日本の財政危機は日本国民の不安です。
銀行が危機を脱出るするための動きは
より歴史に刻まれた「預金封鎖」を
回避してほしいと願う思いです。

NHKが報道した本当の理由が、実は

「1997年に預金封鎖を検討していた大蔵省」

に繋がると、ささやかれています。
戦後「預金封鎖」を決行された51年後
1997年の計画はまたやってくるのか。
発言されている内容をまとめました。

1100兆円の赤字国家

日本の財政が危ないという話は以前から指摘されていますが、一方で大した問題ではないとの意見もあります。
財務省など政府の財政当局は、基本的に日本の財政は危険水準にあるとの立場です。

なぜ、方々から見解が分かれています。
手放せないものが資産としてマイナス計上されているからなど
財務表をどこまで分析しどこまで算出して考えるかにもよります。

反対に、「数字なんて嘘だ。それ以上にマイナスでもっと危険だ」
と指摘されているところもあります。

政府機関の民営化や市場売却は、小泉政権の構造改革において検討されましたが、国民からの激しい反発で頓挫したという経緯があります。年金の減額と同様、現在の政治情勢において実現はかなり困難と考えた方が自然です。
つまり現在の日本でも預金封鎖、あるいは激しいインフレが起こりうる環境にあるということです。
そのことを政府や財務省も認識しているのか、ここ数十年預金や資産に課税するための準備とも取れるような政策が色々と施行されています。
『文藝春秋』2002 年 12 月号によると、1997 年に当時の大蔵省内部で預金封鎖の検討が行われた旨の記事が掲載された。
また、政府税制調査会は過去何度も納税者番号制度を提唱してきたが、所得に対してではなく金融資産の把握を目的とした内容になっていた。

設置や変更する業者が不審だと気が付き、
検討した預金封鎖はなくなったとも伝えられています。

過去の真相が闇の中にいますが、
数少ない記事に記載されています。

古い時代、佐藤内閣が 1968 年に「各省庁統一個人コード連絡研究会議」を設置し、国民総背番号制の導入を目指したが失敗挫折しました。その後も何度も法案が国会を通過しても内閣がつぶれたりしてまだ一度も実現していません。

 ▽▽▽ 現在実施されましたコード化

まず預金封鎖をするためには国民の資産を正確に把握しなければいけません。
もし把握していなければ、預金封鎖対策が行われる可能性があるからです。
その1つが2015年秋に始まる「マイナンバー制度」であると考えています。
さらに多額の貴金属売却を把握するための「金地金等の譲渡の対価の支払調書制度」や
海外からの送受金を把握するための「国外送金等調書制度」、
海外に保有する資産を把握するための「国外財産調書制度」も作られました。

預金に限らず、財産は管理されることができるといわれています。
例えば、不動産、年金、個人の資産等。株や保険等もどうでしょうか。

マイナンバーについては、以前より反対の意見がありました。
過去2度目の預金封鎖を実行しようと計画したのが
事実なのかどうか正直どれも正しい情報はわかりません。

報道も、そして国からの発表も、すべて人が発信しているからです。
どのような報道であっても、どこかに真実があります。
見極めるのも自己判断できる自分であり、
守ることができるのも自分自身です。

今さら聞けない仮想通貨の初歩の初歩を【無料】で学べるチャンスです! 手遅れにならないように「最新情報もお届けします」▽より、どうぞ

預金封鎖の関連記事はこちらからご覧いただけます

関連するまとめ

ベネズエラ「仮想通貨で経済破綻から脱却を」|仮想通貨政策でハイパーインフレは解決する…

ベネズエラのマドゥロ大統領が仮想通貨「ペトロ」で経済低迷からの脱却を図ることを宣言しました。ベネズエラはアメ…

鈴木まゆ子 / 1698 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽