中国でも2013年に大ブームを巻き起こしたが、規制強化を機に急落し、数多くの投資家に打撃を与えた。ここにきて人気が再燃しており、当局の出方に注目が集まる。果たして歴史は繰り返すか。

出典:日経新聞

世界のビットコイン取引の7割を占めるとされるのが対人民元の取引だ。

出典:日経新聞

1度目のブームは「投機」だったが、今回の2度目は「逃避」といえよう。

出典:日経新聞

今年1月、人民銀は「デジタル通貨の発行を早急に検討する」と発表。

出典:日経新聞

政府によるデジタル通貨の運営はすでにエクアドルで例があるが、経済規模がケタ違いに大きい中国での導入となると、話が違ってくるのも事実。官製デジタル通貨とビットコインの攻防の行方は予断を許さず、ひょっとするとまた大どんでん返しがあるかもしれない。

出典:日経新聞

今さら聞けない仮想通貨の初歩の初歩を【無料】で学べるチャンスです!

下の画像をクリックしてお気軽にご登録ください。

関連するまとめ

世界の公共交通機関がビットコインを受け取るように!電子マネーより良い理由とは

世界の公共交通機関はビットコイン受付を検討しています。 観光客やワールドワーカーには朗報でしょう。 現在、公…

ねもとあい / 2259 view

少し早いですが、お年玉にビットコインはいかが?子供への積立や教育に最適!

あと1ヶ月もすればお正月ですが、お正月といえば「お年玉」。 今年はそのお年玉をビットコインにしてみませんか?…

ねもとあい / 3648 view

関連するキーワード

仮想通貨マスター ケンちゃん

↑↑↑【無料】仮想通貨入門講座はこちら↑↑↑

こんにちは ケンちゃんです。
日々、仮想通貨のマイニングや取引をしながら
ワクワクしながら、仮想通貨のインサイダー情報を
探すことが最近の日課になっています。

まだまだ仮想通貨って何っていう人は多いですが、
これから金融激変の時代に突入しますよ!


↓↓↓【無料】仮想通貨入門講座はこちら↓↓↓