預金封鎖とビットコインの普及、どっちが早い?
日本には関係ないと思うでしょうか?

日本には関係ないと思うでしょうか?

・戦後実行した預金封鎖の悪夢
・日本がむかう21世紀の預金封鎖
・預金封鎖から逃れるために

あのNHKまでが取り上げた「預金封鎖」の準備は、
もう始まっている衝撃の報道です。

預金封鎖は鼓動を鳴らし始めた~私も家族も守れますか? 

マイナス金利「預金封鎖」に備えよ!この財政再建には悪夢の「秘史」があった

専門家からマイナス金利は「危機」であると伝えられています。
証拠に、株安と円高を阻止できず低迷している現状があります。

マイナンバーが発動…預金封鎖と貯蓄税のサイは投げられた

2.3年後を予定に、マイナンバーと預金は強制的に繋がります。
預金封鎖の目的は、個人貯蓄に課せられる貯蓄税だと伝えられています。

恐ろしいことに、日本の中枢・財務省内においてすでに預金封鎖について議論が行われている

日本経済はすでに封鎖|恐ろしい額の赤字

国民一人あたり811万円に達し、国内総生産(GDP)に占める割合は231.9%にまで膨らんだ
対GDP比はすでに、「預金封鎖」が施行される前(1944年度末)の204%をはるかに超えているのだ

1944年預金封鎖前のGDP率「204%」VS 2014年のGDP率「231%」
すでに超えている数字を、危機と思わずにいられるでしょうか。

こうした事態を見越して、外国人投資家たちは「日本売り」を仕掛け始めている

日本の株式市場では、7割の取引が外国人投資家です。
マイナス金利で失敗と言われる市場をみて、離れはじめています。

「預金封鎖」実施の再来か~迷い込んだ日本

そして、国民が肩代わりをするために、
私たちの個人預金は攻撃をうけると言います。

戦後日本で預金封鎖が断行されたのは1946年2月16日。それから70年後の2016年のまったく同日、マイナス金利が幕を開けたのは偶然ではない。
この現代において預金封鎖などという悪夢が復活するとはにわかに信じがたいかもしれないが、これは絵空事ではない

財政問題について話し合う会には、

麻生太郎財務相も出席した分科会での議論が下地。

『戦後の我が国財政の変遷と今後の課題』という資料が用意された。

1946年2月に突然、実施「預金封鎖」の悪夢

関連するまとめ

【追加記事更新】国内初! 公共料金は仮想通貨で決済|ビットコイン支払導入の速報

日本初の導入が話題になりそうです。NHK NEWS WEBの報道により、東京の電力小売り会社が電気料金の支払…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4100 view

breadwallet(ブレッド・ウォレット)アプリ高評価の安全性|注目のビットコイ…

ビットコインお財布breadwallet(ブレッド・ウォレット)アプリが注目されています。安全性が高いと評判…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2999 view

みずほFG、 日本マイクロソフトなどブロックチェーン実験革命か?シンジケートローン協…

日本企業4社が協働。みずほFG、日本MS、ISID、カレンシーポートがダブルブロックチェーン適用で実証実験を…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 949 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽