83%が口をそろえて言う「FinTechは脅威」

世界46カ国の大手金融機関でCEO、CIO、トップ・マネージャーなどを務める544人中、
83%が「FinTech(フィンテック)の脅威を懸念している」ことが、プライス・ウォーターハウス&カンパニー(PwC)の調査から判明した。
75%がFinTechを「顧客サービスの向上に欠かせないツール」と見なしている一方で、
大半がスタートアップとの提携関係やブロックチェーンの採用に戸惑いを示すなど、大手金融機関とFinTechの相異なる関係が浮き彫りになっている。

金融関係は以前よりその時代に応じてITを取り入れてきました。
ブロックチェーンは必要な技術であり考慮しなければならないと、
70%の金融機関が事業へ良い影響を与える開発だと言います。

しかし、事業への重要性を認めているにも関わらず、
57%が採用には難色を示しているという結果もあり、
業界が混乱している様子もうかがえますね。

脅威の理由

回答者はFinTechの発展により、「2020年までに少なくとも20%の金融機関が深刻なリスクにさらされる」という見解を示している。

最も猛威をふるうと予測されている分野
・消費者銀行80%
・決済58%
・投資およびウェルスマネージメント38%

FinTechへの懸念を表示
ウェルスマネージャーの54%
保険業者の74%

懸念の的となっている「利益率(67%)」に次いで、「市場シェア(59%)」をFinTech企業に奪われるという不安感が強いようだ。
割合については、決済分野のシェアは最高28%、銀行分野のシェアは最高24%など、2割以上3割未満と見積もる回答者が多かった。

それでも銀行は死なない

FinTechの本質は、金融ビジネスそのものの変質。そう考えています。
銀行は昔から業務効率化やサービス向上のために、ICT(情報通信技術)を積極活用してきました。

関連するまとめ

TOKYO 2020・仮想通貨シティ

2020年・東京オリンピック。 もう4年後の話ですが、その頃のTOKYOは、そして日本はどのように変わってい…

FREE BIRDS / 2920 view

反響大! 仮想通貨ビットコインだけで世界を旅した男|人が認めればお金

ビットコイナーであるフェリックス・ウェイスという男性の記事が反響を呼んでいるといいます。彼は2012年にビッ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3172 view

損保ジャパンも天候デリバティブに活用|仮想通貨技術ブロックチェーンで最低5メリット

損保ジャパン日本興亜ホールディングスが、仮想通貨ビットコインの中核技術とまでいわれる「ブロックチェーン」を活…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3932 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽