ビットコインは、SuicaやPASMOと同じ電子マネーじゃないの?

A.違います。(誤解を招かないようにするために、違うと言っています)


唐突ですが、ビットコインなどの仮想通貨とSuicaなどの電子マネーとは、区別して理解したほうがいいです。

デジタルという部分だけで言うと同じだと思います。
日本では、どちらも「貨幣」と認めていますし、ビットコインも電子マネーといえなくもないです。

しかし、仕組みが違います。仕組みが違うので使い方も違います。

ビットコインとSuicaの違い

利用者からみると、どちらも電子的に処理されて、ネットや、カードでピッと言う感じで似ていると思われます。

違いはたくさん有りすぎて、なかなか一言では言い表せないのですが2つの観点から述べたいと思います。
ひとつは、担保と、それから決済の仕組みです。

ビットコインの仮想通貨とは

 ビットコイン型の仮想通貨は、特定の国の通貨の”派生通貨”ではなく、如何なる国の通貨からも独立しています。
ビットコインは、交換所などを通じて、手に入れることができます。


取引所は、ビットコインを持っている別のひとから、あなたがそのビットコインを時価で買うことを仲介しているに過ぎません。ようするに株式市場みたいものです。

売買の仲介です。(手数料は取られます)。そして、ビットコインは時価で取引されており、交換比率が定まっているわけではありません。この意味では通常の通貨に近いといえます。
ビットコインの受け取りは簡単

また、ビットコインは誰でも受け取ろうと思えば受け取ることができます。受け取りのためにビットコインを保管するアプリが必要(android端末などにインストールする)ですが、それだけです。

ビットコインの場合、現金と同じように、それ自体が流通しているのです。ビットコインをうけとった人は、それを別の支払に利用することができますし、そのまま貯めておいても構いません。
 ビットコインは国境がありません。ビットコインは、世界の誰でも、ビットコインを貯める財布のアプリがあれば取り扱いできます。

そしてそのアプリは、誰か特定の企業のものを使う必要はなく、ブラウザや、twitterクライアントのように、なんでも好きなものが使えます。

ビットコインそのものと、その財布やビットコインをつかったサービスなどばレイヤーが別で、切り離されているのです。

ビットコインはオープンな仕組みです。プロトコルに準拠するなら、アプリも自由にいろいろなものを開発することができるのです。

Suicaの電子マネーとは

ポイント制は、その国の通貨、即ち、日本であるならば日本円と不可分に結びついており、いわば、円の”派生通貨”です。

このため、相場が固定されており、その信用は、最終的には国によって支えられています。

ポイント制とは、ここでは、SuicaやPASMOなどの電子マネーを指します。

①発行
電子マネーは、マネーといっていますが、実態は、財布です。現金ではなく、電子マネー発行企業の財布にお金を預けておいて、それをいろんなところで振り出しできる、そういうものだという理解がわかりやすいでしょう。

suicaの例でお話します。
suicaというのはJRが管理するお財布という感じです。

皆さんは、駅でsuicaにお金をチャージします。
すると、そのお金は、JRが預かります。その預りの証として、同じ額だけの電子マネーをチャージします。

現実の日本円1円=suica上の1円というように等価でチャージしますね。
②支払
皆さんが、コンビニで、suicaで支払をしたとします。
この場合は、コンビニがあとでまとめて、JRに請求します。お客さんがつかったsuicaの額を通知して、JRからその分の日本円を支払ってもらいます。

JRは、みなさんから事前に預かった(チャージした)suica預金みたいなものから、この支払をします。
 suicaを利用するのは簡単ですが、受け取るには高いハードルが必要です。まず、suicaの加盟店に登録する審査をうけて、カードリーダーや専用の決済システムを導入して・・・となります。

また、受け取ったsuicaは、別の支払に使うことは禁じられています。suicaはJRに請求して日本円に精算してもらわないといけません。

まとめ。

ビットコインとSuicaは、仕組みが違うので混合して使えません。
区別して理解しておく必要があります。


ビットコインなどの仮想通貨とSuicaなどの電子マネーの、1番の大きな違いは、

【自分が持っているお金を直接他の誰かに送金する(使う・渡す)ことができるか、できないか】

ではないでしょうか。


ほかにも、違いはいろいろありますが、このポイントを押さえておくと仮想通貨がわかりやすいと思います。

下記ページから無料で仮想通貨が学べます!

関連するまとめ

世界の公共交通機関がビットコインを受け取るように!電子マネーより良い理由とは

世界の公共交通機関はビットコイン受付を検討しています。 観光客やワールドワーカーには朗報でしょう。 現在、公…

ねもとあい / 453 view

手に取るビットコイン「悟コイン(さとりコイン)」

ビットコインを手に持てるようにリアル化した話です。 リアルコインの中に、仮想コインが入っている不思議なイメ…

松本のぶよし / 1220 view

【ビットコイン価格急騰】ビットコインをShareWisで学び始めるなら今!

目まぐるしい普及をみせる仮想通貨業界に、多くの企業が参入しはじめましたね! 動画とクイズで気軽に学習できるア…

Rie Yamauchi / 584 view

関連するキーワード

松本のぶよし

日本で、仮想通貨が貨幣と認められました。

しかし、国内では、ビットコインの利用や取引、お店での利用はほとんど見られませんが、
外国との取引に、今後仮想通貨が使われていくでしょう。


また、日本に来る外国人観光客が、手数料の安い仮想通貨の支払いを求めるようになるかもしれません。


今のうちに、学んでおきませんか?