クリプトカレンシータイプの仮想通貨

ビットコインなどはこのタイプの仮想通貨に属します。

主な特徴一例

●発行者がいない。
●コンピューターによる採掘により供給量が増える。
●供給量(発行数)は上限があり人間が変更することができない。

【発行者がいない】
政府や中央銀行といった発行者(管理者)がいません。

【コンピューター採掘マイニングで増える】
コンピューターを利用して管理させ採掘により供給量が増えます。
   ▽ ▽ ▽ 

採掘するタイプの仮想通貨は供給量が増える方法にコンピューターのアルゴリズムを採用しているものを指します。

【供給量に上限・変更不可】
発行数は上限があり人間が不正な複製や変更をすることができない信用力があります。
   ▽ ▽ ▽

つまり、決められた仕組みに基づいて供給量が増えていくようにあらかじめプログラミングされているので、人間の力でそれを捻じ曲げることができません。
ビットコインの供給量はどう頑張っても約2100万単位を超えないように設計されているので、採掘され尽くしたら、あとはトレードやトランザクションを介してしか手に入れられなくなります。

代表的なカレンシータイプ

ビットコイン(Bitcoin)
イーサリアム(Ethereum)
リップル(Ripple)
ライトコイン(Litecoin)
ダッシュ(Dash)
ネム(NEM)
ビットシェア―ズ(BitShares)

アセットタイプの仮想通貨

アセットとは直訳すると”金融資産”という意味になりますが、ここでは「株式」と表現したほうがわかりやすいかもしれません。

主な特徴一例

●発行者がいる。
●供給量は開発元が決めることが出来る。
●発行数の上限があっても後から変更することが出来る。
株式の世界では株式会社が株式を発行します。株式会社は発行済み株式以外にも株式を無から作り出して市場で売ることで増資(資本金を増やすこと)したり、自社株買いをして消却することで発行済み株式の供給量を減らしたりすることができます。

関連するまとめ

仮想通貨は消費税の課税対象!取引したら誰でも消費税を納めなきゃいけないの?

改正資金決済法によりひとつの決済手段として認められた仮想通貨。同時に、消費税の非課税項目に該当しないため、消…

すずきまゆこ / 455 view

仮想通貨はもうなくならない?

仮想通貨が開発された今と今後は?

仮想通貨のmiracleさん / 539 view

「FX」「ポイント」大好き日本が中国の仮想通貨市場を超える?!

日本ではまだあまり普及していない仮想通貨ですが、今後は中国を超えるのではないかと、専門家の間では話題となって…

Rie Yamauchi / 411 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽