83%が口をそろえて言う「FinTechは脅威」

世界46カ国の大手金融機関でCEO、CIO、トップ・マネージャーなどを務める544人中、
83%が「FinTech(フィンテック)の脅威を懸念している」ことが、プライス・ウォーターハウス&カンパニー(PwC)の調査から判明した。
75%がFinTechを「顧客サービスの向上に欠かせないツール」と見なしている一方で、
大半がスタートアップとの提携関係やブロックチェーンの採用に戸惑いを示すなど、大手金融機関とFinTechの相異なる関係が浮き彫りになっている。

金融関係は以前よりその時代に応じてITを取り入れてきました。
ブロックチェーンは必要な技術であり考慮しなければならないと、
70%の金融機関が事業へ良い影響を与える開発だと言います。

しかし、事業への重要性を認めているにも関わらず、
57%が採用には難色を示しているという結果もあり、
業界が混乱している様子もうかがえますね。

脅威の理由

回答者はFinTechの発展により、「2020年までに少なくとも20%の金融機関が深刻なリスクにさらされる」という見解を示している。

最も猛威をふるうと予測されている分野
・消費者銀行80%
・決済58%
・投資およびウェルスマネージメント38%

FinTechへの懸念を表示
ウェルスマネージャーの54%
保険業者の74%

懸念の的となっている「利益率(67%)」に次いで、「市場シェア(59%)」をFinTech企業に奪われるという不安感が強いようだ。
割合については、決済分野のシェアは最高28%、銀行分野のシェアは最高24%など、2割以上3割未満と見積もる回答者が多かった。

それでも銀行は死なない

FinTechの本質は、金融ビジネスそのものの変質。そう考えています。
銀行は昔から業務効率化やサービス向上のために、ICT(情報通信技術)を積極活用してきました。
ただし、ビジネスの対象は銀行にもともとあったものが大前提でした。ライバルもあくまで同業だったのです。

以前は「同業者」がライバルでしたが、
相手が他業種にかわったため競争環境も
間違いなく変わっていると続けています。

銀行の基本はゆるがない

ただし私は、銀行がFinTech企業に全て取って代わられる世界が来るとは思っていません。
金融の根本にあるのは「信頼」「信用」「安心」「安全」です。
既存の金融機関が果たすべき基本的な役割は、今後も変わらないはずです。

パイを奪い合わない共存が鍵

一方で、FinTech企業が新しい技術やアイデアをたくさん持っていることは確かです。それを無視しては生き残ってはいけません。

関連するまとめ

仮想通貨を含め“FinTech(フィンテック)”の認知度たった4%|変化に遅れる日本…

時代が変化しているのに残念なのは、FinTechの認知率がたった4%だといいます。知っていますか?“FinT…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 12823 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


2018年3月3日 場所:札幌でセミナーで登壇したします。
ご都合があいましたら、ぜひご参加ください。初心者さんの中の初心者さんむきです。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/03/03_3/index.html