昨年、安倍内閣が述べた「一億総活躍社会」
「国内総生産600兆円」ほかは知っている国の財政

歯止めがきかない少子高齢化
結局は老後も働き続けるのでしょうか?

恐れる働きざかり世代が急増し、
本音は「もう働きたくない」
日本株式会社の破綻不安はわかる。
でも老後の生活もできない保証で
どう生きていくべきなのだろうか。

自分の人生をおくるために
本音の声をおとどけいたします。

「一億総活躍」を恐れる人が急増中!
〜60歳過ぎたら、もう働きたくありません…
人手不足や、年金の先行きが厳しいことは、よく分かる。60過ぎても70になっても「活躍」しろというのも、正論だ。
でも、今までだって必死でやってきた。もう休ませてくれてもいいじゃないか。

昔は企業戦士という言葉もありました。
何十年社会で働き続け、定年を目途に
自分のしたかったことで生きたい、休みたい。
そう思うのは普通のことでしょう。

悲痛な声が聞こえてくるのは気のせいではありません。
しかし、目の前におかれているものは厳しい状況。
見たくないものを直視しすることも勇気になります。

「一億総活躍」~苦しめる声

「『65歳まで定年延長』なんて、私にはいい迷惑ですよ。60歳過ぎたら、きっぱり会社とは縁を切るつもりだったのに」
高齢化高齢化と耳にタコができそうな昨今、「60歳で定年」というかつての常識は、もはや過去のものになりつつある。
安倍総理は2月末の政府会議で、こう述べた。

〈65歳までの定年延長や65歳以降の雇用継続を行う企業などに対する抜本的な支援・環境整備策のパッケージを、『ニッポン一億総活躍プラン』の策定に向けて、政府を挙げて検討いただくようお願いします〉

「65歳定年制」を本格導入する大企業が増えています。
聞こえはいいのかもしれない、ですが現実は違う。

話している男性は
60歳からは給与が半分、残業代はでない。
しかし今の時点で年金が65歳からのため
家族からは働いてくれと言われていると続けています。
高齢者が高齢者を介護する老後の親の心配もあります。

年金では生きていけない、直面する「お金」の問題もあります。

だからこそ、今になって後出しジャンケンのように『もっと働け』と言われても、乗る気にはなれません」
だが今となっては、「悠々自適の老後」など、時代が許さない。「60過ぎたら、もう働きたくない」—と願うことは、まるで「罪」であるかのような空気が、この国を覆ってしまった。

老後の生活費 「家計調査年報」 平成26年

関連するまとめ

仮想通貨の保険サービスで盗難補償|三井住友海上とbitFlyerが共同開発で安全整備

取引が伸び続ける“仮想通貨”を安心して利用できるように整備され始めました。仮想通貨取引所などの事業者を対象に…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3934 view

どうする? 投資すべきか? ビットコインを検証する

投資家たちが動いている。今がその時なのか? 検証材料はいくつ必要でしょうか。

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1511 view

仮想通貨がエンタメに進出|テックビューロが経済系テレビ番組にブロックチェーン技術を提…

ネットの世界やニュースなどで話題にされることが多くなったブロックチェーン。 ついに、TVのエンタメ番組にブロ…

すずきまゆこ / 1312 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽