ビットコインが好きな方はより好きに
そうでない方は認めてやってもいいか!に
気持ちが変わるかもしれません。

2008年10月

中本哲史(Satoshi Nakamoto)と名乗る人物がインターネット上に投稿した論文によって、提唱されました。

論文『Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System』
(ビットコイン:P2P 電子マネーシステム)

この論文の内容を簡単に紹介すると、従来の管理者が通貨を発行するという仕組みではなく、P2Pの仕組みを利用して分散処理し、
暗号化の技術と組み合わせることで、ビットコインの信頼性を担保するというものでした。

△上記の考え方に、多くの研究者やプログラマーが触発されたと言います。
ここからたった3カ月後には▽

2009年1月

ビットコインの理論を実現するためのソフトウェアがオープンソースで開発され、公開されました。そしてすぐに、ビットコインの最初の取引が行われています。
開発者や、この時からビットコインを所有している人たちは、膨大な価値を持ったビットコインを所有していると言われています。

「ナカモト サトシ」が世界で最初のビットコイン所有者

ただし、最初は経済活動をするというものではなく、
この論文のビットコインが仮想通貨として機能するのか、
問題点はないのかといったことを検証するために、ゲームのようにスタートしました。

2010年2月に初取引所~5月初取引

ビットコイン両替ができる最初の取引所が誕生しました。そして同年5月、はじめて現実社会でビットコインを使った決済が行われています。

取引所ザ・ビットコインマーケット(米ドル)

そのころは、実験に参加している人数も数百人レベルなので、『採掘』も簡単にできました。
かといって、1万ビットコインを持っていても、何の価値もなく、オモチャの子供銀行1万円札のようなものです。
ある時、あるエンジニアが、「誰かビットコイン1万枚とピザを交換しない?」と暗号化通貨のメーリングリストに、面白半分で投稿しました。このジョークを面白いと思った別のプログラマーが、ピザ屋に注文して家に届け、1万ビットコインと交換しました。

この取引が、ビットコイン史上初の商取引と言われています。

2010年7月「日本でビットコイン取引所Mt.Gox開設」

Jed McCalebにより、世界最大のビットコイン取引所へと成長していくMt.Goxがサービス開始しました。Mt.Goxの前身はトレーディングカードゲームマジック:ザ・ギャザリングのオンライン交換所でした。

同年11月にはビットコインの時価総額が100万ドルを突破したとされています。

2011年からは勢いが違います~成長期と反抗期の繰り返し

関連するまとめ

国家も止められない!ブロックチェーンってどれだけ凄いの?初心者に分かりやすく解説

仮想通貨を知ろうとするにあたり、「ブロックチェーン」という言葉はよく聞きます。 ブロックチェーンとは、仮想通…

ねもとあい / 924 view

仮想通貨本 面白そうな5冊をピックアップ!

仮想通貨本がたくさん出版されていますね!面白そうな5冊をピックアップしてみました!

仮想通貨マスター ケンちゃん / 1321 view

【無料】今さら聞けない?日本人のための仮想通貨入門

仮想通貨の基礎の基礎を学んでください。

仮想通貨まとめ編集部 / 113566 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽