NECは、先進のICTを活用して2016年4月1日
「FinTech事業開発室」を新設する発表をしました。

新たな金融サービスを創出するFinTech関連事業を
海外拠点で金融サービス事業を担うメンバーとも連携する予定。

NECといえば昨年3月に三井住友銀行ほかと、
スマートフォンや画像認識技術を活用した
新サービスの開発に向けてタッグを組んでいました。
すでに銀行業務のサービスにもタッチしていることから、
FinTech市場に刺激を落としてくれるかもしれませんね。

NEC発表

NECは2016年3月29日、FinTech推進組織として「FinTech事業開発室」を同年4月1日付で新設すると発表した。
R&D(研究・開発)、営業、マーケティングなどを手掛ける約20人を集結させ、FinTech関連サービスの開発に取り組む。
北米やシンガポール、インド、欧州などの拠点と連携しながらグローバルな事業展開を目指す。

「FinTech事業開発室」は何をするの?

全社注力事業の牽引やビジネスモデル変革の推進などを担う「ビジネスイノベーション統括ユニット」内に設立されます。

NECリリース内容から用語を砕いてご案内します

NEC事業開発室では

・FinTech事業戦略の計画を考えて決めること。
・自社だけではなく、企業内部と外部のアイデアを組み合わせることで、
 革新的で新しい価値を創り出すFinTechサービスの開発。
・金融業、流通業、通信業や政府/自治体などとの協業による
 新規サービスの創出を進める。

グローバル拠点と連携による
・最新技術やマーケット動向の迅速な把握。
・パートナーとの協業。
・お客さまと新ビジネスの実証。

昨今、様々な産業のデジタル化や消費者ニーズの多様化により、金融機能のデジタルイノベーションの推進が一層期待されています。
これを背景に、NECは社会課題の解決をめざした新たな金融サービス創造の推進体制を強化します。

社会課題の解決をめざし以下を強化し進めていくと記されています。

〇ファイナンシャル・インクルージョン(Financial Inclusion)
〇地域経済の活性化
〇金融関連業務の生産性向上
〇サイバーセキュリティといった課題の解決を目指した
 FinTechサービスの事業開発・提供

ファイナンシャル・インクルージョン(Financial Inclusion)とは
「金融包摂」とも言われています。
貧困によって金融へのアクセスの無い人に
金融へのアクセスを提供することです。
FinTechで貧困を救える!でもご紹介しておりますが
銀行口座をもてない層がたくさんいることを認識しなければ
疑問となってしまいますね。

NECは、「FinTech事業開発室」として
世界のあらゆる人々が必要な金融サービスを
利用できるようにする取り組みを強化してくと
伝えているのですね。

NECがもつ技術

NECがもつ以下の技術をFinTech関連技術の外部アイデアと
組み合わせることで、革新的で新しい価値を創り出すサービスを開発

〇AI(機械学習・画像処理・自然言語処理ほか)
〇セキュリティ、生体認証などの分野における世界トップレベルの技術
〇流通業・金融業等の基幹系システムで培った開発技術

関連するまとめ

仮想通貨ビットコイン「貨幣の機能」財産的価値|法案の誤解と税

【財産的価値】仮想通貨法案の報道誤解が記されていました。弁護士が伝える誤った解釈とは? 非課税か課税かも含め…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1887 view

仮想通貨ビットコインから動く法律規制 「通貨ではない」が一転

昨年12月の報道では、日本の金融庁から今年提出予定の報告がありました。ビットコインなど仮想通貨を扱う取引所関…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1059 view

新仮想通貨「Zcash」とは?ポストビットコインを狙うZキャッシュが出資者募集

最近新しい仮想通貨が登場しますね。ビットコインの座を狙うと言われる「Zcash」(Zキャッシュ)はなぜ注目さ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3157 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽