NECは、先進のICTを活用して2016年4月1日
「FinTech事業開発室」を新設する発表をしました。

新たな金融サービスを創出するFinTech関連事業を
海外拠点で金融サービス事業を担うメンバーとも連携する予定。

NECといえば昨年3月に三井住友銀行ほかと、
スマートフォンや画像認識技術を活用した
新サービスの開発に向けてタッグを組んでいました。
すでに銀行業務のサービスにもタッチしていることから、
FinTech市場に刺激を落としてくれるかもしれませんね。

NEC発表

NECは2016年3月29日、FinTech推進組織として「FinTech事業開発室」を同年4月1日付で新設すると発表した。
R&D(研究・開発)、営業、マーケティングなどを手掛ける約20人を集結させ、FinTech関連サービスの開発に取り組む。
北米やシンガポール、インド、欧州などの拠点と連携しながらグローバルな事業展開を目指す。

「FinTech事業開発室」は何をするの?

全社注力事業の牽引やビジネスモデル変革の推進などを担う「ビジネスイノベーション統括ユニット」内に設立されます。

NECリリース内容から用語を砕いてご案内します

関連するまとめ

みずほ「仮想通貨やAIを活用」6月メド新会社へ|伊藤忠ほかと株式公開を目指す

みずほが更に新設か、将来は株式公開会社へ向けての新事業を発表!筆頭株主をWiLとし、みずほが15%以内、そし…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 12047 view

量子コンピュータ開発加速「仮想通貨の消滅日」がくるのか|なぜ量子コンピュータは驚異か…

量子コンピュータが着々と商品化に向けて開発が加速しています。そう遠くない未来には、量子コンピュータがビットコ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 9175 view

ビットコイン(Bitcoin)は「ノアの箱舟?」誰でも乗れる資産防衛の舟を考える

Business Journalの連載記事がビットコインを取り上げています。日本の債務がGDPの4倍で財政破…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2824 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽