仮想通貨の市場はビットコインが8割を独占しています。
残りの市場をビットコイン以外の通貨がひしめきあっていますが、
先日は、Ethereum(イーサリアム)が急騰し話題を呼びました。
他にも、Ripple(リップル)、Litecoin(ライトコイン)など
有名な仮想通貨もありますね。

さらりと知るアルトコインまとめを、ご案内いたします。

アルトコインとは?

アルトコイン(または、オルトコイン)とは、alternative coinの略(=altcoin)で、直訳で「(Bitcoinの)代わりとなるコイン」という意味です。
ビットコイン以外の仮想通貨(暗号通貨)のことを指します。
ほとんどのものはビットコインを元にしたものであり、根本的な仕組みはビットコインと変わりません。

ほとんどのものはビットコインを元にしたものとありますが、
「ビットコイン2.0」「暗号通貨2.0」次世代と呼ばれるものもあります。

ビットコイン2.0とは、ビットコインで使用されている技術(ブロックチェーン)等を応用して、通貨以外の役割・機能を持たすことを主目的とした技術・プロジェクトのことです。

▽独自の技術(ブロックチェーン)等を利用するものの一例として

・Ethereum(イーサリアム)
・Ripple(リップル)
・Bitshares(ビットシェアズ)
・Nxt(ネクスト)
・NEM(ネム)
・Stellar(ステラ)

他は省略しますが
ビットコイン2.0の数は多くあります。
また、ビットコイン2.0の分類には
様々な方法があると考えられます。
さらりと参考程度で認識くださいね。

またコインを価値の交換以外に使われる用途を持ったコインは機能性コインとも呼ばれ、Ether、Augur、Nameコインなどがあります。

アルトコインの時価総額ランキング20位

仮想通貨は、世界中で1,000種類以上ある(あった)とも言われていますが、
残念ながら、ほとんどは全く価値の無いコインとなっています。
現在も日々多くのコインが誕生していますが、
そんな中で確実に人気を集めている主ともいえるアルトコインもあります。

上位20位までですが、時価総額が発表になっていたのでご紹介します▽

20位 Scotcoin(SCOT) 526万7764ドル/約5億7587万円
19位 Namecoin(NMC)622万8469ドル/約6億8090万円
18位 Nxt(NXT) 696万4158ドル/約7億6132万円
17位 Bytecoin(BCN) 703万5520ドル/約7億6912万円
16位 Synereo(AMP) 704万6650ドル/約7億7034万円
15位 FedoraCoin(TIPS) 831万2928ドル/約9億952万円
14位 Emercoin(EMC) 923万7731ドル/約10億1070万円
13位 Peercoin(PPC) 1003万6649ドル/約10億9781万円
12位 Stellar(XLM) 1050万3029ドル/約11億4882万円
11位 BitShares(BTS) 1128万3393ドル/約12億3350万円

10位 Monero(XMR) 1201万4416ドル/約13億1341万円
9位 Factom(FCT) 1261万2205ドル/約13億7877万円
8位 NEM(XEM) 1297万4669ドル/約14億1839万円
7位 Dogecoin(DOGE) 2375万6363ドル/約25億9705万円
6位 MaidSafeCoin(MAID) 3585万1575ドル/約39億1929万円
5位 Dash(Dash)4032万8182円/約44億868万円
4位 Litecoin(LTC) 1億4866万ドル/約162億3500万円
3位 Ripple(XRP) 2億2821万ドル/約249億2322万円
2位 Ethereum(ETH) 7億1317ドル/約778億8540万円)
1位 Bitcoin(BTC) 66億4087万ドル/約7252億4917万円

比較のためにビットコインもご紹介しますが
1位のビットコイン時価総額は市場を独占しています。

時価総額20位までには若干とどかずランクインしていませんが、
Monacoin(MONA)モナーコインも有名ですね。
(モナコインとも呼ばれています)
ホリエモンも紹介していましたが、
2chから生まれた日本初の暗号通貨です。

アルトコイン発行上限

通貨の総発行量のことです。BitcoinやLitecoinのように発行量に上限があるデフレ通貨と、PeercoinやDogecoinのように発行量に上限のないインフレ通貨の、大きく二つに分類されます。

アルトコインの中でも発行量に上限があるもの「デフレ通貨」
        〃     上限がないもの「インフレ通貨」

※ビットコインは2,100万BITと決まっています。

アルトコインの入手方法

国内取引所
bitFlyer - Ethereum(ETH)
BtcBox - Litecoin(LTC), Dogecoin(DOGE)
coincheck(販売所形式) - Ethereum(ETH)
Zaif - Monacoin(MONA)
Kraken - Litecoin(LTC), Namecoin(NMC), Dogecoin(DOGE), Stellar(XLM), Ripple(XRP), Ethereum(ETH)
Quoine - Ethereum(ETH)
もなとれ - Monacoin(MONA), Litecoin(LTC), Primecoin(XPM), Kumacoin(KUMA), Ringo(RIN), Sha1coin(SHA)
海外取引所
Shapeshift(自動販売所形式)
Poloniex
Bter
Bittrex
C-Cex
Vircurex
主に上記のような取引所があります。ほとんどの場合、各アルトコインの公式サイトに取扱っている取引所へのリンクが掲載されていますので、公式サイトも参照してください。
一部の取引所では現金の入金も可能ですが、ビットコインとの交換で入手するのが最も一般的といえます。

関連するまとめ

盗難された仮想通貨は雑損控除できるのか|可否判定とその根拠について

仮想通貨でトクする人がいる一方、ソンする人も少なからずいます。単に価格の下落で損が出ただけでなく、盗難などで…

鈴木まゆ子 / 2072 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽