大手コンサルのデロイトが、ブロックチェーン技術を活用した銀行を構築するプロジェクトを進めていることが明らかになった。
ニューヨークに本拠を置くイーサリアム(Ethereum)基盤のブロックチェーンプラットフォームを提供するConsenSysと提携し、金融関連企業30社と取り組む予定だ。
声明においてデロイトは、「uPort」「Balanc3」の技術を用いることを発表した。

  ▽ ▽ ▽

「uPort」 個人認証を提供するソリューション
「Balanc3」ビットコイン型の三式簿記を提供するソリューション

提携先のConsenSys

提携先のConsenSysは、金融機関や企業を主なクライアントとし、イーサリアムを中心とした様々なブロックチェーン基盤システムを開発する企業だ
既にマイクロソフトと提携し、Microsoft Azureを通じたブロックチェーンSDK「BlockApps Strato」をグローバル展開するなど精力的な活動を行なっており、また5月25日に記者発表が行われたブロックチェーン推進協会(BCCC)の発起会員のうちの一社でもある。

昨年発表されたマイクロソフトとの提携は、クラウドサービス「Microsoft Azure」上に、
簡単にイーサリアム・ノードのサンドボックス環境を立ち上げられるというものです。
3月末には、イーサリアムブロックチェーンを利用した
アプリケーションを構築できるようになったと発表されました。

イーサリアム(Ethereum)技術を用いるプロジェクトの狙い

デロイトによれば、本プロジェクトの狙いは金融関連のコア業務を根底から見直し、ブロックチェーン技術による業務改善のためのコンサルティングを行うこと。これには業務領域の縮小や融資効率化も含まれる。
「ブロックチェーン技術の活用によって、新たな銀行フレームワークがよりreliableかつセキュアなinteractで開発できる」と声明の中で語った。
さらに、もうひとつの狙いとして、資産やコラテラル管理にもブロックチェーンが活用できると述べた。ブロックチェーン技術とIoTを組み合わせることで、不動産など現実資産のリアルタイムデータを監視できるようになる。

銀行は広い業務領域を取り扱えるようになるだろうと話しています。

「我々とデロイトのコラボレーションは、我々が取り組むブロックチェーンシステム(レンディング、債権市場、エスクロー、三式簿記、個人認証)に多大な機会をもたらすでしょう。そして、金融サービスにおいて破壊的ソリューションを顧客に提供できます。」

今さらかもしれませんが「簡単」Ethereum(イーサリアム)とは?

仮想通貨イーサ(Ether)は、急成長していることで有名ですね。
ホリエモンさんも何度か話題に残しているため、
聞いたことがあるという方も多くなりました。

では、Ethereum(イーサリアム)については?
少しだけ簡単に載せますね。ご存知の方は読み飛ばしてください。

Ethereum(イーサリアム)とは、ブロックチェーンにスマートコントラクト(契約情報)を記述する仕組みやのことを指す。

関連するまとめ

イーサリアムはビットコインに続くコインとなるのか?

イーサリアムがビットコインに続き時価総額2位に浮上後も高等を続け、遂に1,000億円を突破しました。これから…

図子利昭 / 2669 view

THE DAO事件真相|仮想通貨イーサEthereum不正送金報道解釈相違

仮想通貨Ethereum「イーサ」、52億円相当が不正送金(米紙報道)は、仮想通貨の基本知識が難しいため誤っ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2250 view

イーサリアム高騰中!60倍まで上昇してますよー!

ビットコインの再来か!今、イーサリアムが熱いです!

仮想通貨マスター ケンちゃん / 1751 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽