ビットコインはどこかの国やどこかの銀行やどこかの会社が管理している通貨ではありません。それだったら、一体、どこから発行され、世の中に出回っているのでしょう?
管理者がいないというのは、やり放題、不正し放題というイメージを想起しますが、これは誤解です。

銀行口座の管理システム図

下の図がイメージです。
お客様のパソコンがありますが、
ひとりひとりが中央の銀行(用語は違いますので仮定で銀行としておきます)と、
接続されています。中央が管理するシステムです。

顧客が誰かに振り込みをしたいと入力すれば、銀行のシステムがそれを受け付けて処理します。何かトラブルがあれば、銀行が解決します。
また、顧客はシステムに接続していろいろなことができますが、セキュリティについてどうなっているのか、他の顧客の口座残高はどうなっているのか、といった自分以外の情報については見られないようになっています。

仮想通貨ビットコインの管理システム図

ビットコインのシステムは下の図がイメージです。
先ほどの銀行が管理しているイメージ図と見比べてみてくださいね。

頂点に立って一元管理している管理者がいないことが分かります。全員が対等の立場に立ってやり取りします。

銀    行→ 管理者ひとりに対して複数が単独の線で結ばれているに対し、
ビットコイン→ 特別な管理者であるボス不在ですが、
        顧客がネットワークでみんなと繋がるイメージですね。

この性質から、ビットコインでは全ての取引が公開されています。どのビットコインアドレスからどのビットコインアドレスにいくら送金されたか、すべて確認可能です。この点が銀行のシステムと大きく異なります。

公開される?プライバシーもないということなら危険?
ここの公開には、もう少し続きがあります▽

仮想通貨ビットコインの取引履歴は危険?「ブロックチェーン」

ビットコインは、コンピューターのネットワークを利用して、管理する仕組みとなっています。ビットコインのすべての取引履歴は、ブロックチェーン(分散型ネットワーク)と呼ばれる、台帳に記憶されます。

ブロックチェーンという言葉をよく聞きますね。
ここで専門用語がでましたが、「すべて」が記録されるため、
逆に不正や二重取引ができないという透明性が特徴です。
だれが管理?管理者は不在で成り立つのは、
このシステムに参加している人たち全員が承認者だからです。

しかし、そのビットコインアドレスを持っているのは誰か?という情報については、全く公開されません。というのは、ビットコインアドレスに個人情報は全く入っていないからです。

記録は、ビットコインのアドレスで情報が残されます。
例でいえば、こんなよくわからない暗号のようなアドレスです▽

名前が「銀行 ビットコイン」さんであっても、
ビットコインアドレスで記録されるために

すべてが公開される透明性がありながら、
個人を特定するには難しい匿名性もあるということです。

(ビットコインアドレス:銀行口座でいえば、口座番号に相当します)

何度も同じアドレスが記録されたら誰かにバレてしまわない?

ビットコイン・ウォレットが生成したビットコインアドレスにビットコインを送付すれば、送付したビットコインの数量がウォレットの残高に反映されます。

ビットコインウォレットとは、ビットコインを入れておくお財布です。

しかし、次に同じウォレットにビットコインを送信しようと思ったときに、受け取り用のビットコインアドレスが別の受け取りアドレスに変わってしまっている場合があります。

先ほど例でご紹介した、長いアドレス
1Ac36kvu8AoYptuRNyrumTAKk2YFwKyrgTが
別のアドレスに変更されていることがあります。

これはなぜ起きるかというと、プライバシーを守るためにウォレット作者が便利機能として付けたからです。

そもそもビットコインを使ったトランザクションではプライバシーを守るために受け取りアドレスは毎回変えた方が良いのです。
むしろ、受け取り用アドレスが変わるのは良いことだと考えなくてはなりません。

ビットコインアドレスが変われば、他人には
自分のビットコイン残高を簡単に知られてしまうことがないよう
リスク対策となります。

まとめ

ビットコインを使って取引するサービスを提供する会社や、ビットコインの売買をする会社などがありますが、それらはビットコインのシステムそのものを管理・運営している会社ではありません。

誰かが管理をしているということではなく、
利用している全員で管理しているということになります。

銀行が無くても信用できると言われるのは、
このシステムがあるからですね。

Bitcoinにふれると、もっと先を見てみたくなりますね。

知ることからはじめませんか?お金の概念がかわるかもしれません。

今さら聞けない仮想通貨の初歩の初歩を【無料】で学べるチャンスです!▼「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

フィンテックは10年後、「すべて」の銀行業務を奪ってしまうのか?金融分野のフィンテッ…

日々開発が進む「フィンテック」が銀行の業務を奪うと言われています。 しかし、本当に銀行業務の「すべて」をフィ…

ねもとあい / 4412 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽