日経新聞によれば、今回定義される「仮想通貨」とは、物やサービスの決済手段に利用できる、法定通貨と交換することができる、のふたつの性質を持ったものに限られるとのこと。裏を返せば、企業は法定通貨と交換ができる(払戻し可能な)仮想通貨を作成できるという事でしょうか??

法改正で「貨幣の機能」を持つと認定することで、決済手段や法定通貨との交換に使えると正式に位置づけるそうです。仮想通貨の取引所は登録制とし、金融庁が監督官庁になって、仮想通貨の取引や技術の発展に目を光らせることになりますね。

関連するまとめ

1件最大10億円を保障する仮想通貨ウォレットアプリが登場|仮想通貨流出被害は2017…

インターボルトが今月4日、仮想通貨ウォレットアプリを発表しました。セキュリティに注力し、1件最大10億円を保…

鈴木まゆ子 / 2665 view

関連するキーワード

りみりみ

インターネットが大好きで、長年ネットビジネスの研究をしている三人の子供のママです。
好きな言葉は「レバレッジ!」
あなたの背中を押す良質の情報を提供出来ると幸いです。