大規模なBitcoinの採掘施設ってどんな施設なんでしょうか?

中国の『秘密』採掘(マイニング)施設
後でご紹介しますが、360°の動画で見学していただけます。

中国のとある小さな町に存在するこの採掘施設。場所は秘密ですが、とても山高いところに位置しているため取材した記者は酸素缶をもっていかなくてはならなかったとか。
中国政府に見つからないように、攻撃されないように、施設の在り処を明かさない理由はいろいろと考えられる。
BBC Futureの記事によれば、秘密にしている理由は、巨額の仮想通貨がこうして生み出されている状況にあっても、国の管理の手はまだ仮想通貨に届いておらず、中国政府はBitcoinに対してまだ公式的には良しとも悪しともしていないため。

ビットコイン取引を一度禁止をした中国政府ですが、
昨年は非公式に許可したというニュースが流れました。
何故禁止をしたのでしょうか、非公式に認めざる得ないのでしょうか。
まずは気になる巨大な施設を見学してからご案内いたします。

巨大・巨額「採掘(マイニング)施設」中国Bitcoin秘密基地~YouTube(約3分)360°探検

360° Chinese Bitcoin Mine - Brit Lab - BBC Future - YouTube

出典:YouTube

中国の施設はこれだけのものを、また作ろうとしている…

政府に見つからないようにマイニングしている施設。
いつまでビデオが公開されているかわかりません。
実際に自分で採掘(マイニング)している日本人は
本当にひとにぎりの方々でしょう。
マイニングされている状況を目にできるチャンスは
そうそうないかもしれません。

この採掘施設は2年前に建てられ、その中では「デジタル時代の鉱山労働者」ともいえる人々が寮で共同生活を送り、日々Bitcoin採掘に精を出しています。
そんな鉱山労働者たちは元農家や大学新卒者たち。この採掘施設などを運営する「Bitbank」のオーナーのChandler Guoは30歳の男性で、家族が肉牛飼育場を持っており、その利益で裕福になり、Bitcoinに投資したんだそう。

日々大金を採掘(マイニング)しているのでしょうか。
しかも、これだけではなく▽

Guoは中国国内に2つの採掘施設をすでに建てていますが、今度は全世界のBitcoinの30%以上を採掘するという世界最大の採掘施設を作る予定とのことです。

中国の対応「仮想通貨ビットコイン」との関係

「2013年の12月18日、チャイナショック」
2013年に中国の銀行は、金融機関でのビットコインの使用を
禁止したとニュースが流れ一時ビットコインが暴落しました。

しかし、ビットコインはいまでも中国で扱われ続けています。銀行がビットコインのビジネスを行うことが禁止されただけで、取引所への人民元の入金は再開されたのです。

以前諸外国のビットコインを使えるお店数をご案内いたしました。
中国には使えるお店がなかったのは、公的に認められていないためです。
しかし、利用者数・利用量は多く、見える部分と隠されている部分に
別の世界があるとわかります。

中国がビットコインの使用を禁止した理由としては、国家権力が損なわれてしまうためです。

中国の元に不安と安定がないからだとも言われています。

関連するまとめ

投資詐欺に注意!!仮想通貨ビットコインを利用する手口|中国で被害16.8億円以上“日…

仮想通貨ビットコイン市場に、投資詐欺の動揺が広がっています。発表されているのは「中国」ですが、日本でも怪しい…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 9386 view

NEC「FinTech(フィンテック)事業開発室」新設! 金融サービスと金融包摂含む…

NECが「FinTech(フィンテック)事業開発室」を新設する発表をしましたね。ファイナンシャル・インクルー…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2082 view

仮想通貨ビットコイン円より強い!!|Bitcoin3つの急伸材料はイギリス・中国ほか

ビットコインが急騰しており、日本円では70,000円台の壁を超えましたね。日本経済新聞では「ビットコインは円…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4483 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽