3月31日、みずほフィナンシャルグループは以下のふたつを発表しました。
・FinTechに対する取組みをまとめた
「MIZUHO FinTech 特設サイト」を公開。
・ロボアドバイザーサービスに
ゴールアプローチ分析等の追加新機能。

どんな内容なのか身近で必要な部分を抜粋してご紹介します。
みずほが起こす次の一手は早いですね。

FinTechに関する特設サイトを開設

このサイトでは、みずほFG佐藤社長によるメッセージのほか、
Pepperを活用した店舗サービスなどの同グループにおけるFinTechに対する取組みなどがまとめられています。

一部紹介 FinTechと<みずほ> ~オープンイノベーション~

『これからの金融サービスは、金融機関のなかに閉じた発想ではいけない。
外部の企業の方々のお知恵、斬新な発想、新技術等を教えていただき、一方で、金融機関側も一緒になって汗をかき、革新的なサービスをお客さまのために創出、ご提供したい。
「競争」ではなく、「協業」』、このような熱い想いを多くの方々と共有しました。

以前フィンテック記事でもお届けしていますが、
銀行が生き残るためには、
フィンテックを取り入れること。
今迄は競争相手が同じ金融業界の中でした。
フィンテックでは、銀行という専門分野が
他分野でのエキスパート企業や個人と
共存共栄することが重要になります。

競争いわゆる「敵」になっては
生き残ることは難しいかもしれません。

現在、仮想通貨の法案とともに、
銀行法の改正も議論されています。
改正による規制緩和が成立することで、
金融機関もFinTechに参入できる枠が増えます。

「変革期」が到来しているとも発言されています。

銀行として世界初の試み~Pepperの導入

Pepperを活用した、新しい店舗サービスの創造

2015年7月、<みずほ>の一員としてPepperを迎えました。Pepperの導入は銀行として世界初の試みです。

Pepperに会える支店は(2016年1月現在)

吉祥寺支店、石神井支店、神戸支店、札幌支店、阿倍野橋支店、調布支店、横浜駅前支店、玉川支店、銀座中央支店、東京中央支店でお迎えします。
Pepperでは、金融小噺やおみくじ、保険診断などを通してお客さまをおもてなししていますが、まだまだ配属されたばかりの新入行員です。
今後、もっとお客さまのお役に立てるよう、たくさん勉強して、できることを一つずつ増やしていきます。
また、ハイブリッドチャネルとしての可能性について、引き続きチャレンジしていきます。

大人もこども楽しめるゲームの紹介もしているそうですよ。
お子様を連れての待ち時間も解消されるでしょうね。

FinTech対談 オープンイノベーションについて

お客さまにとって、真に価値のあるサービスを創出、
提供していきたいと考えていると伝え、
NTTD残間氏からは
合言葉は、”さあ、ともに世界を変えましょう”と言われています。

ロボアドバイザーサービスにゴールアプローチ分析等の新機能を追加

みずほ銀行は3月31日、昨年10月から提供しているロボアドバイザーサービス「SMART FOLIO」において、個人インターネットバンキングサービス「みずほダイレクト」の利用顧客を対象として、ゴールアプローチ分析機能等の新機能を提供すると発表しました。
「SMART FOLIO」サービスは、インターネット上で、顧客のリスク許容度等に応じた投資信託のポートフォリオ提案を行う無料のロボアドバイザーサービス。

関連するまとめ

GMOが仮想通貨ビットコインマイニング事業でICO検討|次世代マイニングボード販売ト…

インターネット事業の大手が投資総額100億をかける。GMOが仮想通貨ビットコインマイニング事業で、来年度を目…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 11513 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


2018年3月3日 場所:札幌でセミナーで登壇したします。
ご都合があいましたら、ぜひご参加ください。初心者さんの中の初心者さんむきです。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/03/03_3/index.html