本日、Ethereum(イーサリアム)のブロックチェーンのブロック高が1,150,000に到達し、フロンティアの次期バージョン「ホームステッド」に安定移行した。現在ネットワークは正常に稼働しており、ハードフォークは成功したものと思われる。これに伴い、前バージョンでは「安全」(safeに打ち消し線)とされていたものが取り除かれ、Ethereumは名目上、安全な分散型「ワールド・コンピューター」となる。

Ethereumは近年、R3Cevの世界的な金融機関11行による実証実験のプラットフォームとしての利用や、マイクロソフト、RedHatによるクラウド・ブロックチェーン環境SDKとしての活用などさまざまな金融機関、企業にも注目されている。とりわけP2Pによる分散型のプログラム実行環境をブロックチェーンのネットワーク上に構築することから、自律的かつ自動執行される契約「スマートコントラクト」を実現できると期待されている。

ホームステッドへの移行によって、より安全なネットワークとなったEthereumは今後その勢いをより増すことになるであろうことは明白だ。

Ethereumの移行に際しては、主に「EIP-2」「EIP-7」「EIP-8」と3つの提案が実装された。EIPとはEthereum Improvement Proposalの略称で、BIPのEthereum版だと捉えられる。スマートコントラクトのためのインフラストラクチャを開発する独Slock.itのステファン・トゥアル氏によれば、本アップグレードで最も注目すべきは開発版のネットワークにおける不安定性からくる「Ethereumの開発者による任意のロールバック」機能が除外されている点だ。これにより、Ethereumはビットコインと同様に完全に自律的なネットワークとなる。またこれに伴いEtheruemのウォレットクライアント「Mist 0.5.2beta」も公開された。

Ethereumの最新バージョン「Homestead」がリリースされる

Ethereumの最新バージョン「Homestead」がリリースされる

関連するまとめ

仮想通貨イーサリアム・クラシック(Ethereum Classic)誕生|8位にラン…

The DAO事件により、ハッカーに盗まれた事件は推定50億円相当の資産といわれていましたが、救済する対応が…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4510 view

仮想通貨2位のイーサリアムがビットコインを抜く恐れ|時価総額で追う“中国”も背中を押…

現在仮想通貨(暗号通貨)市場のトップに君臨するビットコイン。その座を狙う二番手のイーサリアム(Ethereu…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 12346 view

イーサリアム高騰中!60倍まで上昇してますよー!

ビットコインの再来か!今、イーサリアムが熱いです!

仮想通貨マスター ケンちゃん / 2816 view

暗号通貨マイナー相羽

↑↑↑上のリンクをご覧下さい↑↑↑

世界的にも珍しい、日本では超希少な暗号通貨マイニング(発掘)
をしている マイナーIVY 相羽洋平です。

仮想なのか、暗号なのか、空想?妄想?

ここでしっかり学べば必ずあなたの強力な武器になりますよ。

I ♡ マイニング 相羽洋平(あいばようへい)

【視聴無料】↓↓あなたの資産を10倍にする!仮想通貨オンラインセミナーのご案内↓↓