仮想通貨ビットコインはどこで買える?

ビットコインを買う)5つのルート

①取引所でを利用する
②販売所を利用する
③個人取引を利用する
④マイニング(採掘)
⑤労働報酬・交換サイトでもらう

①~⑤の中で、初めてのビットコイン入手を
不安なくわかりやすい購入方法は①②が一般的です。

もっとも代表的な手段はビットコインの取引所や販売所を利用することだ。

日本のビットコインの取引所・販売所は進化しており、
取引量が十分にあります。
初心者さんでも利用しやすくなっています。
初めての方に①②をご案内いたします。

ビットコイン①取引所②販売所を利用する

ビットコインの購入は「販売所」もしくは「取引所」でできる。「販売所」は運営側が決めた固定価格で常に取引をするのに対し、
「取引所」は買い手の希望する価格で売り手が現れるのを待つかたちになる。
取引所が販売所も運営しているケースも多いのだが、販売所と取引所の違いがわかりにくいかもしれない。FXでチャートを見ながら外貨を買うのと、レートが固定された両替所で外貨を買うのとの違いをイメージすればわかりやすいかもしれない。

日本にはいくつか取引所・販売所があります。

・bitbank
・bitFlyer
・Btcbox
・coincheck
・Zaif

※順位不同

※上記の中でビットコインFX
最大20倍のレバレッジ取引、追証なし(国内唯一)は▽

ビットコイン購入まで~取引所・販売所での一般的な流れ

一般的に共通することは、購入にはアカウント作成が必要です。
取引金額等に応じて、多少の違いはありますが、▽

免許証など本人確認ができる書類も提出する。

IDセルフィー(本人確認書類と一緒に写す)

名前やメールアドレス、住所などの個人情報を入力した後、
暗号通貨を保管する電子財布「ウォレット」を作る。

購入するビットコインを入れておくお財布のことです。

銀行からの送金を通して証券口座に預金するように、自分のビットコインの口座に入金します。
そして運営側の指定する口座にデポジットとして必要な資金を入金すれば電子財布にコインが入り、「入金」となる。

各取引所・販売所で、指定銀行口座を設けている場合があります。
指定銀行であれば手数料が安く済みますので利用する場合は銀行口座開設も必要です。
「入金」とは混乱しそうですが、購入したビットコインが入り入金という意味ですね。

取引所・販売所へ個人情報をどこまで登録しなければならないの?

取引ごとに、あなたが提供する個人の情報量に基づいて、取引できる金額の範囲が決まってきます。
ある程度あなたの情報を取引所に知らせることで、取引にかかる規制は緩くなる場合が多いです。
例えば、一日に最高5万円を引き出すだけなら、自分の携帯番号を提示すれば良いだけなのですが、500万円を引き出したい場合、自分の銀行口座や写真付き身分証明書、住所を確認できる情報を提示しなければなりません。

知らない人といきなりお金の取引をできないということと同じですね。

関連するまとめ

なぜ仮想通貨が話題なのか?! ブロックチェーンの衝撃と資産形成

マイナス金利の導入やEU離脱問題により、仮想通貨に対する関心が高まってきました。 なぜ仮想通貨が話題なのか?…

Rie Yamauchi / 4186 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


2018年3月3日 場所:札幌でセミナーで登壇したします。
ご都合があいましたら、ぜひご参加ください。初心者さんの中の初心者さんむきです。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/03/03_3/index.html