かんたんに採掘(マイニング)をおさらい

発掘というのは、実際には取引記録の承認作業のことです。

さらに具体的にいうと、ブロックという取引記録が100~1000個ふくまれたものを、過去から綿々とつなぐ唯一ビットコイン元帳に、正しく記帳してあげる作業のことです。
そこで、ビットコインでは、この追記作業に有志のコンピューターリソースを借りています。余っているコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算を行い、みんなで共有する1つの大きな取引台帳に追記を行っているのです。
その記帳に成功したひとが、報酬としてビットコインを新規に生成して受け取るのです。これが発掘といわれるものです。

ポイント

通貨としてのビットコインの新規発行は、この採掘(マイニング)を通じてしか行われません。そのため、ビットコインの発展を信じる人達が、次々と採掘活動(=1つの大きな取引台帳の更新作業)に力を注いでいるのです。

ビットコイン発掘量の定め

法定通貨は中央銀行や政府が自由に発行量を調節できますが、ソフトウェアでもあるビットコインの場合は、既にプログラム内のコードによって発行上限が2,100万BTCであると決められています
上グラフのとおり、発行スピードも決められています。最初は約10分ごとに50BTCが発行され、さらに約4年ごとにその発行量が半減され(半減される日付を半減期と呼ぶ)、最終的に2140年には2,100万BTCになりビットコインの発行が終了することになっています

実際には、最終日というのは確定ではありません。
ビットコインの利用者の参加ペースにより、
発行スピードがかわりますので、
グラフよりも早いペースで発行が進んでいるといわれています。

仮想通貨ビットコイン~採掘(マイニング)期間と発行枚数の関係

これはごく短い期間で発行数がドーンと増えてしまうとインフレになり、ビットコインの価値が一気に下がってしまうので、そのような混乱を回避することも考えて作られています。

採掘によって発行される量も調整されており、混乱が生じることを避けて作られています。

ビットコインは、最大発行量が2,100万BTCです。
到達後は、それ以上は新しくビットコインは誕生しないということになります。

上限があるというのは、金でも同様であり、ビットコインは金とよく似ていると言われるゆえんの一つでもあります。また、すでに発行量が決められているというのは、国がビットコイン基準の物価を調整できないということでもあり、円やドルにビットコインがとって変わる、という可能性は低いと言えるでしょう。

仮想通貨(ビットコインとアルトコイン)の分類とコイン発行上限一例

関連するまとめ

仮想通貨本 面白そうな5冊をピックアップ!

仮想通貨本がたくさん出版されていますね!面白そうな5冊をピックアップしてみました!

仮想通貨マスター ケンちゃん / 1097 view

5年後の就活は必須になるかもしれない仮想通貨技術の資格!世界と日本の教育の違いとは

まだまだ日本ではなじみの薄いビットコインやブロックチェーンをはじめとする仮想通貨技術ですが、これからの時代を…

ねもとあい / 941 view

仮想通貨は消費税の課税対象!取引したら誰でも消費税を納めなきゃいけないの?

改正資金決済法によりひとつの決済手段として認められた仮想通貨。同時に、消費税の非課税項目に該当しないため、消…

すずきまゆこ / 575 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽