銀行業界改革幕開けは「みずほ」か? フィンテック(FinTech)活用

「メガバンクの銀行サービスがスタートアップのサービスと連携したのは日本初」とマネーツリーの代表取締役であるポール・チャップマン氏は会見で話した
「メガバンクの銀行連携日本初」

「メガバンクの銀行連携日本初」

みずほが、どこまでも譲らないですね。

各業界との提携・連携・協働を連日発表しています。
アーリーアダプター道へ迷うことなく歩んでいる様子。

今回の発表内容を、ギュッとまとめます。

マネーツリーの金融インフラサービス「MT LINK」とはどんなもの?

・銀行口座
・クレジットカード
・電子マネー
・ポイントの情報

など登録すると、口座情報を自動で読み込み、取引情報をまとめて管理できる家計簿アプリ
いつどこで、お金がどう動いているか、既存のシステムと連携し活用できる新しい仕組み

一生通帳 by Moneytree(マネーツリー)で、みずほ利用が便利になる?

みずほ銀行、マネーツリーとFinTechで連携--アプリから無期限で通帳履歴を閲覧可能に

「みずほダイレクトアプリ」の新機能として、「一生通帳 by Moneytree」がリリースされる予定です。

みずほ銀の複数口座の残高を合算して表示できるようにもする。

リリース提携に至った経緯と「みずほ」の第一歩

従来は過去3カ月分しか閲覧できなかったため、顧客から「長期間の入出金を確認したい」との要望があった

過去を見たい確認したいということは、忙しい日々で頻繁に感じていたところですね。
完全な生涯家計簿補助になりうるかもしれません。

ウェブやスマホのブラウザからダイレクトバンキングを利用している人は多いが、スマホの「みずほダイレクトアプリ」の利用者数は数十万に留まるという

みずほ銀行の個人口座を持つ人2400万人の、およそ半数はダイレクトバンキングサービスに登録しているそうです。
しかし、みずほ銀行が提供する「みずほダイレクトアプリ」の利用者は、数十万に留まっている現状があるとのこと。

みずほ銀行にはイノベーティブな発想や新しいテクノロジーが足りていない部分があると認めた上で、ユーザーが望む利便性を提供するため、マネーツリーのデータアグリゲーション技術との提携に至ったと説明する

「みずほダイレクトアプリ」に追加された画面イメージ

なお、みずほダイレクトアプリで一生通帳の機能を利用するには、マネーツリーへの登録手続きが必要だ。名前や住所などの個人情報なしに、メールアドレスとパスワードだけで登録できる。すでにマネーツリーアプリを使用している人は、みずほダイレクトアプリでも新規に登録することなく機能を利用できる

関連するまとめ

仮想通貨アルトコイン(新興)も成長中|あなたのコインは大丈夫?見分け方

ビットコインも急上昇すると予測される半減期を待っている間にアルトコインの整理もしている様子。でも、あなたのコ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1361 view

中国の銀行不良債権急増|金利規制はビットコイン取引を押し上げるか

中国政府が銀行の金利規制を復活させました。中国といえば、ビットコインの採掘(マイニング)率の高さでも知られて…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1116 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽