大富豪が巨万の富を握り、重労働と年貢にあえぐ苦しい庶民

驚愕の異様な世界に突入している現実を受け止められますか?

大富豪ランキングから得られる62人の大富豪たちからわかる、
たった62人で「全世界の半分の富を持つ」という異常な世界。
これが危険を警告しているといいます。

年収は確実に上がり続けていますか?
日本の税負担がいたるところにあり
実際に手取りが減っていませんか?

何年先まで今の生活を維持できるでしょうか。

世界の半分の富を62人だけで持つ警告

もし、日本国民の半数が持っている資産と同じ額を、たったひとりが独占しているとしたら—多くの人は「いくら何でも、それはおかしい」と思うだろう。
「世界のトップ62人の大富豪が、全人類の下位半分、すなわち36億人と同額の資産を持っている」

国際貧困支援NGO「オックスファム」から報告された。
衝撃の数字に各国が危機を感じている。

例:さらにトップ62人大富豪を想像

大ざっぱに言えば、1台の大型バスに収まる程度の金持ちが、世界の人口の半数を養える額、約180兆円を持っているということ。気の遠くなるような話だ。

このバスにのれる日本人は、ファーストリテイリング・柳井正社長
資産総額約2兆3000億円で第41位

「この10年、世界中で金持ちと庶民の格差が広がり続けています。特に米国は経営者の年俸がうなぎ上りで、以前は100万ドル(約1億1500万円)もらっていた人物が、今は1000万ドルもらっているというケースも珍しくありません。

お金はあるところに集まるものを象徴していますね。
富は富を育て生むものです。

世界には1日100円足らずの生活費で暮らす極貧層が約12億人、
200円以下で暮らす人がおよそ30億人いる。
’10年に来日して東京大学で授業を行った際、サンデル氏は学生に「イチロー選手の年俸はオバマ大統領の年俸の42倍(当時)だが、これは妥当か否か」という問いを出し、大激論となった。
人は必ずしも世の中への貢献に見合った報酬がもらえるわけではないし、生まれた瞬間に莫大な資産を相続する者もいる。

どんなに頑張っていても自分の評価相当を手にできるとは限りません。
心当たりはありませんか?自分の評価をお金に変えたときに、
今は正当な報酬を手にできているでしょうか。

自己診断ではありますが、満足できる人はどのくらいいるのでしょうか。

関連するまとめ

仮想通貨ビットコインの半減期が来る|有識者マイナス要因無し既に織り込み済

仮想通貨ビットコインが誕生してから、数日で2度目の半減期が迫っています。今さらですが、半減期後のビットコイン…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3334 view

仮想通貨で260億円の利益「謎のトレーダー」出現|初心者用アルトコイン投資術

1か月ほどで約62億を323億円にしている謎の仮想通貨トレーダーの存在がウォレットのIDで明らかに。最近では…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 11799 view

ビットコインに消費税はかかる? 税と仮想通貨「政府課税方針?」国内取引所にも確認

ビットコイン仮想通貨について、消費税はかかるの(課税)?今後の政府の方針は?今現在取引所ではどうなの?全ての…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5167 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽