IndieSquare少しだけおさらい編

モバイルのためのIndieSquareウォレットのセキュリティは、ほとんどのビットコインウォレットと比べても平均以上のものである。
このウォレットが厳格なクライアントサイドの暗号化を用いているだけではなく、ユーザーの秘密鍵を彼らのサーバーに置かないようにしている。しかし、このモバイルアプリ自体はオープンソースである。
IndieSquare Walletの共同創始者である東氏は「ブロックチェーン技術をセキュリティや一般的なスマートプロパティに適用することは今ホットな話題ですが、私たちは既にブロックチェーン上で発行、送受信を行うことができ、取引トークンとして動作するものをリリースしています。私たちはこれが本当に重要なトレンドの始まりだと信じています。」と述べている。
トークンとは代替通貨のようなもので、ビットコインのブロックチェーンを使って発行することができる。

△先日、IndieSquare Walletのアプリの中で説明していた文です。
今回は、もう少しだけトークンにも簡単に触れたいと思います。

トークンの発行にもカラードコインやカウンターパーティのようなビットコインのブロックチェーンとマイニングを利用したプロトコルもあれば、EthereumやNXTなどいわゆるアルトチェーン上でネイティブにトークンを発行できるブロックチェーンもあります。

ちょっと詳しい人でなければ最初から用語の意味がわかりませんね…
ただ、トークンを使ったプロジェクトの多くは
ビットコインのブロックチェーンを選んでいます。

なぜかといえば、ビットコインのブロックチェーンは、
現時点でも改ざんが困難だからです。

トークンは、ビットコインなどのような通貨ではありません。
じゃあ、トークンは何の価値があるものなのか?と聞かれると思います。
あれも、これもと一概には言えないものもあります。
実際に今発行されているトークンはどういうときにもらえ、どう使われているのか。

・ブログへの参加ポイント
・協力や応援や寄付をしてくれた感謝の印
・シェアしてくれたお礼

他さまざまな形式で付与しているとろこもあります。

ある程度集まったら何か景品に交換できるというものだ。

ここについては、トークン発行者もとによっても異なります。
ニュースがメールで配信されたり、
保有者全員に寄付の運用収益の50%以上を分配するというところも
みかけたことがありますね。

私が限定公開しているメルマガに登録できたり、ゲームアイテムを買ったり、私からコンサルやアドバイスなどのサービスをリクエストしたりすることが出来ます。

読者の方と、面白いことができるよう一緒に実験していければいいなと考えています。

可能性は大きくいくつもありますね。
ブロックチェーンとは何?
基本は簡単に知っておくだけでも
順番にわかるようになってきますよ。

もっとさらに詳しく知る前に
基本をのぞいてみませんか?

知ることからはじめませんか?お金の概念がかわるかもしれません。

今さら聞けない仮想通貨の初歩の初歩を【無料】で学べるチャンスです!▼「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連記事:よろしければこちらもご覧くださいね

関連するまとめ

仮想通貨決済はメリットある?クレジットカード決済との違いは?初心者向け

仮想通貨で決済をすることが、まだ一般的ではありませんが、よくクレジットカード決済との違いが比較されています。…

ねもとあい / 6610 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。

仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
4月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。