄さは、実行されれば、
以前より懸念されているビットコインの
不安が解消されることになるのです!

※スマートコントラクトとは契約の自動執行。
プラットフォームとは、コンピュータ内において、
ソフトウェアが動くための基盤として機能する部分

▽なぜRootstockが必要なのか▽

「ビットコイン今後の課題」を「Rootstock」で解決

【スケーラビリティ】システムなどの増大に対応懸念

現在のビットコインの設計では秒間最大7トランザクションほどしか対応することができず、現状のままでは今後ビットコインの利用者が増えていくにつれて、決済の遅延、コストの増加など重大な問題が発生することが懸念されています。

現在一番の課題とされています。増大に適応できる能力に限界があります。
このまま利用者が増えていくのは間違いなく、このままでは、決済の遅延やコスト増加の心配が残ります。

       ▼ ▼ ▼  解消

ビットコインの最大7トランザクション/秒に対して、Rootstockは最初のリリース時で300トランザクション/秒をさばけるようになるとのことです。

【コスト】手数料

現在3円~6円程度の手数料が一般的だと思いますが、仮にユーザーと今年中に価格が倍増したと想定すると、手数料も10~20円以上になる可能性も大いにあり、ビットコインの需要上昇は、コスト上昇というジレンマも同時に生み出します。

利用者が増えると一度の送金にかかるマイナーへのビットコイン手数料が上昇していきます。

       ▼ ▼ ▼  解消

現在ビットコインの通常のトランザクション手数料は5円~10円ほどですが、Rootstock上のトランザクションは1円程度に収まると想定されています。

さらにコスト削減が可能だと言います。

【スピード】ビットコイン送金スピード

ビットコインのブロックチェーンのトランザクション承認には通常最低でも10分かかります。

現在の銀行で行う国際送金にかかる数日間と比較すると早いのですが
既存の支払い手段と比較しすると遅いと伝えています。

       ▼ ▼ ▼  解消

ビットコインの10分間に対して、Rootstock上でのConfirmationは通常10~20秒で承認が完了します。DECOR+とFastBlock5プロトコルという仕組みを採用し、マイニングの中央集権化を防ぎつつ、より素早いConfirmationを実現できるとしています。

【拡張性】 

一方、ビットコインのブロックチェーンではEthereumのような複雑なコントラクトを作成することは出来ず、それがビットコインの致命的な欠陥だという指摘もあります。

       ▼ ▼ ▼  解消
 

RootstockはRSK Virtual Machine(RVM)を採用し、Rootstock上でビットコインでは直接は不可能なチューリング完全なスマートコントラクトを実行することができます。さらに、EthereumのEVMとも適合性があり、Ethereum上のコントラクトをRootstockに移行することも簡単に可能だということです。

ビットコインブロックチェーンとイーサリアムの互換性

Rootstockを使えば
・Bitcoin(ビットコイン)のブロックチェーンを利用し
・Ethereum(イーサリアム)のような
 契約の自動化(スマートコントラクト)の作成や実行が可能

また、契約の自動化(スマートコントラクト)で考えられる一例の
ユースケース(外部提供機能)としては、
  ▼ ▼ ▼

暗号トークン作成
分散P2P取引所
透明性の高いトラストレス投票システム
マイクロレンディング(少額貸付)
ブロックチェーン上でのアイデンティティ管理
スマートIoT(スマートコントラクトで自律的に動くIoT)

Rootstockプラス特徴

Rootstockは、オープンソースのスマートコントラクトプラットフォームです。イーサリアムDappsのインターフェースと完全に互換静があり、ビットコインをネイティブ通貨として採用しています。Rootstockのスマートコントラクトは、マイクロペイメントやエスクロー、クラウドファンディング、トークン発行、分散型送金、知財権保護、投票、マイクロ融資、物流追跡、与信管理、電子ID、ゲーム内通貨、予測市場のようなあらゆるアプリケーションを構築できます。

詳しく解説すると、とても難しくなりますので、簡単にご紹介します。

Rootstock will exist as a Bitcoin sidechain.

Rootstockは、ビットコインの側鎖(サイドチェーン)として存在します。

But in summary a sidechain is a blockchain that is separate from the main Bitcoin Blockchain, but assets can be transferred back and forth.

側鎖(サイドチェーン)は、ビットコインブロックチェーンから、
分離されているブロックチェーンですが、「資産は双方向に」
コイン交換ができるということです。

ビットコインのロックインなしでRootcoinを作り出すことは不可能なので、開発者権限でRootcoinを生成したりすることは出来ません。(つまり理論上Rootcoinの最大供給量はビットコインと同じく2100万Rootcoinです)
RSK relies on a fundamental design choice: it must allow merge-mining with Bitcoin.

ビットコインとマージ・マイニングを許可する。つまり
メインチェーンといいますが、ビットコインのブロックチェーンの
マイナーにサイドチェーン上の承認処理もしてもらいます。

Ethereumとの比較

Ethereumと比較したRootstockの最大の強みは、ビットコインのブロックチェーンのセキュリティや安定性・実績を利用したスマートコントラクトプラットフォームだということ。
理論上はRootstockもEthereumも同様のスマートコントラクトを実行できるようだが、Ethereumがブロックチェーンのセキュリティと安定性が批判されるのに対し、Rootstockの仕組みが上手く機能すれば、Ethereumより高次なセキュリティと同様の柔軟性や拡張性を実現できると考えられる。

まとめに

We believe in Bitcoin.We support the Bitcoin community and we want to continue the legacy of Bitcoin´s pioneers.

出典:RSK

私たちは、ビットコインを信じています。
そして、ビットコインのコミュニティをサポートし、
Bitcoin'sの先駆者の遺産をつないでいきたい。

“Best of Bitcoin (currency and settlement system) + best of Ethereum (smart contract programming environment).”

「ビットコインの通貨と決済システム+イーサリアムのスマート契約プログラミング環境」最高の融合

もしかしたらRootstockはビットコインの様々な問題を解決し、同時にEthereumを潰す存在になるかもしれません。

【太っ腹企画】チャンス!視聴者全員に5000円分仮想通貨をプレゼント

【視聴無料】あなたの資産を10倍にする!               仮想通貨オンラインセミナーのご案内↓↓↓↓↓

知ることからはじめませんか?お金の概念がかわるかもしれません。

今さら聞けない仮想通貨の初歩の初歩を【無料】で学べるチャンスです!▼「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連記事:よろしければこちらもご覧くださいね

関連するまとめ

日銀とECBが共同で研究を発表|仮想通貨の基盤技術である“ブロックチェーン”活用

日銀が欧州中央銀行(ECB)と、仮想通貨の基盤技術である“ブロックチェーン”活用による共同研究プロジェクトを…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5286 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽