取引所で買ったり、誰かに貰ったりして手に入れたビットコインをどうやって使うの?
ウォレットに移動ってどこをみてどう動かすの?

ビットコインはそのまま使う事ができません。使うためには、「財布(ウォレット)」が必要になります。財布と言っても、私たちが普段の買い物で使っている長財布や小銭入れのことではありませんよ?財布という名前の「機能」のことです。

使わなくても、しばらく寝かせて持っているという方でも
取引所に預けっぱなしよりも安全性の高い各ウォレットで保管することをお勧めします。

では、ビットコインを誰かに送ったり、ビットコインを使って何かを買ったり、サービスを受けるにはどのようにしたらいいのでしょうか?

補足ですが、ビットコインを欲しい!と思われた場合に
ほとんどがビットコインを取り扱う取引所か販売所を使います。

・販売所でアカウントを作成
・販売所に入金し、ビットコインを買う
・そのまま販売所の口座にビットコインを入れたままにする
     ▽▽▽
あずけたままではビットコインを「使う」ことはできません。
そのためにお財布といわれるウォレットを作ります。
ほとんどが携帯電話にアプリを入れて
販売所にあずけているビットコインを自分のアプリに移動させます。
いわゆる引き出しをするということです。

投機目的の場合で使わずに持っているだけ!というのであれば
また別のウォレット管理をするほうが安全です。
最近では取引所の口座に最低数のビットコインを置いておけば
毎日のログインボーナスや定期扱いの利息をつけるサービスが
各所で展開されています。
銀行の法律ではありませんので、
万一取引所に何かあった場合に補償がありません。
こちらは各所記載事項を確認しておいてくださいね。
ここでは一般的に使うということでご紹介です。

それにはまず、ビットコインアドレスと秘密鍵の2つのキーワードを知っておくことからはじめましょう。

ビットコインアドレス

個人に割り振られるメールアドレスのようなものです。実際には、長い文字列でウォレット ID が表現されます。
そのままでは覚えにくいため、個人間送金が難しくなります。そこで、一般的には ID を短縮したコードを用いたり、スマートフォンで読み取れる QR コードに変換したりして、交換します。
ビットコインを送る場合は、送付先のビットコインアドレス(1Q4G2h9ooipkoUi9AWTnD8EmwaNErbq9ccのような自分のウォレットを特定するID)を直接入力するか、QRコードリーダーで送付先のアドレス情報を読み取る。特に店頭での支払い時などは、QRコードリーダーによる送付先アドレス情報の読み取りが非常に便利な機能になる。

△は、皆さんに見ていただくために
私個人でスマホに簡単なインストールをしたウォレットです。
左図の右上の黒〇「受け取り」をタップすると右図の画面がでてきます。
自動的にORコードと、緑〇で囲んでいるビットコインアドレスがでてきます。

取引所にログインし、緑色〇の自分ビットコインアドレスに送金する手続きをとります。
反映されると、左図のオレンジBマークに送金したビットコインが表示されます。
細かい手数料やその他の表示は取引所やウォレットによって若干異なります。

例えばこれは私のビットコインアドレスのうちの1つです。
1FHUat6tbTnLSCSgsrYcUDRCVTbYK1vCFV

△見ていただくと複雑なアドレスであることがわかります。
大文字小文字数字…自分自身でも認識が難しい文字列になっています。
入力間違いにならないようにコピーを使ったりORコードを使いますが、
できましたら、送金手数料がかかってしまっても、
一度少額だけをビットコインアドレスにお試し送金をしてみることをおススメします。
機械の行うことですので、認識できない・電波の関係ほか
様々なことが起きないとは限りません。
大事な価値あるビットコインを送る際には慎重に行うことにこしたことはありません。

補足:財布(ウォレット)でビットコインを購入できる

補足)通常は財布(ウォレット)として出し入れするものですが、
ウォレット機能とビットコイン購入ができるものもあります。

通常ビットコインを購入するには、ウォレットの用意とは別にビットコイン交換所にアカウントを開設して購入するなど煩わしさがあるが、ビットバンクウォレットはウォレットから直接ビットコインを購入できる(本人確認手続きは必要)ので、初めてビットコインを持ってみたい方にはオススメのウォレットとなる。

ビットコインアドレスは誰かに公開するの?

●世界中の友だちや家族から送金を受けるとき(仕送りなど)
●寄付を受け付けるとき
●商品販売や有料サービス利用料の入金先として
●給与や報酬の入金先として

など

※取引所によっては入金先アドレスが変わる(変えられる)こともあるので注意してください。

秘密鍵(暗号鍵)

秘密鍵は、暗号学的署名を通して、あなたが特定のウォレットからビットコインを支出する権利があることを証明する秘密のデータの一部です。
ソフトウェア・ウォレットをお使いの場合、あなたの秘密鍵はあなたのコンピューターに保管されています。ウエブ・ウォレットをお使いの場合は、遠隔サーバーに保管されています。

秘密鍵(暗号鍵)は、例でいいますと、

パソコンにインストールして使うソフトウェアウォレット
   ▽
パソコンのハードディスク内に保存されています。

ウェブウォレット
   ▽
業者が管理

秘密鍵は、特定のビットコイン・ウォレットにビットコインを支出することを許可するものですので、決して他人に洩らしてはいけません。

ビットコインの使い方

現在日本でも店舗決済が徐々にではありますが進んでおります。
店舗にてQRコードを撮ることで送金が可能です。

ビットコイン支払い可能店に行くと、
会計時に店の決済画面を表示されます。
ORコードをスマホで読み込み、金額が正しければ
スマホにいれたアプリ(ウォレット)から
ビットコインを送金するという簡単なものです。

思っていたよりもシンプルでしょうか?
言葉が聞きなれないことと、
操作が面倒だと思いがちです。
今は選択できるようになりましたので
安全性とご自身にあった方法をみつければ
スムーズな操作で利用できますね。

ビットコインで支払うと自分の目で
金額やビットコインの残高など確認できます。
クレジットカードのように後日になって
これ、どこの支払いだっただろうと?
ということがありませんね。

知ることからはじめませんか?お金の概念がかわるかもしれません。

今さら聞けない仮想通貨の初歩の初歩を【無料】で学べるチャンスです!▼「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連記事はこちらから!よろしければご覧くださいね

関連するまとめ

2030年には備蓄通貨となるかもしれない!2017年ビットコイン取引高が大きく伸びる…

2017年ビットコインの取引高が大きく伸びることが予想されています。その理由はなんでしょうか? また、ビット…

ねもとあい / 4042 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽