中国でも2013年に大ブームを巻き起こしたが、規制強化を機に急落し、数多くの投資家に打撃を与えた。ここにきて人気が再燃しており、当局の出方に注目が集まる。果たして歴史は繰り返すか。

出典:日経新聞

世界のビットコイン取引の7割を占めるとされるのが対人民元の取引だ。

出典:日経新聞

1度目のブームは「投機」だったが、今回の2度目は「逃避」といえよう。

出典:日経新聞

今年1月、人民銀は「デジタル通貨の発行を早急に検討する」と発表。

出典:日経新聞

政府によるデジタル通貨の運営はすでにエクアドルで例があるが、経済規模がケタ違いに大きい中国での導入となると、話が違ってくるのも事実。官製デジタル通貨とビットコインの攻防の行方は予断を許さず、ひょっとするとまた大どんでん返しがあるかもしれない。

出典:日経新聞

今さら聞けない仮想通貨の初歩の初歩を【無料】で学べるチャンスです!

下の画像をクリックしてお気軽にご登録ください。

関連するまとめ

ビットコインのお財布!Bitcoinウォレット種類まとめ

ビットコインを利用するには、まずはじめに『ビットコインウォレット』の作成が必要です。いわゆるビットコインを入…

都丸美由紀 / 13635 view

仮想通貨のサイバー犯罪!PCやスマホをランサムウェアから守る方法とは

PCやモバイル端末のファイルにロックを掛け、使えなくし、再使用したいなら「身代金を払え」とう悪質なものが、2…

ねもとあい / 897 view

仮想通貨Bitcoin人気は終わらない“Google検索増”とトレーダー移動|中国の…

中国の仮想通貨交換所が停止されることで一時不安を抱いた方もいたかもしれません。しかし、何も不安視することはな…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8399 view

関連するキーワード

仮想通貨マスター ケンちゃん

↑↑↑【無料】仮想通貨入門講座はこちら↑↑↑

こんにちは ケンちゃんです。
日々、仮想通貨のマイニングや取引をしながら
ワクワクしながら、仮想通貨のインサイダー情報を
探すことが最近の日課になっています。

まだまだ仮想通貨って何っていう人は多いですが、
これから金融激変の時代に突入しますよ!


↓↓↓【無料】仮想通貨入門講座はこちら↓↓↓